苻 登(ふ とう)は、五胡十六国時代前秦の第5代皇帝は文高。父は前秦の潁川王苻敞。兄は苻同成。前秦の宗室だが傍流であり、3代君主苻堅の族孫(同族の孫の世代[1])にあたる。

高帝 苻登
前秦
第5代皇帝
王朝 前秦
在位期間 386年 - 394年
姓・諱 苻登
文高
諡号 高皇帝
廟号 太宗
生年 343年
没年 394年
苻敞
后妃 毛氏
年号 太安386年 - 394年

生涯編集

前秦の動乱編集

父の苻敞は苻健の時期に高官を歴任していたが、苻生の時期に怒りを買って誅殺された。だが、苻堅が帝位に即くとその名誉は回復され、兄の苻同成が家督を継いだ。苻登は成長すると仕官し、始め殿上将軍に任じられた。次いで羽林監・揚武將軍・長安県令に転任となり、前秦の禁軍(近衛兵)を統率した。だが、やがて近親者が罪を犯した事により、連座して狄道県長へ左遷された。

383年、苻堅は大々的に東晋征伐を敢行し、総勢100万を超すともいわれる兵力を動員して建康に迫ったが、淝水の戦いで歴史的大敗を喫してしまった。これにより前秦に服属していた諸部族の謀反を引き起こしてしまい、関中もまた大混乱に陥った。これを受けて苻登は任地である狄道を離れ、枹罕を統治する前秦の河州刺史毛興の下へ身を寄せた。当時枹罕には前秦の建国者であった族の大集団が移住しており、隴上に割拠する姚碩徳後秦君主姚萇の弟)の勢力と長期に渡って対峙していた。また兄の苻同成は毛興の長史(参謀役)を務めており、彼は苻登を司馬(属官)に任じ、陣営に常駐させるよう毛興へ頼んだ。この要求は認められ、苻登は毛興に仕える事となった。

385年8月、苻堅が姚萇に処刑された事を受け、苻堅の庶子であった苻丕が遠く晋陽の地にて皇帝に即位した。翌386年1月、毛興は前秦の益州王広秦州王統と内紛を起こし、4月には王広の軍を攻撃して秦州へ敗走させた。さらに王統の守る上邽への侵攻を目論んだが、枹罕にいる氐の諸部族はみな相次ぐ戦役に嫌気が差し、政変を起こして毛興を殺害し、代わりに氐の豪族である衛平を使持節・安西将軍・河州刺史に立てた。

諸氐族の盟主へ編集

同年7月、枹罕の氐の諸部族は、既に老齢の衛平が盟主のままでは領土を保つのは難しいと考え、これを廃立し新たな盟主を立てる事を議論した。彼の一族は強盛でありなかなか実行には移せなかったが、氐人の啖青という人物が一計を案じ、七夕に大宴会を催して衛平を誘い出すと、啖青は衛平の目の前で剣を抜き、「今、天下は大乱であり、我らは苦楽を共にしている。しかし、賢主でなければこの大事を乗り切る事は出来ぬ。衛公は老いている故、賢路を通す為に初服(昔の地位)に戻るのだ。狄道県長の苻登は、王室の傍系といえども志略は雄明である。共にこれを立て、大駕(皇帝の苻丕)の下へ赴こうではないか。諸君の中で異論がある者は申し出よ」と宣言した。こうして苻登は新たな盟主として推戴され、使持節・都督隴右諸軍事・撫軍大将軍・雍河二州牧・略陽公の地位を授けられた。

これより苻登は枹罕の諸部族の統率を担う立場となり、同月より5万の衆を率いて隴山を東下し、南安へ侵攻してこれを攻略し、胡人・漢人問わず3万戸を帰順させた。苻登はさらに姚碩徳の守る秦州へ侵攻すると、さらに自ら救援に訪れた後秦の君主の姚萇の親征軍を返り討ちにし、姚萇を負傷させると共に後秦軍2万人余りを戦死させた。

