メインメニューを開く

若草

若草

若草(わかくさ)は、島根県松江市彩雲堂他で作られている和菓子で、茶人としても名高い松江藩7代藩主松平治郷(不昧)によって考案された、いわゆる「不昧公御好み」の茶菓子の1つ。主に春の茶菓子として用いられた[1]。治郷の没後は製法が不明となっていたが、明治時代中期に彩雲堂によって復元された[1][2]

砂糖を加えて練り上げた求肥を長方形にし、緑色の寒梅粉(餅を粉砕した粉)を一面に塗した物である[3]。治郷の「曇るぞよ 雨ふらぬうち 摘んでおけ 栂尾の山の 春の若草」から採り、若草と命名された[1][2]

山川菜種の里と合わせて不昧公三大銘菓と呼ぶこともある[3]

出典・脚注編集

  1. ^ a b c 金谷俊一郎 「松江駅「ごきげんべんとう」(1500円)」『駅弁と歴史を楽しむ旅: ベスト100食、美味しい史跡めぐり』 PHP研究所2010年ISBN 9784569777269
  2. ^ a b 甲斐みのり 『甘く、かわいく、おいしいお菓子』 主婦の友社2006年、46頁。ISBN 9784072501450
  3. ^ a b 『楽楽 松江・出雲・石見銀山・境港(2017年版)』 JTBパブリッシング2016年、60-61頁。ISBN 9784533113826

外部リンク編集