メインメニューを開く

若林 晃弘(わかばやし あきひろ、1993年8月26日[2] - )は、東京都中野区出身のプロ野球選手(内野手)。右投両打。読売ジャイアンツ所属。父は元横浜大洋ホエールズ選手の若林憲一[3]

若林 晃弘
読売ジャイアンツ #60
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都中野区
生年月日 (1993-08-26) 1993年8月26日(25歳)
身長
体重
180 cm
77 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 内野手
プロ入り 2017年 ドラフト6位
初出場 2018年5月12日
年俸 880万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

幼少時より父がボール遊びや野球の練習の相手を務めた[3]中野区立桃園第三小学校では世田谷タイガースでプレー。中野区立第九中学校では目黒西シニアでプレーした[2]

桐蔭学園高校では1年夏からベンチ入り、ピッチャーとして夏の予選でも登板した。1年秋から外野手でレギュラーとなり、2年秋からはショートでレギュラー。3年夏は茂木栄五郎とクリーンアップを組み、4回戦で茅ヶ崎西浜高校古村徹、5回戦で川崎工科高校青柳晃洋、準々決勝で武相高校井口和朋とプロ注目投手相手に勝利。準決勝では桐光学園高校松井裕樹と対戦し、4-5で敗れた[4]。2学年後輩には齊藤大将がいる。

法政大学では1年春からリーグ戦に出場し、3年秋にセカンドのレギュラーに定着。4年春にはリーグ2位の打率.390を記録し、秋には打率.279、3本塁打でセカンドのベストナインに輝いた。大学通算59試合に出場し、打率.267(176打数47安打)、4本塁打、20打点、10盗塁[5]。1学年先輩に石田健大がいる。大学4年生時のドラフト会議の際には、父から「おまえは無理だ」と言われたという[3]

JX-ENEOSに入社後、1年目からレギュラーとして出場。第42回社会人野球日本選手権大会では9番セカンドで出場するも、初戦のNTT西日本戦で4打数0安打と抑えられチームも敗退した[6]。2年目は第88回都市対抗野球大会三菱日立パワーシステムズの補強選手として出場。準々決勝のNTT西日本戦では満塁本塁打を放った。秋には第28回BFAアジア選手権社会人日本代表に選ばれる[3]

同年のドラフト会議読売ジャイアンツにから6巡目で指名され、入団合意した[7]。背番号は60

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2018 巨人 17 19 18 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .056 .105 .056 .161
NPB:1年 17 19 18 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 6 0 .056 .105 .056 .161
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



二塁 遊撃 外野




































2018 巨人 1 0 1 0 1 1.000 3 1 5 1 1 .857 2 0 0 0 0 .---
通算 1 0 1 0 1 1.000 3 1 5 1 1 .857 2 0 0 0 0 .---
  • 2018年度シーズン終了時

記録編集

初記録

背番号編集

  • 60(2018年 - )

登場曲編集

  • 「BABY DON'T CRY」CHEHON(2018年)
  • 「その日は必ず来る」DREAMS COME TRUE(2018年-)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集