若葉のころ (テレビドラマ)

若葉のころ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1996年4月12日 - 6月28日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 吉田健
松原浩
加藤浩丈
脚本 小松江里子
プロデューサー 伊藤一尋
出演者 KinKi Kids
堂本剛堂本光一
音声 ステレオ放送
オープニング ビー・ジーズ若葉のころ
エンディング KinKi KidsFRIENDS
テンプレートを表示

若葉のころ』(わかばのころ)は、1996年4月12日から6月28日まで毎週金曜日21:00 - 21:54に、TBS系の「金曜21時」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演はKinKi Kids堂本剛堂本光一)。

目次

ストーリー編集

貧しくも弟と妹と共に懸命に生きる武司、対照的に温室育ちの甲斐。育ちの違う二人が同じ高校に入学し出会い、友情を育んで行く。だがそれは悲劇の始まりを告げていた。様々な運命が交差する青春群像物語。

キャスト編集

主要人物編集

相沢 武司
演 - 堂本剛(KinKi Kids)
母は他界し、無気力な父の代わりにアルバイトで生計を立て、学校へ通いながら弟妹の世話をしている。その合間に学業も疎かにせず、成績は上位。父との衝突により少年更生院に入れられ、出所後に出生の秘密と、甲斐と泉の交際を知ってしまう。そして甲斐と決別。藤木家に引き取られ、医師になる勉強を始めるが、さまざまな試練ののち、自立し弟たちを養ってゆく道を選択する。
藤木 甲斐
演 - 堂本光一(KinKi Kids)
医師の息子として、裕福な家で育った。基本的には心優しい性格だが、世間知らずが故に高見に立った言動が見られ、武司を傷付けてしまっていた。父を利用しようとしていると知らずに志帆に想いを寄せたこともある。志帆が去り、武司が少年院に入所した頃に泉と恋に落ちる。出所して来た武司から絶交されたのち不慮の事故で、昏睡状態に陥る。最終的には意識を取り戻した様子。
蒔田 泉
演 - 奥菜恵
武司の幼馴染で何かと武司を気にかけるが、次第に甲斐に憧れるようになる。そして武司が少年院に入所した後に甲斐の事を慰め、恋に落ち、妊娠。両親から大反対され、騙されて中絶させられそうになったところを脱走。未婚で出産。

相沢家編集

相沢 悟郎
演 - 根津甚八
武司の父親。過去に武司の母が啓輔と病室で逢瀬しているのを目撃。その事がきっかけで武司の出生の秘密に気付き、酒浸りで働かなくなってしまった上、武司に憎悪の念を向けるようになる。武司のことで啓輔を脅迫するが、あしらわれてその鬱憤を晴らすべく、泉を暴行しようとし、武司に刺され重傷を負う。しかし、本心では秘密を知ってもなお、武司を愛していた様子が見られる。第11話で不慮の事故に遭い最終話で死亡する。この時甲斐も一緒に事故に遭ったが甲斐は一命を取り留めることができた。
相沢 勇太
演 - 類家大地
武司の弟。藤木家に兄と一緒に引き取られた時、家を出ようとした兄に「居心地が良い」として反対したこともある。
相沢 幸
演 - 上脇結友
武司の妹。

藤木家編集

藤木 啓輔
演 - 宅麻伸
甲斐の父親。藤木病院院長と武司、甲斐が通う嘉南学園高校の理事長を兼任している。利己的で計算高い性格をしており、過去に悟郎の妻と深い関係を持っていた。甲斐が泉を選び、家を出たのと同時期に武司を引き取る。のちに悪事が発覚し逮捕されるが、息子たちへの愛情を伝え、連行されていった。
藤木 久美子
演 - 原日出子
甲斐の母親。甲斐を深く愛しているが、その為に武司と泉などに憎悪を向けてしまうことがある。

嘉南学園編集

倉橋 志帆
演 - 北浦共笑
武司と甲斐の通う高校の教師。甲斐の父に取り入る為、甲斐に接近。誘惑しようとするが、のちに退職する。
滝本主任
演 - 中野誠也
嘉南学園の学年主任。武司のことをよく思っていない。
最上 祐人
演 - 篠原俊晴
武司と甲斐の同級生。裕福な家で生まれ育っているが、中学校から一緒だった武司を見下しており、陥れるような嘘をついたり、目撃した窃盗を暴露する等、いじめに荷担する一方、甲斐に対して媚びるような面がみられる。ややマザコンの面がある。

関東少年更生院編集

木藤 良晴
演 - 斉藤洋介
少年院の教官。ある事件から少年達を信用しなくなり、武司の事を目の仇にしていたが、武司の真直ぐな性格を知って考えを改め、信じる気持ちを取り戻す。
松原 稔
演 - 小橋賢児
少年院で武司と出会い親友に。出所後、武司の元を訪れる。

スタッフ編集

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率[1]
第1話 1996年4月12日 吉田健 15.8%
第2話 1996年4月19日 戦い 14.6%
第3話 1996年4月26日 友となる日 松原浩 15.6%
第4話 1996年5月03日 禁じられた初恋 加藤浩丈 8.5%
第5話 1996年5月10日 父の恋人 14.7%
第6話 1996年5月17日 偽りの幸福 吉田健 14.9%
第7話 1996年5月24日 勇気ある沈黙 松原浩 17.3%
第8話 1996年5月31日 裏切りの明日 16.7%
第9話 1996年6月07日 哀しい恋のメロディー 加藤浩丈 16.3%
第10話 1996年6月14日 友への復讐 20.6%
第11話 1996年6月21日 生命の重さ 吉田健 19.4%
最終話 1996年6月28日 生きることの意味、死ぬことの答え 21.3%
平均視聴率 16.5%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

関連商品編集

  • 若葉のころ 講談社コミックスフレンド

DVD編集

脚注編集

  1. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ
TBS 金曜21時枠連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
キャンパスノート
(1996.1.12 - 1996.3.22)
若葉のころ
(1996.4.12 - 1996.6.28)
ひと夏のプロポーズ
(1996.7.5 - 1996.9.20)