若狭局

源頼家の妻妾のひとり

若狭局(わかさのつぼね、生年未詳 - 建仁3年〈1203年〉)は、鎌倉時代初期の女性鎌倉幕府御家人比企能員の娘。鎌倉幕府二代将軍源頼家の妻妾[注 1]。頼家の嫡男一幡の母。竹御所も若狭局の所生とする説がある。

生涯編集

父能員は初代将軍源頼朝乳母比企尼の甥であり、その縁故によって頼朝の嫡男・頼家の乳母父となった。頼家の妻妾となった若狭局は建久9年(1198年)、頼家が17歳の時に長子一幡を生む。

一幡が6歳になった建仁3年(1203年)8月、病となった頼家が危篤状態に陥り、その家督相続を巡り若狭局の一族比企氏と、頼家の母方の外戚北条氏との対立による比企能員の変が起こる。9月2日、能員が北条時政によって謀殺され、知らせを受けて一幡の屋敷である小御所に立て籠もった比企一族は北条義時率いる大軍に攻められ、屋敷に火を放って自害し、一族は滅亡した。『吾妻鏡』では一幡と若狭局もその時焼死したとしている一方、『愚管抄』によると一幡は母が抱いて逃げ延びたが、11月3日になって北条義時の手の者によって刺し殺されたという[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 吾妻鏡』に若狭局は愛妾、辻殿(賀茂重長娘)は室との記述が存在するが、若狭局所生の一幡は嫡子に等しい扱いを受けており、誰が正室かははっきりしていない。辻殿が室として扱われたのは頼家死後に頼家の家族をまとめる後室の立場に立ったためとする見解もある[1]

出典編集

  1. ^ 永井晋『鎌倉源氏三代記』吉川弘文館歴史文化ライブラリー〉、2010年6月21日、[要ページ番号]全国書誌番号:21794378ISBN 978-4-642-05699-1NCID BB02400521OCLC 644524312ASIN 4642056998
  2. ^ 朝日日本歴史人物事典. “若狭局” (日本語). コトバンク. 2022年1月20日閲覧。

関連作品編集

小説
テレビドラマ

関連項目編集