メインメニューを開く

茗荷谷駅

日本の東京都文京区にある東京地下鉄の駅

茗荷谷駅(みょうがだにえき)は、東京都文京区小日向四丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線である。駅番号M 23。 当駅の後楽園方向には、小石川CRがある。

茗荷谷駅
1番出口と春日通り方面改札口 (2019年1月5日撮影)
1番出口と春日通り方面改札口
(2019年1月5日撮影)
みょうがだに
Myogadani
M 22 後楽園 (1.8km)
(1.2km) 新大塚 M 24
所在地 東京都文京区小日向四丁目6-15
駅番号 M23[1]
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 [1]丸ノ内線
キロ程 3.0km(池袋起点)
電報略号 タニ
駅構造地上、半地下駅 正式:地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
79,328人/日
-2018年-
開業年月日 1954年昭和29年)1月20日
テンプレートを表示

歴史編集

  • 1954年昭和29年)1月20日 - 開業。
  • 1993年平成5年)3月 - ホーム拡幅と階段増設および駅舎改築(駅ビル新設)を行う駅改良工事に着手[2]
  • 1997年(平成9年)12月25日 - 駅ビル1階部分(改札口)供用開始[3]
  • 1998年(平成10年)5月1日 - 営団地下鉄で8番目となるオフィスビル「茗荷谷駅MFビル」が完成し、駅改良工事が終了。総工費約42億1000万円、延床面積10.028㎡[2][4]
  • 1998年(平成10年)5月1日 - 茗荷谷駅MFビルの賃貸借開始。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 帝都高速度交通営団(営団地下鉄)民営化に伴い、当駅は東京地下鉄(東京メトロ)に継承される。

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する地下駅。ホームは地下鉄のトンネル出口に隣接して建設されており、当駅 - 後楽園駅間が地上線となる。ホームの一部は地上部にある。改札口も地上部に立地する。駅舎は全体がオフィスビル「茗荷谷駅MFビル」となっており、地上8階地下1階構造で、駅としては地上1階と地下1階を使用している。駅南方の地上には留置線と車両修繕工場が併設されている。当駅は地形の問題から地下鉄の駅では珍しい半地下半地上となっている

1993年から1998年にかけて駅改良工事が行われ、駅ビルの新設やホームの拡幅(大手町方面が6.0mから6.99mに、池袋方面が6.0mから6.39mに)が行われた。

のりば編集

番線 路線 行先
1   丸ノ内線 後楽園大手町東京銀座新宿荻窪方面
2 新大塚池袋方面

利用状況編集

2018年(平成30年)度の1日平均乗降人員79,328人であり[5]、東京メトロ全130駅中57位。他線と接続しない丸ノ内線の単独駅では西新宿駅についで二番目に乗降人員が多い。

近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下表の通りである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[6]
年度 1日平均
乗降人員[7]
1日平均
乗車人員[8]
出典
1956年(昭和31年) 9,330 [* 1]
1957年(昭和32年) 13,637 [* 2]
1958年(昭和33年) 15,338 [* 3]
1959年(昭和34年) 16,361 [* 4]
1960年(昭和35年) 16,756 [* 5]
1961年(昭和36年) 17,593 [* 6]
1962年(昭和37年) 18,916 [* 7]
1963年(昭和38年) 23,752 [* 8]
1964年(昭和39年) 23,232 [* 9]
1965年(昭和40年) 30,196 [* 10]
1966年(昭和41年) 32,422 [* 11]
1967年(昭和42年) 65,182 32,835 [* 12]
1968年(昭和43年) 73,815 36,054 [* 13]
1969年(昭和44年) 73,408 36,734 [* 14]
1970年(昭和45年) 77,579 38,426 [* 15]
1971年(昭和46年) 80,229 39,938 [* 16]
1972年(昭和47年) 82,315 41,544 [* 17]
1973年(昭和48年) 80,849 40,976 [* 18]
1974年(昭和49年) 81,389 41,107 [* 19]
1975年(昭和50年) 70,261 34,791 [* 20]
1976年(昭和51年) 68,426 34,377 [* 21]
1977年(昭和52年) 65,375 33,167 [* 22]
1978年(昭和53年) 61,772 30,912 [* 23]
1979年(昭和54年) 62,049 30,693 [* 24]
1980年(昭和55年) 61,501 30,728 [* 25]
1981年(昭和56年) 62,384 31,002 [* 26]
1982年(昭和57年) 61,109 30,314 [* 27]
1983年(昭和58年) 59,873 30,204 [* 28]
1984年(昭和59年) 61,641 30,540 [* 29]
1985年(昭和60年) 61,727 30,772 [* 30]
1986年(昭和61年) 62,039 31,244 [* 31]
1987年(昭和62年) 62,050 31,286 [* 32]
1988年(昭和63年) 63,361 31,722 [* 33]
1989年(平成元年) 64,771 32,215 [* 34]
1990年(平成02年) 66,888 32,686 [* 35]
1991年(平成03年) 68,877 32,516 [* 36]
1992年(平成04年) 68,342 33,093 [* 37]
1993年(平成05年) 66,844 33,181 [* 38]
1994年(平成06年) 66,371 32,959 [* 39]
1995年(平成07年) 65,154 32,746 [* 40]
1996年(平成08年) 64,480 32,389 [* 41]
1997年(平成09年) 62,802 31,674 [* 42]
1998年(平成10年) 63,082 32,074 [* 43]
1999年(平成11年) 61,741 31,210 [* 44]
2000年(平成12年) 61,551 31,063 [* 45]
2001年(平成13年) 62,436 31,476 [* 46]
2002年(平成14年) 64,511 31,804 [* 47]
2003年(平成15年) 63,627 31,380 [* 48]
2004年(平成16年) 61,333 30,581 [* 49]
2005年(平成17年) 60,881 30,238 [* 50]
2006年(平成18年) 60,986 30,290 [* 51]
2007年(平成19年) 62,438 31,128 [* 52]
2008年(平成20年) 63,386 31,625 [* 53]
2009年(平成21年) 65,479 32,707 [* 54]
2010年(平成22年) 65,898 32,928 [* 55]
2011年(平成23年) 66,404 33,320 [* 56]
2012年(平成24年) 69,497 34,562 [* 57]
2013年(平成25年) 70,890 35,328 [* 58]
2014年(平成26年) 70,584 35,122 [* 59]
2015年(平成27年) 76,033 37,828 [* 60]
2016年(平成28年) 77,552 38,584 [* 61]
2017年(平成29年) 79,409 39,515 [* 62]
2018年(平成30年) 79,328

