メインメニューを開く

概要編集

北海道電力初の石油火力発電所として、1973年11月に1号機が運転を開始した。

2009年11月には原油価格上昇と環境問題への対応を考慮し、天然ガス混焼のための改良工事を実施、天ガス混焼運転を開始した。なお、天然ガスは北海道産エネルギーである勇払天然ガスを使用しており、石油資源開発と売買契約を締結、同社敷設のパイプラインにて供給を受けている[1]

同じ敷地内に苫小牧共同火力発電所があり、両発電所とも北海道パワーエンジニアリングが運営管理を行っている[2]

北本連系線の30万㎾増強(2019年3月運転開始)や、石狩湾新港発電所1号機運転開始(2019年2月)により、需給のひっ迫が緩和されることに伴い、2019年2月に緊急設置電源は廃止される予定である。[3]

その後需要の低迷で、廃止が1年半前倒しされることになった。[4]

発電設備編集

1号機[5]
定格出力:25万kW
使用燃料:重油原油天然ガス
営業運転開始:1973年(昭和48年)11月
天然ガス混焼開始:2009年(平成21年)11月17日

緊急設置電源編集

2012年夏の需給対策として、緊急設置電源を導入することを発表し、7月16日に運転を開始した[6]2017年10月で廃止。[4]

  • 総出力:7万4,380kW
2号ディーゼル~83号ディーゼル(緊急設置電源)
発電方式:ディーゼル発電方式(内燃力発電
定格出力
 1,030kW × 26台 (リース) ※2~27号
  850kW × 56台 (リース) ※28~83号
使用燃料:軽油
熱効率
 35.8%(低位発熱量基準) ※2~27号
 35.1%(低位発熱量基準) ※28~83号
営業運転開始:2012年7月16日
廃止予定:2017年10月

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集