メインメニューを開く

茨城県道172号額田南郷田彦線

日本の茨城県の道路

茨城県道172号額田南郷田彦線(いばらきけんどう172ごう ぬかだみなみごうたびこせん)は、茨城県那珂市からひたちなか市までを結ぶ一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
茨城県道172号標識
茨城県道172号額田南郷田彦線
総延長 7.431 km
実延長 7.393 km
制定年 1959年10月14日
起点 茨城県那珂市
終点 茨城県ひたちなか市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0349.svg国道349号
茨城県道31号
Japanese National Route Sign 0006.svg国道6号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
茨城県道172号額田南郷田彦線
那珂市横堀(2014年3月)

概要編集

那珂市額田南郷の額田坂下交差点と、ひたちなか市田彦の国道6号交点(田彦郵便局前交差点)を南北に結ぶ県道路線で、ひたちなか市勝田市街地と常陸太田市街地を最短で結ぶルート上にあたる道路である。

路線データ編集

歴史編集

1959年昭和34年)10月14日、新たな県道として那珂郡那珂町大字額田南郷を起点とし、勝田市大字田彦を終点とする区間を本路線とする県道額田南郷田彦線として茨城県が県道路線認定した。 1995年平成7年)に整理番号172となり現在に至る。

年表編集

  • 1934年昭和9年)8月:現在の路線の前身である額田水戸線が路線認定される。
  • 1959年(昭和34年)10月14日
    現在の路線で路線認定される(図面対照番号170)[3]。道路の区域は、那珂郡那珂町大字額田南郷の主要地方道水戸常陸太田線(現在の国道349号旧道)分岐から勝田市大字田彦の一級国道六号線(国道6号)交点までと決定された[1]
  • 1983年(昭和58年)6月6日常磐自動車道建設工事に伴う立体交差橋梁を供用開始[4]
  • 1995年平成7年)3月30日:整理番号227から現在の番号(整理番号172)に変更される[5]

路線状況編集

交通量は比較的多く国道6号交点付近では渋滞も起こることが多い。県道全体のうちの南半分区間あたる、国道6号交点から那珂市堤の茨城県道31号瓜連馬渡線交点までの区間は、1.5車線でセンターラインなしの狭隘区間であり速度制限30〜40km/h規制となっている。

地理編集

沿線の地勢は平坦な大地で、周辺は主に畑作地と住宅地となっている。道路はゆるやかなカーブが一部あるものの、平坦で全体的にはほぼ直線に近い線形となっている。

通過する自治体編集

交差する道路編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。

出典編集

  1. ^ a b c 道路の区域決定(昭和三十四年十月十四日 茨城県告示第九百三号) (PDF) ,茨城県報 号外(1959年(昭和34年)10月14日)より
  2. ^ a b c d e 『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在
  3. ^ 県道路線認定(昭和三十四年十月十四日 茨城県告示第九百一号) (PDF) ,茨城県報 号外(1959年(昭和34年)10月14日)より
  4. ^ 道路の供用開始(昭和58年6月6日 茨城県告示第885号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第7148号: p. 5, (1983年6月6日) 
  5. ^ 県道の路線名および整理番号の変更(平成7年3月30日 茨城県告示第436号) (PDF) ,茨城県報 第637号(1995年(平成7年)3月30日)より

参考文献編集

  • 茨城県土木部『『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在』(レポート)、茨城県、9頁。

関連項目編集

外部リンク編集