若鮎

カステラで求肥を包んだ和菓子

若鮎(わかあゆ)とは、カステラ生地で主に求肥を包んだ和菓子[1]。稚鮎、登り鮎、かつら鮎などとも呼ばれる[2]

若鮎
Ayu wagashi.jpg
種類 和菓子
発祥地 日本の旗 日本
地域 不詳
主な材料 薄力粉砂糖白玉粉
その他お好みで 小倉餡
類似料理 調布
テンプレートを表示

概要編集

の形を模した和菓子で、京都府岐阜県銘菓として知られている[1]。薄く楕円形に焼いたカステラで求肥などを包んで整形し、鮎の顔と尾鰭をイメージした焼印をつける[3]。同様の和菓子は各地で製造されており、京都府や岐阜県のものは中身に求肥のみを入れるが、関東のものは求肥と小豆が包まれる[2][3]

原型となったのは「調布」と呼ばれる和菓子で、若鮎自体を「調布」と呼ぶ場合もある[2][4]。発祥地は定かではないが、京都府や岐阜県あるいは愛知県が挙げられることが多い[3][4]。かつては6月のの解禁にあわせて売り出されていたが近年はゴールデンウィーク明けごろから見られ、夏以外の季節には鮎以外の形状・名称で販売される例もある[5]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 人気ブランドの「若鮎」大集合! 味も表情もいろいろ”. FOODIE. 三越伊勢丹グループ (2018年5月14日). 2020年1月28日閲覧。
  2. ^ a b c 和菓子の「若鮎」は春から夏にかけてが解禁です!”. 和菓子のこころへ (2018年4月5日). 2020年1月28日閲覧。
  3. ^ a b c 魚の形の和菓子といえば若鮎!発祥はどこ?鮎菓子たべよー博とは?”. 毎日すすめ!こどもと暮らす (2019年4月24日). 2020年1月28日閲覧。
  4. ^ a b 京都の美味しい 調布(ちょうふ) 夏の京菓子”. 京都の和菓子.com (2007年5月11日). 2020年1月28日閲覧。
  5. ^ 和菓子マニアが教える!若あゆおすすめ4選”. to buy (2018年7月31日). 2020年1月28日閲覧。