若菜嘉晴

日本の元プロ野球選手

若菜 嘉晴(わかな よしはる、1953年12月5日 - )は、福岡県八女郡羽犬塚町(現・筑後市)出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ解説者評論家

若菜 嘉晴
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県八女郡羽犬塚町(現・筑後市
生年月日 (1953-12-05) 1953年12月5日(66歳)
身長
体重
185 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1971年 ドラフト4位
初出場 1974年4月10日
最終出場 1991年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

愛称は「ナッパ」。

経歴編集

プロ入り~ライオンズ(西鉄・太平洋・クラウン)時代編集

小学6年生まで習っていた書道では全国大会で入選し、文部大臣賞を受賞している。

柳川商高卒業後、1972年1972年のドラフト4位で西鉄ライオンズに入団。柳川商業から後述の阪神時代までチームメートであった真弓明信とは「ナッパ」、「ジョー」と呼び合うなど、親友として知られる。2年目の1973年には当時の中村長芳オーナーが所有していた米国1Aのローダイ・ライオンズに野球留学するなど将来を嘱望されるものの、一軍にはなかなか定着できなかった。3年目の1974年には貧血のため1ヵ月ほど入院し、退院後は和田博実二軍監督が彼の青白い顔とやせ細った体を「しょぼくれた菜っぱみたい」と評したことから、「ナッパ」と愛称を付けられる[1]

エースの東尾修にはノーサインで投げてもらって組み立ての基礎を学び[2]、6年目の1977年に一軍に定着。同年のオールスターにも初出場し、7月23日の第1戦(平和台)では7回裏に鈴木孝政からソロ本塁打を放つ。1978年も正捕手として活躍するが、1979年田淵幸一古沢憲司との大型トレードで、真弓・竹之内雅史竹田和史と共に阪神タイガースへ移籍した。

阪神時代編集

阪神では、移籍1年目の小林繁と名バッテリーを形成し、小林とは普段も一緒で「王さんには上げた右ヒザを狙ってスライダーを投げよう」とか話したこともあった[2]。強肩の捕手であったが、移籍1年目の同年は1960年野村克也とタイとなるシーズン17個のパスボールを喫した。そのうちの14個が江本孟紀の投じたエモボールであり[3]、スパイ対策のためにノーサインで江本の球を受けたことによるものである[4]

同年はキャリア唯一のダイヤモンドグラブ賞も受賞し、打撃でも初の規定打席到達で打率.303を記録するなど阪神の主力選手となり、オールスター4年連続出場(1979年 - 1982年)も果たすなど阪神でも正捕手として活躍するものの、移籍4年目の1982年に、女優の白川和子との不倫交際が取り沙汰されると、首脳陣と衝突して出場機会を減り、オフに自由契約となり退団した。

阪神退団後は渡米し、当時メッツ傘下3Aのタイドウォーター・タイズに特命コーチとして加入し、1983年シーズン途中まで務めた。

大洋時代編集

1983年シーズン途中に帰国し、横浜大洋ホエールズに入団。当時の大洋は捕手の高齢化が進んでいたため、若返りを図る意味から獲得に踏み切った。移籍3年目の1985年には自身唯一の全試合出場するなど、大洋でも正捕手として活躍した。同年、3年ぶりの出場となったオールスターでは7月21日の第2戦(川崎)では2回表に佐藤義則から先制2ラン本塁打を放ち、山内一弘に続いて史上2人目の両リーグ本塁打を達成している。

実用英語技能検定1級を所持し、アメリカでコーチをするなどの語学力を活かして、大洋時代は巨人レジー・スミスウォーレン・クロマティをよく挑発していた。スミスに対しては「顔面スレスレのビーンボールを多用する」→「激怒したスミスが若菜に砂を掛ける」→「その報復としてさらにビーンボールが多用される」といった悪循環もあったが、1980年代後半にはクロマティとの駆け引きで有名になり、バッターボックスで口論になっていた。遠藤一彦がクロマティを三振にとってチェンジになる際、遠藤と若菜は2人で頭を人差し指で指し"頭脳の差"というアピールをし、クロマティの怒りを誘っていたが、「犬猿の仲」というわけではなく、OBオールスター戦で若菜とクロマティが同じチームでプレイすることもよくあった。

