メインメニューを開く

地理編集

相模原市緑区西部、相模湖地区の中部に位置する。北で小原千木良、南東で寸沢嵐、西で与瀬吉野日連と隣り合う。西では相模湖に面し、北では相模川が東流する。

  • 山:嵐山
  • 湖沼:相模湖
  • 河川:相模川

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行より、津久井郡若柳村が寸沢嵐村と合併して内郷村が成立。旧若柳村域は大字若柳として成立。
  • 1955年(昭和30年)1月1日 - 内郷村が小原町千木良村与瀬町と合併して相模湖町が成立し、大字若柳は相模湖町の大字となる。
  • 2006年(平成18年)3月20日 - 相模湖町が相模原市に編入され、大字若柳は相模湖町若柳となる。
  • 2010年(平成22年)4月1日 - 相模原市が政令指定都市に移行し、相模湖町若柳は緑区の一部となり、緑区の大字となると同時に若柳となる。その際、郵便番号が229-0105から252-0175に変更される[4]

世帯数と人口編集

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
若柳 616世帯 1,332人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

番地 小学校 中学校
1~460
1583~1627
相模原市立桂北小学校 相模原市立北相中学校
その他 相模原市立内郷小学校 相模原市立内郷中学校

施設編集

関連項目編集

参考文献編集

編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 人口と世帯数”. 相模原市 (2018年1月25日). 2018年2月18日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月18日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月18日閲覧。
  4. ^ 郵便番号 252-0175 の検索結果”. 日本郵便. 2013年1月31日閲覧。
  5. ^ 小・中学校の通学区域”. 相模原市. 2018年2月18日閲覧。