メインメニューを開く

茨城県立歴史館(いばらきけんりつれきしかん)は茨城県による県立文化施設である。1974年昭和49年)9月3日設立[3]文書館部門と博物館部門からなる[6]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 茨城県立歴史館
Ibaraki Prefectural Museum of History
Main-building-of-ibaraki-prefectural-museum-of-history.jpeg
茨城県立歴史館 本館 玄関前
施設情報
正式名称 茨城県立歴史館[1]
専門分野 茨城県歴史
収蔵作品数 398,886点[2]
来館者数 93,976人(2007年度)[2]
館長 人見實德
研究職員 29人[3]
事業主体 茨城県教育委員会
管理運営 公益財団法人茨城県教育財団(管理委託)
年運営費 496,400,090円(2010年度指定管理料)[4]
建物設計 森京介建築事務所[5] 庭園設計 = 伊藤邦衛
延床面積 8,438m2[3]
開館 1974年9月3日[3]
所在地 310-0034
茨城県水戸市緑町二丁目1-15
位置 北緯36度22分44.8秒 東経140度26分59.8秒 / 北緯36.379111度 東経140.449944度 / 36.379111; 140.449944座標: 北緯36度22分44.8秒 東経140度26分59.8秒 / 北緯36.379111度 東経140.449944度 / 36.379111; 140.449944
アクセス 茨城交通バス「歴史館偕楽園入口」下車、徒歩2分
外部リンク 茨城県立歴史館
プロジェクト:GLAM
表札
旧水海道小学校本館
旧水戸農業高等学校本館

目次

概要編集

茨城県の歴史についての「公共博物館」と「文書館」の機能を合わせ持つ施設として1973年(昭和48年)に茨城県庁において準備組織が設置、翌1974年(昭和49年)に開館した。旧茨城県立水戸農業高等学校の敷地に建設され、「旧水戸農業高等学校本館」が敷地内で保存されている[7]

茨城県の歴史に関連する資料を収集、整理、保存するとともに一般の利用者に提供し、各種展示事業を展開している。一橋徳川家からの寄贈を受けた資料美術品工芸品等多数の蔵書や品々をもとに一橋家記念室等も開設されている。偕楽園の北隣に位置するものの、利用者は比較的少なく、その存在すら知らない人もいるが、『茨城108景をめぐる』では「規模の大きさ、展示物の豊富さからすると一度見ておく価値は十分にある」と評している[8]

  • 所在地: 〒310-0034 茨城県水戸市緑町2-1-15
収蔵資料数[2]

旧水海道小学校本館編集

旧水海道小学校本館は、茨城県常総市から茨城県立歴史館に移築された擬洋風建築[7]。茨城県指定文化財である[8](登録名称:水海道小学校玄関、茨城県指定有形文化財(建築物)1958年(昭和33年)3月12日指定[9])。水海道の豪商達の寄付5千などを建設資金とし、羽田美智子の義理の高祖父(彼女の5代前)である宮大工の羽田甚藏によって設計・施工され、1881年(明治14年)に建設された[10]。当時は近隣の村々から子ども親戚に預けて水海道小学校に通わせることが流行した[11]。1971年(昭和46年)に現在地に移され、館内では明治から昭和戦前期までの教育資料や日本最古級のグランドピアノスタインウェイ・アンド・サンズ社、1865年[7])等が展示されている[12]

東日本大震災の際に内壁が崩落するなどの被害が生じたが、修復工事の後、2011年(平成23年)7月5日に再開した[7]

東日本大震災による被災編集

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震では茨城県水戸市で震度6弱を記録した[6]。来館者や職員に被害はなかったが、地震発生と同時に停電断水が発生、文書・資料の落下・散乱、天井灯の落下、収蔵庫にあった土器陶器ガラス器の破損、旧水戸農業高等学校本館の玄関廂の崩落、旧水海道小学校本館内部の土壁の崩壊、旧茂木家住宅や茶室の損壊があった[13]

文書や資料は棚から落下するなどしたものの、破損したものはほとんどなく、2011年4月23日より開館を再開した[7]

脚注編集

  1. ^ 学校以外の教育機関の設置,管理及び職員に関する条例
  2. ^ a b c 三重県(2008):資-7ページ
  3. ^ a b c d 三重県(2008):資-6ページ
  4. ^ 茨城県監査委員"平成24年茨城県監査委員公告第16号"平成24年3月29 日(2012年7月29日閲覧。)
  5. ^ 廣済堂"茨城県立歴史館 - 美術館・博物館情報"ミュージアムカフェ(2012年7月29日閲覧。)
  6. ^ a b 木村(2011):56ページ
  7. ^ a b c d e 木村(2011):57ページ
  8. ^ a b 「日研」新聞編集委員会 編(1991):126ページ
  9. ^ 茨城県教育庁文化課"水海道小学校玄関"茨城県教育委員会(2012年7月29日閲覧。)
  10. ^ ファミリーヒストリー 2015年2月6日放送分 一次資料は明治三十六年 水海道尋常小学校 沿革誌
  11. ^ 「日研」新聞編集委員会 編(1991):126 - 127ページ
  12. ^ 「日研」新聞編集委員会 編(1991):127ページ
  13. ^ 木村(2011):56 - 57ページ

参考文献編集

  • 木村秀弘(2011)"茨城県立歴史館の被災について"アーカイブズ(国立国会図書館).45:56-58.
  • 「日研」新聞編集委員会 編『茨城108景をめぐる』川崎松濤 監修、筑波書林、平成3年9月20日、219pp.
  • 三重県『(附属)新県立博物館基本計画関連データ集』三重県、2008年12月26日、16pp.

関連項目編集

外部リンク編集