皇帝に即位編集

同月、前秦皇帝の苻丕は西燕に敗れて逃走する最中、東晋の揚威将軍馮該の攻撃を受けて戦死してしまった。苻丕の息子である勃海王苻懿・済北王苻昶は当時杏城にいたが、前秦の尚書寇遺は彼らを伴い、杏城を脱出して南安へ逃れてきた。この時、苻登は苻丕の死について報告を受けると喪を発し、苻丕に対して哀平皇帝の諡号を贈った。また、苻登は苻懿を主君に立てようと考えていたが、群臣はみな苻懿が幼少である事を理由に苻登自らが後を継ぐよう請うた。苻登はこれを受け入れ、隴東において祭壇を設けると皇帝に即位した。

皇帝に即位した苻登は、領内に大赦を下して太初と改元し、百官を置いて朝廷としての機構を整えた。この年は旱害により大々的に飢饉が発生していたが、苻登は戦闘による後秦軍の兵卒の死体を「熟食」と名付け、士衆にこれを喰らって飢えを凌ぐよう命じた。また12月には軍中にて苻堅の神像を造らせ、さらに5万の兵を動員して大々的な後秦への征伐を計画すると、苻堅の神像に対し涙を流して後秦への復讐を誓い、将士のうちにこれを聞いて悲慟しない者はなかったという。将士はみな矛と鎧に『死休(死して休まん。死ぬその時まで決して休まない事の決意表明)』の字を刻み、戦場で死さんとする決死の覚悟を示した。これらにより兵はみな高い士気を以て、命を顧みず奮戦した。

12月には元前秦の将軍であり、後秦に一時帰順していた徐嵩胡空らの守る砦を改めて前秦に帰順させ、徐嵩を鎮軍将軍・雍州刺史に任じ、胡空を輔国将軍・京兆尹に任じた。翌387年1月、妃の毛氏(毛興の娘)を皇后に立て、勃海王苻懿(苻丕の子)を皇太弟に立てた。また、苻丕の残兵を纏め上げて杏城に割拠していた苻纂を使持節・侍中・都督中外諸軍事・太師・大司馬に任じて魯王に進封し、苻纂の弟の苻師奴を撫軍大将軍・并州牧に任じて朔方公に封じた。苻纂は苻懿を差し置いて苻登自ら帝位を継いだ事に不満を抱いていたが、止む無くその命を受けた。これにより貳県に割拠する盧水胡の彭沛穀、屠各(匈奴の一種族)の董成張龍世、新平羌の雷悪地らもまたみな苻纂に呼応して前秦へ帰順し、その数は10万を超えた。同年9月には新平との境界にある胡空堡まで進出し、胡人・漢人問わず10万余りを帰順させた。

後秦への圧迫編集

388年2月、苻登が安定郡の朝那まで迫ると、姚萇もまた武都郡(安定との境界にある)まで軍を動かした。春になると両軍は幾度も戦いを繰り返すようになり、一進一退の攻防を繰り広げた。次第に軍中の兵糧が底をつくようになると、苻登は桑の実を集めて兵士に与えて飢えを凌いだ。7月には前秦軍と後秦軍は停戦し、共に軍を退却させた。かつて関中の豪族はみな、苻氏の勢力がすでに衰亡しており、姚萇が雄略にして命世の才を持っている事から、天下の事業は後秦の下にすぐに定まると思っていた。だが、姚萇は既に苻登と数年に渡って相対し、幾度も敗戦を喫していたので、遠近の人は次第に去就をどうすべきか迷うようになり、この頃になると前秦に就く者も増えていた。この間の5月には皇太弟の苻懿が没しており、その後苻登は新たに子の苻崇を皇太子に立て、また苻弁を南安王に、苻尚を北海王にそれぞれ封じた。

