苻 菁(ふ せい、? - 355年)は、五胡十六国時代前秦皇族。初代皇帝苻健の甥(長兄の子)にあたる。兄に苻黄眉、弟に苻重苻洛らがいる。

生涯編集

祖父の蒲洪後趙に仕え、族を束ねて枋頭に勢力を築いていた。

350年3月、蒲洪改め苻洪が亡くなると叔父の苻健が後を継ぎ、苻菁は揚武将軍に任じられた。

8月、京兆豪族杜洪長安に拠って東晋の征北将軍・雍州刺史を自称すると、漢人胡人問わず多くの者がこれに帰順した。苻健は関中の平定を目論んで全軍を挙げて西進すると、苻雄と共に潼関へ進み、苻菁は別動隊を率いて軹関より河東に入った。出発する際、苻健は苻菁の手をとると「もし勝利出来なくば、汝は河北で死に、我は河南で死に、再び相見える事は無いであろう」と告げた。苻菁は河を渡ると橋を焼き払い、転戦して進んだ。苻菁の侵攻により、城砦は次々と降伏した。杜洪は大いに恐れ、長安を固く守った。9月、苻菁が渭北に進むと、杜洪は征虜将軍張先(張琚の弟)に迎え撃たせたが、陰盤においてこれを撃破し、張先を捕らえた。さらに渭北諸城を攻略し、その尽くを降伏させた。これにより、三輔の郡県は尽くが苻健の傘下に入った。11月、前秦軍は長安に入城を果たした。

351年1月、苻健が天王・大単于の位に即くと、国号を大秦と定めて東晋から自立した(前秦の成立)。苻菁はこれまでの功績により、衛大将軍に任じられ、平昌公に封じられた。また、二宮の宿衛を任せられた。352年1月、苻健が帝位に即くと、平昌王に進封された。

5月、東晋の豫州刺史謝尚并州刺史姚襄が前秦の征東大将軍張遇の守る許昌へ侵攻すると、苻菁は苻雄と共に関東の地を攻略し、同時に歩騎2万を率いて張遇救援に向かった。潁水の誡橋において東晋軍と交戦となったが、苻菁らは大勝を挙げ、1万5千の兵を討ち取った。さらに、勝ちに乗じて進撃して東晋軍の砦門に到達すると、大半の兵を殺傷し、謝尚らを淮南へ敗走させた。

353年2月、前涼君主張重華は征虜将軍王擢と将軍張弘宋脩に1万5千の騎兵を与え、前秦へ侵攻させた。苻菁は苻雄と共に龍黎においてこれを返り討ちにし、1万2千の首級を挙げ、張弘・宋脩を捕らえて長安へ送った。王擢は秦州を放棄して姑臧に撤退した。

6月、苻飛仇池の氐王楊初に敗れると、苻菁は苻雄と共に歩騎4万を率いて隴東に駐屯した。9月、苻雄と共に長安に帰還すると、苻菁は上洛郡へ侵攻してこれを攻略した。

354年2月、東晋の征西大将軍桓温が長安攻略を目指して北伐を敢行し、歩騎併せて4万を率いて江陵を出発した。3月、桓温が上洛・青泥を陥落させると、苻菁は苻萇・苻雄・苻生苻碩らと共に5万の兵を率いて迎撃に向かい、嶢柳・愁思堆に駐屯した。4月、前秦軍は藍田において桓温と交戦となったが、桓温に大敗を喫した。これにより長安城南へ後退し、守備を固めて桓温の侵攻を阻んだ。6月、桓温は兵糧不足により撤退を開始すると、苻菁らは桓温を追撃し、潼関において幾度も破り、数万を討ち取った。

7月、桓温撃退の功績により、苻菁は司空に任じられた。355年4月、太尉尚書令に任じられた。

6月、苻健は病床に伏せるようになると、苻菁は兵を率いて東宮に入り、苻生を殺して自立を図ろうとした。この時、苻生は西宮において看病に当たっていたので、これを見た苻菁は既に苻健が死んだものと考え、東掖門を攻撃した。苻健は変事を聞くと、端門に登って兵を成立させて自衛した。苻菁の兵は苻健を見ると大いに恐れ、みな武器を捨てて逃散してしまった。これにより苻菁は捕らえられ、罪状を数え上げてから処刑された。

参考文献編集