メインメニューを開く

若草物語 ナンとジョー先生

世界名作劇場
通番 題名 放映期間
第18作 大草原の小さな天使
ブッシュベイビー
1992年1月
~1992年12月
第19作 若草物語 ナンとジョー先生 1993年1月
~1993年12月
第20作 七つの海のティコ 1994年1月
~1994年12月

若草物語 ナンとジョー先生』(わかくさものがたり ナンとジョーせんせい)は、1993年1月17日から12月19日まで、フジテレビ系列で毎週日曜19:30 - 19:58(JST)に全40話が放送された、日本アニメーション制作のテレビアニメ。『世界名作劇場(ハウス世界名作劇場)』の第19作目に当たる。

概要編集

原作はルイーザ・メイ・オルコットの『第三若草物語』(Little Men)。全寮制の学校・プラムフィールドを舞台に繰り広げられる2人の教師と13人の生徒たちの物語である。「世界名作劇場」として1987年に放映された『愛の若草物語』とは原作のシリーズを同じくしており、第1話から第3話までは、オープニングテーマ前に前作との繋がりを思わせるアバンタイトルも挿入されていた。このアバンタイトル時にバック映像となっていたマーチ一家の写真は、同作品のオープニング映像に登場したもののオマージュであり、本作品でも作中に何度か登場している。一方で『愛の若草物語』における原作からの変更点は本作品に引き継がれておらず、作中で暗喩される過去のエピソードを辿れば、『愛の若草物語』ではなく原作に行き着くように作られている。姉妹の年齢差、メグの夫の名前、舞台となる街の名なども原作に準じたものとなっている。

一方で「ナンを主人公に昇格させる」、「ダンをはじめ、キャラクターの年齢を大幅に変更する」、「トミーなど、キャラクターの性格が変更される」、「ナンとダンが、互いに好意を抱く」など、本作品制作に当たっての新たなオリジナル要素も多い。このように『愛の若草物語』とは設定に多くの差異があるが、ジョーとローリー、メアリーマーチ(回想シーンのみ)、メグのように両作品に共通して登場する人物も存在し[1]、これらの登場人物は本作品でも1話のみのゲスト出演に至るまで、全て同じ声優が起用されている。

従来の「世界名作劇場」では、番組冒頭で「世界名作劇場」のタイトルとジングルのカットが表示された後でオープニングテーマへ流れるが、本作品では前述のアバンタイトルの含まれた第1話から第3話を除いて、冠スポンサー名を含めた「ハウス食品 世界名作劇場」のタイトルがオープニングテーマ曲の前奏に組み入られる形となっていた。1994年にビデオ化された際に、該当のタイトルシーンはカットされ、その次のシーンを前倒して静止映像で時間を延ばし、楽曲も前奏部分を若干カットする手直しが行われている。この修正版は番組販売(再放送及び本放送終了後に開局したさくらんぼテレビでの放送)や、2001年放送の「総集編」でも用いられている。

あらすじ編集

ロンドンから21歳の美しい淑女が、情操教育で有名なプラムフィールドを訪ねて来た。10年前より大規模になっているプラムフィールドをさらに行った丘の上。赤い屋根の一軒家を眺めながら感慨にふけっている。「ちっとも変わってない。昔のままだわ何もかも」、「ただいまジョー先生」。そう言いながら彼女は、10年前の自らの「奇跡の少女時代」を思い出すのだった。