10月、姚萇が安定に帰還すると、苻登は新平において食料を確保し、大軍を胡空堡に留めた上で、1万余りの騎兵を率いて姚萇の陣営を包囲した。この時、四方の軍より泣き声を発させ、後秦軍に精神的な揺さぶりを掛けると、姚萇はこれを嫌って陣中の将兵にもこれに呼応して哭くよう命じたという。やがて苻登は包囲を解き、軍を退却させた。苻登はこれ以降も姚萇の勢力と幾度か交戦したが、いずれも勝利を収めた。12月には、兄の潁川王苻同成を太尉に任じた。

389年1月、苻登に度重なる敗北を喫していた姚萇は、自らも苻登同様に苻堅の像を造らせて勝利の祈祷を実行した。これを知った苻登は楼に登ると、遠くの姚萇へ向けて「古より今に至るまで、臣下が主君を弑し、その神像を立てて福を求めた事があっただろうか。これでどうして益がもたらされると思うか!」と述べ、さらに大声で「弑君の賊である姚萇はどうして出てこない!我と汝で決しようぞ!」と呼びかけたが、姚萇は応じなかった。だがこれ以降も戦況は後秦有利にはならず、軍中でも毎夜のように変事が起こったので、姚萇はついには像の首を切り落として、苻登の下へと送りつけてしまった。同月、苻登は軍を進めて弥姐の陣営や繁川の諸々の堡を攻め、これら陥落させた。

敗戦と立て直し編集

2月、苻登は安定郡の大界に輜重を留めると、自ら1万余りの軽騎兵を率いて安定に割拠する羌族の密造堡を攻め、これを破った。また5月、姚萇は中軍将軍姚崇に命じて大界の輜重を襲撃させが、苻登は安丘において敵の行軍を遮断し、大勝を挙げて2万5千の兵を討ち取るか捕縛した。7月、苻登は平涼に進んで後秦の右将軍呉忠唐匡らを攻め、これを攻略した。そして8月、苻登は苟頭原へ進出し、安定城に迫った。だが、姚萇は尚書令姚旻に安定の守りを委ねると、夜闇に乗じて自ら3万の兵を率いて出撃し、輜重を置いている大界を奇襲してこれを攻め落とした。これにより苻登の皇后毛氏・子の苻尚が殺害され、数十人の将を捕らえられ、男女5万人余りを略奪された。苻登は残兵をかき集めて胡空堡まで後退を余儀なくされた。

10月、苻登は竇衝・楊定・楊璧ら各地の諸勢力に使者を派遣して官職への任官の書状を贈り、後秦打倒の決意を改めて表明した。そして竇衝を前鋒として繁川から長安へ赴くよう命じ、楊定には隴上の諸軍を率いて苻登自らが率いる軍の後継となるよう命じ、楊璧には仇池を守るよう命じた。また、監河西諸軍事・并州刺史楊政、都督河東諸軍事・冀州刺史楊楷にも各々衆を率いて長安に集結する事を命じた。

12月、後秦の安定城を守っていた東門将軍任瓫宗度よろ、苻登自らが赴けば呼応して門を開けるとの偽りの降伏の申し出が届いた。苻登は最初これを信用して安定城に赴こうとしたが、征東将軍雷悪地の「後秦軍には計略が多く信用ならない」との諫言によりこれを取りやめた。しかしその一方で、苻登はかねてより雷悪地の人並み外れた勇略を警戒しており、災いを恐れた雷悪地は後秦に帰順してしまった。

後秦の反撃編集

391年3月、苻登は自ら雍城を出撃し、後秦の安東将軍金栄の守る范氏堡を攻め降した。さらには渭水を渡って後秦の京兆郡太守韋範の守る段氏堡を攻めたが、撃退された。その後、苻登は曲牢へ進んで駐屯した。

4月、苟曜は1万の衆を従えて逆方堡に拠っていたが、密かに苻登へ寝返ろうと考え、使者を派遣して内応する事を約束した。これを受け、苻登は自ら曲牢より繁川へ進出し、馬頭原に屯営した。5月、姚萇より攻撃されたが苻登は返り討ちにし、後秦の右将軍呉忠を討ち取った。だが、姚萇は敗残兵をかき集めて再び決戦を挑むと、苻登は大敗を喫して郿まで後退した。