駅周辺編集

このほか、窪町小学校の向かいに都営バス巣鴨営業所大塚支所(旧・大塚自動車営業所)が存在していたが、2015年3月29日に閉所となった。

バス路線編集

茗荷谷駅前(拓殖大学前)停留所

都営バス

《北西方向》

 都02 

 都02乙 

《南東方向》

 都02 

 都02乙 

茗荷谷駅 停留所

文京区コミュニテイバス Bーぐる (循環バス) (運行は日立自動車交通に委託)

 目白台小日向ルート 

駅名の由来編集

駅名はかつての茗荷谷町に由来する。なお、駅が所在する一帯は住居表示実施後は小日向となっている。中川浩一によれば、駅名は当初「清水谷」と仮称されていたという[9]

その他編集

1995年7月に池袋駅構内での分岐器交換工事が実施された際には、池袋駅 - 新大塚駅間が運休となり、荻窪方面からの電車は渡り線2番線に入線し、そのまま2番線から折り返し発車をするという形状をとっていた。ちなみに1番線は当駅 - 新大塚駅間の区間電車の発着ホームとして使用していた[10]。なお、当時は駅ビルの完成を控えていたため、2番線ホームと1番線ホームとの間は新設の階段を使って対応していた。

丸ノ内線の各駅では発車メロディが使用されているが、近隣住民からの苦情による使用中止(車外メロディ・発車メロディ共に)の後、2009年12月21日より早朝・深夜(22:00 - 翌日7:30)を除いて営団時代からの発車ブザーの使用を再開した(早朝・深夜は省略)[11]。以来、当駅は丸ノ内線で唯一の営団ブザー常時使用駅となっている[12]

改札鋏こん編集

改札鋏こんとは、乗客の切符を改めて印として切り込みを入れることで、各駅ごとに鋏の型を変えていた。営団地下鉄では自動改札機が本格的に導入される1990年代まで使用されていた。茗荷谷駅の鋏の型は、凸型であった。

ギャラリー編集

隣の駅編集

東京地下鉄(東京メトロ)
  丸ノ内線
後楽園駅 (M 22) - 茗荷谷駅 (M 23) - 新大塚駅 (M 24)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年05月26日閲覧)
  2. ^ a b 帝都高速度交通営団史』東京地下鉄株式会社、2004年12月、237-238頁。
  3. ^ 鉄道ピクトリアル』第48巻第4号、電気車研究会、1998年4月、 82頁。
  4. ^ 帝都高速度交通営団史』東京地下鉄株式会社、2004年12月、618頁。
  5. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  6. ^ 文京の統計 - 文京区
  7. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  8. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  9. ^ 鉄道ピクトリアル臨時増刊号「特集・東京地下鉄」』第55巻第3号、電気車研究会、2005年3月、 136-137頁。
  10. ^ 帝都高速度交通営団史』東京地下鉄株式会社、2004年12月、245-246頁。
  11. ^ “(各駅停話)茗荷谷駅 発車の曲鳴らさぬ地上駅”. 朝日新聞. (2018年10月15日). オリジナルの2019年1月25日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/d4uS0 2019年1月25日閲覧。 
  12. ^ 営団ブザー自体は新宿、池袋でもラッシュ時限定で扱われる。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集