登場人物編集

プラムフィールド編集

アニー・ハーディング
声 - 松倉羽鶴
本作品の主人公。通称ナン。ボストンの裕福な家庭からプラムフィールドへやってくる。合衆国一のおてんば娘。野球も得意。将来の夢は消防士、機関車の機関助手といろいろと変わったが、ジョーの事故をきっかけに医者を志す。過去に、母親を心臓病で亡くしており、そしてまた、親しかったジョン・ブルックを同じ病気で失ったため、志していた医学の無力さに絶望する。しかし、ジョンの死が、ナンが医師を目指す決意をさらに強いものとするきっかけともなった。物語は、成長した彼女がワゴンに乗ってプラムフィールドを再訪するところから彼女の回想という形で始まる。
本放送当時、ナンの外見がスタジオジブリ作品の『魔女の宅急便』の主人公であるキキに似ていると雑誌などで話題になった。[要出典]本作品のキャラクターデザイナー(作画)の佐藤好春は、「魔女の宅急便」の制作でも作画を担当していたため、彼はそのことを後年になってから「苦い思い出」として語っている。[要出典]
ジョセフィン・ベア
声 - 山田栄子
本作品の準主人公。通称ジョー先生。前作マーチ家の次女で、フリッツ・ベアと結婚し、ロブとテディの2人の息子をもうけた。理想の教育を実践するために、夫婦でプラムフィールドの運営に取り組む。学園の教師であり、2人の息子や、実姉であるメグの2人の子供たちもここで育てている。かつてはおてんばだったことから、勝気な性格でもある。
トミー・バングズ
声 - 高山みなみ
プラムフィールドの少年。悪戯好きで、「トミー・バングズ商会」を経営している。ナンが好き。将来の夢は億万長者。
ジャック・フォード
声 - 柏倉つとむ
プラムフィールドで学ぶ12歳の少年。ある事件を起こす。さばけた性格。
ジョージ・コール
声 - 佐藤智恵
プラムフィールドの少年。通称スタッフィ。食いしん坊。ポッチャリ体型。母に甘やかされて育てられ、甘えん坊で泣き虫。母が好きだが、その一方で母の身勝手な性格に困っており、頭が上がらない。母が自分を連れ戻しに来た時は、その手を振り切り自らプラムフィールドに戻ることを選択した。
ネッド・バーカー
声 - 愛河里花子
プラムフィールドの少年。大工仕事が得意。九官鳥を飼っているが、「僕ネッド」としかしゃべらない。
フランツ・ホフマン
声 - 森川智之
プラムフィールドの少年。16歳(※学園内では最年長)であり、学園のリーダー的存在。将来の夢は叔父であるベアやジョーのような教師。
エミル・ホフマン
声 - 結城比呂
プラムフィールドの少年で、フランツの弟。ダンに決闘を申し込んだこともある。将来の夢は船乗り。
ロブ・ベア
声 - 渕崎ゆり子
ベア家の長男。
テディ・ベア
声 - 南杏子
ベア家の次男。彼の無邪気さがダンの荒んだ心をだんだんと開いていく。
デミ・ブルック
声 - 山田恭子(現・山田ふしぎ
ブルック家の長男(ジョーの)で、デーズィの双子の兄。母親似の端整な顔立ちの少年。読書好きで家族思い。学業成績も非常に良い。将来の夢は哲学者
デーズィ・ブルック
声 - 荒木香恵
ブルック家の長女(ジョーの)で、デミの双子の妹。母親似の可憐な少女。とてもおとなしい性格で、将来の夢は家庭的で優しいお母さん。ナットに好意を抱く(原作では成長後、その思いがナットとの結婚という形で本当に成就している)。
ナット・ブレイク
声 - 池上麻里子
バイオリンを弾くのが得意で、将来の夢はバイオリニスト。勝手な性格でダンをベアやジョーの許可なく招き入れたうえにサポートもしない等無責任な面がある。結果、ダンの暴走を招きプラムフィールドの火事の原因の一端を担う[2]
気弱で言い寄られると、恐怖から嘘をつく悪い癖がある。それが原因で、生涯において忘れられない経験をする。
原作では、ダンとセットでほぼ主人公だった。
ダニエル・キーン
声 - 林延年
プラムフィールドの少年。通称ダン。もともとはボストンで暮らしていた不良少年。ボストンでナットと再会したことをきっかけにプラムフィールドで学ぶ。学校で火事を起こし、ページに預けられる。その後、博物学に興味を持ち始める。後にプラムフィールドに戻ってくるが、最後にはページとブラジルへ旅立つ。
フリッツ・ベア
声 - 秋元羊介
ジョーの夫で、学園の教師。通称ベア先生。コンコードの郊外に、全寮制の学校・プラムフィールドを創立する。容姿は凛々しいが、設定上は醜男である。
エーシア
声 - 羽鳥靖子
プラムフィールドで働く黒人女性。48歳。野球で打球したとき、バットの方を超特大の場外本塁打にするほどの怪力の持ち主。料理の腕は天下一品。
サイラス
声 - 槐柳二
プラムフィールド専属の農夫かつ庭師。58歳。温厚で人の感情に鋭い、フリッツ&ジョーの片腕とも言える存在。
メアリー・アン
声 - 藤井佳代子
プラムフィールドで働くメイドの女性。21歳。誰かに好意を抱かれているようである(第9話)。
クリストファー・コロンバス
プラムフィールドで飼われている犬。

