メインメニューを開く

苦土フォイト電気石

鉱物

苦土フォイト電気石(くどフォイトでんきせき、 Magnesiofoitite)は、1999年に発表された新鉱物で、カナダマニトバ大学鉱物学者フランク C. ホーソンなどにより、山梨県の旧三富村(現・山梨市)京ノ沢から発見された[1]化学組成は(Mg2Al)Al6(Si6O18)(BO3)3(OH)4で、三方晶系電気石(Tourmaline)スーパーグループのフォイト電気石(Foitite)グループに属し、マグネシウムに富む。京ノ沢の標本を入手したカナダ人のグループによる研究が先行し、同様の研究を進めていた日本人の研究者が産状などのデータも加えて、共同で発表したという経緯がある。

脚注編集

  1. ^ Hawthorne, F. C. et al. (1999): Magnesiofoitite, (Mg2Al)Al6(Si6O18)(BO3)3(OH)4, a new alkali-deficient tourmaline. Canad. Mineral., 37, 1439-1443.

関連項目編集

参考文献編集

  • 松原聰「新鉱物発見物語」、あやうくさらわれそうになった石-苦土フォイト電気石。岩波書店、岩波化学ライブラリー115、2006年。

外部リンク編集