メインメニューを開く

若竹 千佐子 (わかたけ ちさこ、1954年[1] - )は、日本の小説家

略歴編集

岩手県遠野市出身[1]千葉県木更津市在住[2]岩手県立釜石南高等学校を経て[3]岩手大学教育学部卒業[1]

大学卒業後は臨時教員を経て専業主婦となる。55歳のときに夫に先立たれ、長男からのすすめをきっかけに、元「海燕」編集長の根本昌夫が講師を務める早稲田大学エクステンションセンターの小説講座に通い始める[4]2017年、『おらおらでひとりいぐも』で第54回文藝賞を史上最年長で受賞し、デビュー[5]2018年、同作で第158回芥川賞を受賞[5]黒田夏子に次いで芥川賞史上2番目の高齢受賞となった。受賞作のタイトルは宮沢賢治の詩「永訣の朝」の一節からとられている。同時受賞の石井遊佳も、根本昌夫が講師を務める別の小説教室の受講生であった。

脚注編集