その他編集

マーガレット・ブルック
声 - 潘恵子
マーチ家の長女で、ジョーの姉。通称メグ。ジョンと結婚し、デミとデーズィの双子をもうける。ジョーとは家族ぐるみで親交があった。
ジョン・ブルック
声 - 小島敏彦
メグの夫。ジョーやベアのよき理解者であったが、物語の途中で心臓発作により亡くなってしまう。しかし、ジョンの死が、ナンが医師を志す決意を強くするきっかけとなった。
セオドア・ローレンス
声 - 飛田展男
マーチ家の末妹(エイミー)の夫。通称ローリー。ジョーとは少女時代からの友人であり、プラムフィールドの子供たちに親切な男。
メアリー・カーティス・マーチ
声 - 中西妙子
ジョーの母親。
ページ
声 - 石森達幸
博物学の博士。ダンに博物学を説く。ベア先生の恩師でもある。
ファース
声 - 佐藤正治
コンコードの医者
機関士
声 - 稲葉実
馭者
声 - 大山高男
ナンがプラムフィールドに戻ってきたときの馭者。
エド
声 - 掛川裕彦
馭者
声 - 岸野幸正
ナットをプラムフィールドに連れていく。
馭者
声 - 辻親八
デミとデーズィをブルック家に連れていく。
マーリー
声 - 中村大樹
ジミー
声 - 佐藤浩之

スタッフ編集

主題歌編集

オープニングテーマ編集

「明日もお天気」[3]
作詞・作曲・歌 - 小坂明子 / 編曲 - 信田かずお

エンディングテーマ編集

「青空のDing-Dong」[4]
作詞・作曲 - 伊藤薫 / 編曲 - 信田かずお / 歌 - 伊藤薫、森の木児童合唱団
Ding-Dongとは英語圏で鐘の鳴る音を表現するときの擬音。

各話リスト編集

話数 放送日 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督
第1話 1993年
1月17日
プラムフィールドへようこそ 楠葉宏三 佐藤好春
第2話 1月24日 川と野原はステキな教室!!
第3話 1月31日 イチゴつみと黒い森 則座誠 田中穣
第4話 2月7日 約束の小箱 楠葉宏三 佐藤好春
第5話 2月14日 小さなバイオリン弾き 片渕須直 加賀剛 高野登
第6話 2月21日 トミーバングズ商会 楠葉宏三 鷲田敏弥
第7話 2月28日 僕はロビンソン・クルーソー 則座誠 田中穣
第8話 3月7日 はじめてのパンプキンパイ 片渕須直 中西伸彰 佐藤好春
第9話 3月14日 おもちゃの国の贈り物 加賀剛 高野登
第10話 3月21日 パジャマで大戦争 楠葉宏三 鷲田敏弥
第11話 4月18日 街から来た無法者ダン 中西伸彰 佐藤好春
第12話 4月25日 プラムフィールドの嵐 片渕須直 則座誠 田中穣
第13話 5月2日 決闘! エミルが怒った 加賀剛 佐藤好春
第14話 5月9日 ダンとテディの秘密 楠葉宏三
中西伸彰
中西伸彰 松本清
第15話 5月23日 バタカップ大騒動 片渕須直 加賀剛 鷲田敏弥
第16話 5月30日 学校が燃える! 酒井伸次 田中穣
第17話 6月6日 さよならダン 加賀剛 佐藤好春
第18話 6月13日 ママがやって来た 片渕須直 中西伸彰 松本清
第19話 6月20日 舞踏会へようこそ 中西伸彰
楠葉宏三
鷲田敏弥
第20話 6月27日 大きくなったら何になる? 片渕須直 加賀剛 佐藤好春
第21話 7月11日 先生をぶちなさい! 酒井伸次 田中穣
第22話 8月1日 ページさんからの手紙 片渕須直 中西伸彰 松本清
第23話 8月8日 誰もいない庭 加賀剛 佐藤好春
第24話 8月15日 素直になれなくて 楠葉宏三
中西伸彰
中西伸彰 鷲田敏弥
第25話 8月22日 博物館を作ろう 酒井伸次 田中穣
第26話 8月29日 泥棒は僕じゃない! 片渕須直 楠葉宏三 松本清
第27話 9月5日 ひび割れた友情 加賀剛 佐藤好春
第28話 9月12日 告白の置き手紙 中西伸彰
楠葉宏三
中西伸彰 鷲田敏弥
第29話 9月19日 男の子には負けない! 片渕須直 楠葉宏三 佐藤好春
第30話 9月26日 小さなウェディングベル 楠葉宏三 中西伸彰 井上鋭
第31話 10月17日 素敵な5ドルの使い方 片渕須直 酒井伸次 田中穣
第32話 10月24日 私、お医者さんになる! 中西伸彰 松本清
第33話 10月31日 お父さんとの約束 楠葉宏三 高木淳 佐藤好春
第34話 11月7日 雪の日の使者 片渕須直 中西伸彰 鷲田敏弥
第35話 11月14日 吹雪の中で 楠葉宏三
高木淳
高木淳 井上鋭
第36話 11月21日 ダンの荒馬ならし 片渕須直 楠葉宏三 佐藤好春
第37話 11月28日 旅立ちへの予感 中西伸彰 鷲田敏弥
井上鋭
第38話 12月5日 それぞれの決心 楠葉宏三 佐藤好春
第39話 12月12日 おてんばジョー自転車に乗る
第40話 12月19日 さよならプラムフィールド

