メインメニューを開く
画像提供依頼:中継局舎の画像提供をお願いします。2010年4月

苫小牧テレビ中継局(とまこまいテレビちゅうけいきょく)は、北海道苫小牧市にあるテレビジョン放送の中継局である。

ここでは「苫小牧宮の森テレビジョン中継放送局」(とまこまいみやのもりてれびじょんちゅうけいほうそうきょく)についても、併せて述べる。

概要編集

苫小牧市は胆振地区であるため、本来は測量山にある室蘭局の中継局として位置づけられる。しかし実際には室蘭市よりも北海道の北海道庁所在地札幌市に近く、場所によっては山岳回折などで手稲山からの電波が障害なくそのまま届く状況にある。

そこで、民放の中には室蘭局ではなく手稲山を親局としているところもある。このためアナログ放送時代は珍しく音声多重放送を行っていたほか、ここを日高方面へのもう一つの送り出し拠点(予備)としているところもある。こうした事情から、ラジオは民放AM2社のみの置局となっており、FMはNHK室蘭放送局、民放2社とも置局していない。

苫小牧、苫小牧宮の森両中継局とも、偏波面は水平偏波となっている。

苫小牧中継局編集

 
中継局建物

地上デジタルテレビジョン放送編集

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
1 HBC
北海道放送
41 10W 320W 北海道 約68,000世帯
2 NHK
室蘭教育
43 420W 全国
3 NHK
室蘭総合
24 胆振日高
5 STV
札幌テレビ放送
45 320W 北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
38 340W
7 TVh
テレビ北海道
42
8 UHB
北海道文化放送
40

地上アナログテレビジョン放送編集

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
開局日
47 TVh
テレビ北海道
映像100W/
音声25W
映像680W/
音声170W
北海道 - -
49 NHK
室蘭教育
映像1.4kW/
音声350W
全国 1970年
3月26日
51 NHK
室蘭総合
胆振・日高・
後志管内黒松内町
53 UHB
北海道文化放送
映像630W/
音声155W
北海道 -
55 HBC
北海道放送
映像660W/
音声165W
57 STV
札幌テレビ放送
映像680W/
音声170W
61 HTB
北海道テレビ放送

苫小牧宮の森中継局編集

  • 所在地:苫小牧市糸井
  • 放送エリア…苫小牧市糸井、宮の森など

地上デジタルテレビジョン放送編集

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
1 HBC
北海道放送
51
62
10mW 26mW 北海道 291世帯[1]
2 NHK
室蘭教育
49
54
全国
3 NHK
室蘭総合
50 胆振・日高
5 STV
札幌テレビ放送
46
59
北海道
6 HTB
北海道テレビ放送
48
7 TVh
テレビ北海道
47
56
8 UHB
北海道文化放送
52
  • 数字→数字は、完全デジタル化に伴う“リパック”によって
    チャンネル変更が行われることを示す。
    これは本来地デジで使えない53ch以上の物理チャンネルで開局したチャンネルを、
    地デジで使える52ch以下の物理チャンネルに切り替えるためで、
    “リパック”は、2011年(平成23年)10月17日に実施された。
    リパック前のERPはHBCとSTVが25mWだったが、
    NHK室蘭教育とTVhはリパック後も変更なしとなっている。
  • 民放5社は当初「自力建設困難」とされていた。
  • 予備免許は2010年(平成22年)6月16日にNHK室蘭へ、
    同年9月30日に民放5社へ与えられ、
    本免許はNHK室蘭放送局・民放とも2010年(平成22年)10月29日に、
    それぞれ北海道総合通信局から交付された。
    本免許交付日に本放送開始。
  • 場所により、手稲山または上記苫小牧局からの電波を受信できる場合がある。
  • 測量山からの電波も受信出来ないことはないが、
    距離が遠く手稲山よりも出力が小さい分映りが悪くなることもある。

地上アナログテレビジョン放送編集

チャンネル 放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
38

28
NHK
室蘭総合
映像100mW/
音声25mW
映像300mW/
音声75mW
胆振・日高・
後志管内黒松内町
約380世帯
34 TVh
テレビ北海道
映像290mW/
音声72mW
北海道
36 NHK
室蘭教育
映像290mW/
音声72mW
全国
44 STV
札幌テレビ放送
映像290mW/
音声72mW
北海道
46 HTB
北海道テレビ放送
40

58
UHB
北海道文化放送
映像280mW/
音声70mW
42

60
HBC
北海道放送
映像280mW/
音声70mW
  • 数字→数字」は「過去→現在」。これは苫小牧デジタル中継局開局に伴う「アナ・アナ変換」によるもの。

その他編集

  • FM局はどちらも設置されていないが、札幌送信所か室蘭送信所を受信できる場合がある(加えて、FMびゅーも受信できる。多少のノイズはあるが、カーラジオで道央自動車道苫小牧東ICまで聴取可能)。
  • アナログテレビは室蘭市周辺とは異なり、全局音声多重放送を実施。アナログデータ放送・字幕放送も実施していたが、特殊な機器でないと楽しめなかった。
  • デジタルテレビはデータ放送・字幕放送も一般のテレビで楽しめる。

関連項目編集

外部リンク編集