1987年8月4日の巨人戦(横浜)では、ホームに返球されてきたボールがバウンドして、うまい具合に若菜の左脇に挟まり、そのまま捕球した体勢でランナー・中畑清とクロスプレーとなり、あたかもタッチしたと見せ掛けたプレーで刺殺を取った。この「若菜の空タッチ」はフジテレビプロ野球珍プレー・好プレー大賞」で採り上げられ、曲者の若菜を象徴するプレーである。

同年に古葉竹識監督が就任して以降は出番が減少し[2]1988年オフにはついに不満が爆発。公然と球団批判を展開していたという情報があり[5]、今回は首脳陣との衝突にとどまらず、チームメートをも揶揄[2]1989年1月5日に謝罪文を提出して一旦決着も、シーズン開幕後、1985年から1986年まで大洋で指揮を執っていた近藤貞雄監督に誘われ、無償トレードで日本ハムファイターズへ移籍した[2]

日本ハム時代編集

近藤監督は若菜を「チャンスに強い打撃。チームの雰囲気をガラっと変えるキャラクター。田村(藤夫)は超一流のキャッチャーだが、年齢の事を差し置いても、若菜は一流のキャッチャー」[6]と評した。

リーグを代表する捕手だった田村藤夫の控え捕手としての在籍だったが、移籍2年目の1990年には首脳陣に「酒井光次郎をモノにしてくれ」と頼まれ、左腕でカーブがいい酒井を大洋時代の新浦壽夫への組み立てを思い出してリードし、酒井は10勝を挙げ、新人王を争った[2]。同年に加藤初が引退し、当時の現役選手としては最後の西鉄ライオンズ在籍経験者となった。

1991年シーズン終了後に引退した。

引退後編集

引退と同時に吉本興業とマネジメント契約[7]し、1992年から1996年まではラジオ関西解説者を務めた。

1997年からは福岡ダイエーホークス一軍バッテリーコーチに就任し、同時に吉本興業とのマネジメント契約を解消。コーチ時代はロッテを経てFAで加入した田村と共に若手の城島健司を指導し[2]、城島を二人三脚で育てたことで知られる[8]

なかなか捕手としての技能が向上しない城島を巡って王貞治監督とたびたび衝突し、就任1年目の1997年のオールスター期間中、王から城島のリードや捕球のまずさを叱責され、王は一塁手三塁手へのコンバートを示唆した。若菜は反論したが、球団に辞任を申し出たこともある。若菜は東京の自宅に戻っていた王に電話を入れたところ、電話に出た王夫人はあえて王と代わらずに「主人から話は聞いています。お仕事に口を挟むようで申し訳ないのですが、今、あなたと主人との板ばさみになって困るのは城島君ではないでしょうか。お電話のことは主人に私からお伝えしておくので、もう一度考えてみてください」と上手くとりなした。王にも若菜が謝罪していると伝え、これにより両者は和解することができ、城島もコンバートせずに捕手として成長していった。事の真相を若菜が夫人から聞かされたのは、ダイエーが初優勝した1999年のハワイへの優勝旅行の時だったという[9]

2年連続リーグ優勝と1999年の日本一を貢献したが、2001年9月30日近鉄戦(福岡D)で、王のシーズン本塁打記録55本に並んでいたタフィ・ローズに対して敬遠の指示を出し、試合後にそれを自分が独断で行ったことを表明しており、10月1日にはNPBコミッショナーがフェアプレーを求める異例の声明を発表し、さらに翌2日にはパ・リーグ会長がこの件でホークスに厳重注意処分とした[10]。同年シーズン限りでダイエーコーチを退任した。

退団後はTVQ九州放送解説者(2002年 - 2007年)を務め、2009年からはFBS福岡放送解説者となる。また、ソフトバンク球団制作中継(J SPORTS日テレプラスFOXスポーツ&エンターテイメントスポーツライブ+)でも解説を行うほか、FBSの『めんたいワイド』や『バリはやッ!ZIP!』にもコメンテーターとして出演し、2003年よりスポーツニッポン西部本社→東京本社西部総局評論家も務めている。日本ハムOBということもあり、2007年には1年だけSTVラジオで、本数契約で解説を行った。