ネット局編集

映像ソフト化編集

  • テレビシリーズのDVDは2002年9月25日 - 11月25日にかけて全10巻が発売された。
    • VOL.1(2002年9月25日)[8]
    • VOL.2(2002年9月25日)[9]
    • VOL.3(2002年9月25日)[10]
    • VOL.4(2002年9月25日)[11]
    • VOL.5(2002年10月25日)[12]
    • VOL.6(2002年10月25日)[13]
    • VOL.7(2002年10月25日)[14]
    • VOL.8(2002年11月25日)[15]
    • VOL.9(2002年11月25日)[16]
    • VOL.10(2002年11月25日)[17]

脚注編集

  1. ^ フレデリックやエイミー、ジェームスローレンスは登場するものの、セリフはない。ベスは両作品の間の出来事に相当する『第二若草物語』ですでに亡くなっており、本作品でも作中の会話でこれについて言及されている。
  2. ^ ダンの部分に記載。
  3. ^ 明日もお天気”. レコチョク. 2016年1月11日閲覧。
  4. ^ 青空のDing-Dong”. レコチョク. 2016年1月11日閲覧。
  5. ^ 現在の局名はテレビ愛媛
  6. ^ a b c 本来の時間帯に当時クロスネットの日本テレビ系番組を同時ネットしていたため、時差ネット。
  7. ^ 1993年9月まで、テレビ朝日系列にも加盟。
  8. ^ 若草物語 ナンとジョー先生 VOL.1”. バンダイビジュアル. 2016年1月11日閲覧。
  9. ^ 若草物語 ナンとジョー先生 VOL.2”. バンダイビジュアル. 2016年1月11日閲覧。
  10. ^ 若草物語 ナンとジョー先生 VOL.3”. バンダイビジュアル. 2016年1月11日閲覧。
  11. ^ 若草物語 ナンとジョー先生 VOL.4”. バンダイビジュアル. 2016年1月11日閲覧。
  12. ^ 若草物語 ナンとジョー先生 VOL.5”. バンダイビジュアル. 2016年1月11日閲覧。
  13. ^ 若草物語 ナンとジョー先生 VOL.6”. バンダイビジュアル. 2016年1月11日閲覧。
  14. ^ 若草物語 ナンとジョー先生 VOL.7”. バンダイビジュアル. 2016年1月11日閲覧。
  15. ^ 若草物語 ナンとジョー先生 VOL.8”. バンダイビジュアル. 2016年1月11日閲覧。
  16. ^ 若草物語 ナンとジョー先生 VOL.9”. バンダイビジュアル. 2016年1月11日閲覧。
  17. ^ 若草物語 ナンとジョー先生 VOL.10”. バンダイビジュアル. 2016年1月11日閲覧。

外部リンク編集


フジテレビ系列 日曜19:30 - 19:58
ハウス世界名作劇場
前番組 番組名 次番組
大草原の小さな天使 ブッシュベイビー
(1992年1月12日 - 12月20日)
若草物語 ナンとジョー先生
(1993年1月17日 - 12月19日)
七つの海のティコ
(1994年1月16日 - 12月18日)
※放送期間中に「世界名作劇場」に移行