同月、前秦の兗州刺史強金槌は新平に拠っていたが、後秦に降伏した。

7月、苻登は新平へ侵攻したが、姚萇が救援に到来すると退却した。

12月、苻登は安定へ侵攻したが、安定城の東で姚萇軍に敗れて路承堡まで退却した。

3月より姚萇は病床に伏せるようになり、同年7月には苻登の下にもこの情報が届いた。苻登は大いに喜び、兵馬を整えて出征の準備を行うと共に、苻堅の神像へ「孫である登は自ら任を受けてを執り、やがて一紀を迎えようとしております。未だ上天より福を賜っておりませんが、陛下より憐れみを賜った事で、至る所で必ず勝利を挙げ、賊旅(賊軍)は打ち砕かれんとしております。今、太皇帝の霊は災厄を逆羌に降され、我ら一族を推そうとしております。醜虜は必ずや振るわなくなりましょう。この登はその隕斃に当たり、天誅を順行し、梓宮(天子の陵墓)を拯復し、清廟に謝罪いたします」と報告し、大赦を下して、百官を二等進位させた。

同月、清水において後秦の姚崇と麦の収穫を争ったが、得る事が出来なかった。

その後、再び安定へ進出し、城から90里の地点に布陣した。

8月、姚萇は小康状態まで回復すると、自ら出撃して前秦軍を阻んだ。苻登もまた陣営より出てこれを迎え撃ったが、姚萇は安南将軍姚熙隆に別動隊を与えて前秦の陣営を奇襲したので、苻登は恐れて退却した。その後、姚萇は夜の内に兵を陣営の傍らより出し、密かに移動して苻登の陣営の後方30里余りの地点に布陣し、その背後を取った。夜が明けて苻登の斥候が「賊の諸営は既に空です。どこに向かったかも分かりません」と告げると、苻登は驚いて「奴は何者なのだ。去る時も我に知られず、来る時も我に覚られなかった。死に瀕していると言うのに、忽然と現れる。どうして朕とこの羌を同世に生み、このように苦しめるのか!」と嘆いたという。遂に苻登は攻勢を中止して雍まで退却した。姚萇もまた安定に帰還した。

竇衝の離反編集

10月、関中にいる巴蜀からの流民はみな後秦に背き、弘農に拠って前秦に帰順した。

同月、苻登は竇衝を左丞相に任じた。

同月、竇衝は華陰へ拠点を移したが、東晋の河南郡太守楊佺期より湖城において攻撃を受け、退却した。

393年5月、竇衝は自らの功績を誇り、天水王に封じるよう請うたが、苻登は認めなかった。6月、竇衝は自ら秦王を自称し、前秦から離反した。

7月、苻登は野人堡に割拠する竇衝を攻撃すると、竇衝は後秦に救援を要請した。姚萇はこれに従い、皇太子姚興を派遣して苻登の本営である胡空堡を攻撃させた。これを聞いた苻登は竇衝の包囲を解いて軍を戻したが、姚興は平涼を急襲して大いに略奪してから帰還した。これ以降、竇衝は遂に後秦と結託するようになった。

廃橋の戦い編集

同年12月、後秦君主姚萇がこの世を去り、姚興が後を継いだ。

394年春、苻登は姚萇の死を聞き、喜んで「姚興は小児に過ぎん。我の杖を折り、これをとして使うとしよう(姚興を笞罪に処す事を指す)」と語り、領内に大赦を下した。そして軍勢を総動員して東へ向かうと、司徒・安成王苻広に雍を守らせ、太子苻崇に胡空堡を守らせ、金城王乞伏乾帰を左丞相・河南王・秦梁益涼沙五州牧とし、九錫を加えた。