プロ野球マスターズリーグ福岡ドンタクズ内野手として参加した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1974 太平洋
クラウン
6 5 5 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1975 12 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1976 39 79 71 6 17 1 0 1 21 5 1 1 1 0 6 0 1 9 3 .239 .308 .296 .604
1977 103 340 318 29 93 10 1 4 117 29 1 8 6 1 10 0 5 29 7 .292 .323 .368 .691
1978 108 288 267 25 57 5 0 4 74 21 1 5 4 6 9 0 2 46 14 .213 .239 .277 .516
1979 阪神 112 422 386 38 117 10 1 9 156 42 8 5 1 3 32 8 0 37 10 .303 .354 .404 .758
1980 126 481 441 34 113 12 2 4 141 32 2 4 12 1 26 5 1 42 21 .256 .299 .320 .619
1981 115 403 360 24 101 13 2 3 127 32 4 2 15 1 27 20 0 23 12 .281 .330 .353 .683
1982 73 229 211 14 45 5 1 3 61 21 3 1 3 2 12 2 1 24 6 .213 .257 .289 .546
1983 大洋 28 71 60 5 21 8 0 0 29 2 0 0 2 0 9 3 0 6 1 .350 .435 .483 .918
1984 99 306 292 26 79 6 0 8 109 25 2 2 2 2 9 1 1 45 13 .271 .293 .373 .666
1985 130 434 403 28 108 9 2 7 142 44 1 2 11 3 16 7 1 34 20 .268 .296 .352 .648
1986 122 404 372 29 107 14 1 4 135 29 3 5 8 1 22 13 1 41 10 .288 .328 .363 .691
1987 81 255 229 23 69 12 1 4 95 27 1 0 5 1 20 10 0 23 9 .301 .356 .415 .771
1988 74 173 156 13 37 5 1 1 47 8 0 0 1 0 16 8 0 12 5 .237 .308 .301 .609
1989 日本ハム 55 90 84 6 21 2 3 1 32 9 0 2 2 0 3 0 1 7 3 .250 .284 .381 .665
1990 63 147 138 6 33 4 1 1 42 11 0 1 0 0 7 0 2 16 3 .239 .286 .304 .590
1991 41 84 81 0 19 1 0 0 20 3 0 0 2 0 1 0 0 5 0 .235 .244 .247 .491
通算:18年 1387 4215 3878 308 1037 117 16 54 1348 340 27 39 75 21 225 77 16 399 137 .267 .309 .348 .657
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 太平洋(太平洋クラブライオンズ)は、1977年にクラウン(クラウンライターライオンズ)に球団名を変更

表彰編集

記録編集

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号編集

  • 44 (1972年)
  • 39 (1974年 - 1982年)
  • 9 (1983年 - 1986年)
  • 22 (1987年 - 1988年)
  • 99 (1989年 - 1991年)
  • 84 (1997年 - 2001年)

関連情報編集

出演番組編集

現在編集

過去編集

著書編集

  • プロ野球が危ない-絶叫メッタ斬り!!(学習研究社、1992年4月)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『ベースボールアルバムNo.15 若菜嘉晴』(恒文社、1980年)
  2. ^ a b c d e f g 週刊ベースボールONLINE|野球コラム 若菜嘉晴 筋金入りの気の強さを誇る強肩強打の捕手/プロ野球1980年代の名選手
  3. ^ [主婦の友社編集、読む野球−9回勝負−No.7_82頁]
  4. ^ 『プロ野球「最強捕手」伝説』(洋泉社、2009年)p.88
  5. ^ 週刊ベースボール別冊PART5 1989年編(2020年3月31日刊)68頁
  6. ^ セ・パ誕生70年記念特別企画】よみがえる1980年代のプロ野球 Part.5 [1989年編] (週刊ベースボール別冊南風号)、2020年、88頁
  7. ^ 日刊ゲンダイ 2013年11月9日発行号
  8. ^ 【根本陸夫伝】主力を放出してまで田淵幸一の獲得にこだわった男 2015.09.02、スポーツナビ
  9. ^ 斉藤直隆著『プロ野球 最後のサムライ』(コアマガジン、2005年)ISBN 9784877348199
  10. ^ ベースボールマガジン社刊「日本プロ野球事件史1934-2013」104ページ

関連項目編集

外部リンク編集