メインメニューを開く

范 文虎(はん ぶんこ、? - 1301年)は、南宋に仕えた政治家、軍人。南宋の宰相賈似道の娘婿にあたる。同時に范友信の従父でもある。

生涯編集

当初は南宋の武将として夏貴とともに、元と対峙する戦争に従事していた。1273年襄陽包囲戦では援軍を率いて呂文煥が籠城する襄陽救援に向かうも大敗した。その後、元に投降した(間もなく岳父の賈似道は福建に左遷され、亡父に関して恨みがあった鄭虎臣によって殺害された)。その後、1275年の2月壬寅朔にバヤンの推薦もあって、両浙大都督に任じられ、その従子の范友信も知安慶府事に任命された。

1279年(日本の弘安2年・元の至元16年)、すでに元の使節の杜世忠らが日本大宰府から竜ノ口に護送され、そこで斬首に処されたとの情報を得ないまま、世祖クビライに進言して、周福欒忠らを推薦した。だが、周福・欒忠ら全員も執権北条時宗によって大宰府で斬首に処されたのである(総計、5名という説が有力)。

激怒したクビライの厳命で1281年弘安4年)、元寇弘安の役の際に、江南軍司令官として3500隻、10万人の大船団を率いて現在の浙江省寧波を出発し日本に来襲した。しかし、将校の万戸・厲徳彪、招討・王国佐、水手総管・陸文政らは博多湾元寇防塁付近にいる元の司令官(日本行省右丞相)の阿剌罕(アラカン)らが高麗金州から忻都(キントゥ)・洪茶丘らが率いる東路軍と合流したあとの重要な軍議に出席せずに勝手に帰還したため、残った范文虎の立場は微妙になった。

間もなく台風が襲撃して、元の大船団は多くが沈没、破損、座礁した。そのため日本軍が繰り返し襲撃してきたため元軍は大きな損害を出し、慌てた范文虎は生き残った手勢を見捨てて、わずかの腹心とともに逸早く帰国した。1284年に中書左丞を経て、知枢密院事を歴任した。

しかし、クビライの逝去を経て、1301年に生き残って帰還することができたわずかの将兵が、自分たちを放置して勝手に帰還した范文虎をはじめ、将校の厲徳彪、王国佐、陸文政らの罪状を告訴した。このことを耳にしたクビライの孫の成宗(テムル)は激怒し、皇后ブルガンとともに厳命して徹底的な調査をさせた揚句に、范文虎らが白状したため、范文虎は妻の賈氏と側室の陳氏をはじめ家族とともに斬首に処された。同時に厲徳彪、王国佐、陸文政らも自分たちだけではなく、一家も皆殺しの刑に処された。

資料伝記編集

  • 宋史』 列伝第二百三十三 姦臣四 – 賈似道伝
  • 新元史』 本紀