2月、苻登は屠各の姚奴堡・帛蒲堡に攻め込み、これを陥落させた。さらに甘泉より関中へと進出した。姚興はこれを追撃したが、数十里及ばなかった。

夏、苻登は六陌から廃橋(現在の陝西省咸陽市興平市)へ進出すると、後秦の始平郡太守姚詳は馬嵬堡に籠ってこれを拒んだ。姚興は尹緯を姚詳救援に向かわせ、尹緯は廃橋において前秦軍を待ち受けた。苻登は水を得ようとしたが尹緯に阻まれ、渇死する者が10人のうち分の2・3に及んだ。その為、急いで尹緯を討とうと考え、大規模な会戦を行うも大敗を喫してしまった。その夜、前秦の衆は離散してしまい、苻登は止む無く単騎で雍へ逃走した。

最期編集

苻広・苻崇は廃橋での敗戦を聞き、みな城を放棄して逃走してしまった。その為、苻登は帰還を果たすも身を寄せる場所が無くなってしまい、さらに平涼へと落ち延びた。そして敗残兵を収集すると、馬毛山に入った。

6月、苻登は子の汝陰王苻宗を人質として西秦君主乞伏乾帰(前秦の河南王でもある)の下へ送り、乞伏乾帰を梁王に進封し、妹を嫁がせる事を条件に、救援を要請した。乞伏乾帰はこれに応じ、前軍将軍乞伏益州(乞伏乾帰の弟)らに1万[2]の騎兵を与え、救援を命じた。

7月、苻登は軍を率いて乞伏益州の軍勢を出迎えようとしたが、姚興は安定より涇陽へ向かい、馬毛山の南において苻登軍を攻撃した。苻登は敗北を喫して捕らえられ、殺害された。在位9年、享年52であった。

皇后李氏は姚晃に与えられ、苻登の兵はみな農民とされ、陰密の民3万戸は長安へ移された。乞伏益州らはこれを聞いて軍を退却させた。

苻登の死を聞いた皇太子苻崇は逃亡先の湟中において帝位に即いた。苻登へ高皇帝という諡号を贈り、廟号を太宗とした。

苻崇は乞伏乾帰により逼迫され、同年の内に遂に後仇池へ亡命するも、乞伏乾帰に敗れて戦死した。こうして前秦は滅亡した。

人物編集

幼い頃より雄勇で意気盛んであり、度量はずば抜けており、奇略を好んだ。ただその一方、粗豪で何をしでかすか分からず、また細行を蔑ろにしていたので、苻堅からは重んじられなかった。だが、成長すると素行を改め、慎み深く温厚となり、しきりに書物を読み漁るようになった。

かつて兄の苻同成はいつも彼へ「汝は聞いたことがあろう。『不在其位、不謀其政(その位に在らざれば、その政を謀らず』と。いつも時事に関わろうとしているが、これは識者が許す所ではない。我は汝を嫌っているからこのような事を言うのではなく、濫りに関与しているのを喜んでいない者がいる事を恐れているのだ。自制するのだ。汝は後に政事を預かるようになるであろう。それから自らの考えを貫けばよいのだ」と戒めていた。これを聞いた人は、苻同成が苻登を妬んでいるから抑えつけようとしていると考えた。だが、当の苻登はこれを聞き入れ、次第に身を慎んで濫りに交友しなくなったという。

毛興は死に際し、苻同成へ「卿と共に連年に渡り逆羌(後秦)を撃ってきたが、事が成し得ぬままに終わる事になった。しかしこれを恨む事などない!後事は卿の小弟の司馬(苻登)に託すように。碩徳(姚碩徳)を滅するのは、必ずやこやつであろう。卿は代わって司馬の職務に就くように」と言い残した。

宗室編集

妻妾編集

  • 皇后毛氏(毛興の娘)
  • 皇后李氏

編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 但し、苻登自身は自らを苻堅の曾孫と称している
  2. ^ 『晋書』では2万とある