若生忠男

若生 忠男(わこう ただお、1936年8月22日[1]- 1998年11月9日)は、宮城県仙台市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ解説者

若生 忠男
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮城県仙台市
生年月日 (1936-08-22) 1936年8月22日
没年月日 (1998-11-09) 1998年11月9日(62歳没)[要出典]
身長
体重
180 cm
78 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1955年
初出場 1955年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

1970年シーズンの登録名は若生 忠泰(わこう ただやす)。

目次

経歴編集

東北高校時代は若生智男若生照元と共に「東北の三若生」と呼ばれたが、甲子園には届かなかった[2]1955年西鉄ライオンズへ入団し、3年目の1957年には先発陣の一角として起用され9勝を挙げる[3]同年の日本シリーズでも最終戦の第5戦に先発し、チームの2年連続日本一に貢献。背番号が見えるくらい全身を捻り、下手投げからキレの良い変化球を投げる「ロカビリー投法」で一世を風靡。1960年には初の2桁勝利となる13勝をマークし、1963年には12勝を挙げてリーグ優勝に貢献。1964年8月30日東映戦(後楽園)では先発登板するが、主審に暴言を吐いたり土を蹴散らすなどして退場処分となった[4]1966年7月15日から17日阪急戦(平和台)では3日連続で救援勝利を記録[5]。同年は3年ぶりの2桁勝利となる12勝を挙げ、防御率1.54の好成績を記録。1967年9月17日の阪急戦(西宮)ではノーヒットノーランを達成。1968年には通算100勝を挙げるが[6]、シーズン成績は4勝12敗に終わる。同年オフに読売ジャイアンツへ移籍し、1969年には3勝を挙げる。3勝中2勝は広島戦で挙げたものであり、同年の日本シリーズでも3試合に登板するが、1970年限りで現役を引退。引退後はテレビ西日本フジテレビ解説者1971年 - 1974年1979年頃 - 不明)を経て、1975年に1年間だけロッテオリオンズの一軍投手コーチを務めた。1998年11月9日逝去。享年62歳。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1955 西鉄 10 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 64 14.1 17 1 7 0 1 16 0 0 11 10 6.00 1.67
1956 20 1 0 0 0 0 2 -- -- .000 151 34.2 30 1 22 0 0 37 2 0 17 11 2.83 1.50
1957 44 19 1 0 0 9 11 -- -- .450 665 163.1 118 0 80 0 3 135 4 0 54 40 2.20 1.21
1958 44 17 1 0 0 5 5 -- -- .500 497 120.2 83 2 59 3 12 105 8 0 52 46 3.42 1.18
1959 40 12 2 1 1 6 6 -- -- .500 445 104.0 100 4 38 1 5 86 0 0 45 38 3.29 1.33
1960 35 17 5 4 0 13 7 -- -- .650 621 159.0 125 9 34 4 3 122 0 0 49 44 2.49 1.00
1961 41 26 5 4 1 9 8 -- -- .529 702 169.0 149 5 55 6 11 123 5 0 69 53 2.82 1.21
1962 56 33 12 2 1 14 19 -- -- .424 1131 286.0 212 14 78 3 17 207 6 0 90 77 2.42 1.01
1963 51 23 5 2 0 12 12 -- -- .500 841 202.2 155 13 86 6 9 133 6 1 69 52 2.31 1.19
1964 41 19 3 0 1 5 5 -- -- .500 580 134.1 134 17 52 1 11 90 3 0 75 68 4.57 1.38
1965 43 10 3 0 1 8 5 -- -- .615 490 122.0 90 12 35 1 6 100 2 0 45 41 3.02 1.02
1966 41 8 1 1 1 12 3 -- -- .800 428 117.1 56 4 22 1 4 58 1 0 22 20 1.54 0.66
1967 41 16 2 2 0 5 9 -- -- .357 556 134.0 111 7 51 5 9 86 2 0 56 42 2.82 1.21
1968 46 14 1 1 0 4 12 -- -- .250 531 132.1 105 18 38 5 5 84 1 0 54 48 3.27 1.08
1969 巨人 23 8 2 0 1 3 3 -- -- .500 302 77.2 55 9 19 1 4 76 0 1 29 26 3.00 0.95
1970 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 7 2.0 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.00
通算:16年 578 225 43 17 7 105 107 -- -- .495 8011 1973.1 1542 116 676 40 100 1459 40 2 737 616 2.81 1.12
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

背番号編集

  • 38 (1955年 - 1959年)
  • 18 (1960年 - 1962年)
  • 21 (1963年 - 1968年)
  • 28 (1969年)
  • 24 (1970年)

登録名編集

  • 若生 忠男 (わこう ただお、1955年 - 1969年)
  • 若生 忠泰 (わこう ただやす、1970年)

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 「プロ野球人名事典2001」578P、森岡浩、日外アソシエーツ発行、紀伊國屋書店発売、2001年、ISBN 978-4816916694
  2. ^ 『完全版 プロ野球人国記 北海道・東北編』ベースボール・マガジン社、102頁
  3. ^ 『朝日新聞』1957年7月17日付朝刊 (12版、7面)
  4. ^ 『朝日新聞』1964年8月31日付朝刊 (12版、12面)
  5. ^ 宇佐美徹也『プロ野球記録大鑑(昭和11年-平成4年)』ベースボール・マガジン社、776頁
  6. ^ 『朝日新聞』1968年7月1日付朝刊(12版、13面)
  7. ^ 『朝日新聞』1964年8月7日付朝刊 (12版、13面)

関連項目編集