メインメニューを開く

茨城県道228号原中田線

日本の茨城県の道路

茨城県道228号原中田線(いばらきけんどう228ごう はらなかだせん)は、茨城県古河市市原から同市中田に至る一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
茨城県道228号標識
茨城県道228号原中田線
総延長 5.255 km
実延長 5.255 km
制定年 1965年2月12日
起点 茨城県古河市
終点 茨城県古河市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0354.svg国道354号
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
茨城県道228号原中田線
古河市茶屋新田(2013年12月)

目次

概要編集

古河市原の国道354号より分岐南下し、同市中田の国道4号交点である中田町交差点まで南北に結ぶ延長約5キロメートル (km) の路線。路線ルートは、ほぼ旧日光街道を踏襲する。 なお、旧・日光街道は本県道の終点である中田宿から本県道ルートを通り、茨城県道261号野木古河線を経て、古河宿へ向かう。

路線データ編集

歴史編集

1965年昭和40年)、新たな一般県道として、古河市大字原を起点とし、古河市大字中田の終点まで至る区間を茨城県が県道路線認定した。1995年平成7年)に、整理番号変更により現在の整理番号228となり、現在に至る。

年表編集

  • 1965年昭和40年)2月12日:路線認定[4]
  • 1971年(昭和46年)12月23日:起点側の古河市大字原地内の一部区間(延長295 m)の道路供用を廃止[1]。起点が現在の原十字路となる。
  • 1990年平成2年)3月1日:終点付近のルート振り替えにより、終点が古河市大字中田の中田町交差点となる[2]
  • 1995年(平成7年)3月30日:整理番号374から現在の番号(整理番号228)に変更される[5]
  • 2001年(平成13年)3月1日:古河市原 - 同市中田の区間が、通行する車両の最大重量限度25トンの道路に指定される[6]

路線状況編集

全区間が対向2車線、古河市茶屋新田のJR東北本線踏切を境に北側が速度制限は50 km/h、南側が40 km/h規制である[注釈 2]。一部区間に、歩道部の幅員が広く取られた区間があり、歩行者用と白線で分離した自転車専用レーンが設けられている。踏切での歩道部は、歩道橋で整備されている。

通称編集

地理編集

通過する自治体編集

  • 茨城県
    • 古河市

交差する道路編集

  • 茨城県道56号(古河市中田・利根川堤 - 中田・中田町 まで重複区間)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。
  2. ^ 終点付近の一部区間を除く。

出典編集

  1. ^ a b 道路の区域変更・道路の供用廃止(昭和46年12月23日 茨城県告示第1314・1315号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第5976号: p. 6, (1971年12月23日) 
  2. ^ a b 道路の区域の変更(平成13年3月1日 茨城県告示第246号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第26号: p. 5, (1990年3月1日) 
  3. ^ a b c d e 『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在
  4. ^ 県道路線の認定(昭和40年2月12日 茨城県告示第180号) (PDF) ,茨城県報 第5264号(1965年(昭和40年)2月12日)より
  5. ^ 県道の路線名および整理番号の変更(平成7年3月30日 茨城県告示第436号) (PDF) ,茨城県報 第637号(1995年(平成7年)3月30日)より
  6. ^ 車両制限令の規定に基づく道路の指定(平成13年3月1日 茨城県告示第198号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1241号: pp. 10-14, (2001年3月1日) 

参考文献編集

  • 茨城県土木部『『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在』(レポート)、茨城県、11頁。

関連項目編集