メインメニューを開く

茨田郡

茨田屯倉から転送)
大阪府茨田郡の位置

茨田郡(まったぐん)は、かつて河内国堺県大阪府にあった

目次

郡域編集

1880年明治13年)に行政区画として発足した当時の郡域は、概ね下記の区域にあたる[1]

  • 守口市の全域
  • 門真市の全域
  • 大阪市鶴見区の一部(今津南、今津中、今津北、横堤以東)
  • 枚方市の一部(菊丘南町、菊丘町、高塚町、岡山手町、岡東町より南西および川原町・香里ケ丘の各一部)
  • 寝屋川市の一部(下神田町、中神田町、東神田町、清水町、錦町、東大利町、早子町、八坂町、平池町、豊野町、緑町、三井南町、成田南町、成田東が丘より北西および日之出町・本町・三井が丘の各一部)
  • 大東市の一部(諸福、太子田、赤井、氷野、大東町より北西)

歴史編集

古代編集

播磨国風土記』に「河内国茨田郡の枚方の里」の記述が見える。大宝2年(702年)頃に交野郡が分置された。「まんだ(まむた)のこおり」とも呼ばれた。

式内社編集

延喜式神名帳に記される郡内の式内社

神名帳 比定社 集成
社名 読み 付記 社名 所在地 備考
茨田郡 5座(並小)
堤根神社 ツツミネノ (論)堤根神社 大阪府門真市宮野町
(参)堤根神社 大阪府門真市稗島
津島部神社 ツシマベノ 鍬靫 津島部神社 大阪府守口市金田町
細屋神社 ホソヤノ 細屋神社 大阪府寝屋川市太秦桜が丘
高瀬神社 タカセノ 高瀬神社 大阪府守口市馬場町
意賀美神社 オカミノ 意賀美神社 大阪府枚方市枚方上之町
凡例を表示

近世以降の沿革編集

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。○は村内に寺社除地[2]が存在。なお旧高旧領取調帳では高槻藩所領(永井飛騨守知行所)が伊加賀村、枚方村、泥町村の3村にあったと記載しているが、「大阪府全志」などではこれらもすべて高槻藩預地だったとする[3]。(1町83村)
知行 村数 村名
幕府領 幕府領(代官支配) 1町
52村
大枝村、西橋波村、南寺方村、○北寺方村、○稗島村、焼野村、桑才村、下村、○浜村、○安田村、○三ツ島村、○諸福村、○新田村、○氷野村、赤井村、岸和田村、下馬伏村、北島村、打越村、下島頭村、○上島頭村、上馬伏村、巣本村、○南十番村、○土居村、○守口町、北十番村、○下島村、大庭八番村、大庭二番村、○大庭六番村、北村、○大庭七番村、門真一番下村、○門真一番上村、○門真二番村、門真三番村、門真四番村、馬場村、○世木村、○東橋波村、黒原村、仁和寺村、対馬江村、池田下村、池田中村、池田川村、神田村、田井村、○今津村、三組新田、三島新田、○平池村
幕府領(高槻藩預地 6村 ○出口村、○中振村、○走谷村、岡新町村、○岡村、○三矢村
京都守護職役知 2村 ○諸口村、○横堤村
旗本領 13村 横地村、○野口村、○常称寺村、大庭三番村、大庭四番村、大庭五番村、○東村、○金田村、○点野村、○石津村、葛原村、○三井村、○郡村
幕府領・旗本領 2村 藤田村、梶村
藩領 美濃加納藩 5村 ○大庭一番村、木屋村、太間村、○高柳村、○大利村
摂津高槻藩 3村 ○伊加賀村、○枚方村、泥町村
 
1.枚方町 2.蹉跎村 3.友呂岐村 4.九個荘村 5.庭窪村 6.大和田村 7.四宮村 8.南郷村 9.二島村 10.門真村 11.今津村 12.古宮村 13.諸堤村 14.三郷村 15.守口町(水色:大阪市 左紫:守口市 桃:枚方市 赤:寝屋川市 橙:大東市 黄:門真市 21 - 32は交野郡 41 - 46は讃良郡)
  • 慶応4年
    • 2月 - 幕府領(代官支配)・旗本領が大坂裁判所司農局の管轄となる。
    • 5月2日1868年6月21日) - 大坂裁判所司農局の管轄地域が大阪府司農局の管轄となる。
    • 6月8日(1868年7月27日) - 大阪府司農局の管轄地域が大阪府南司農局の管轄となる。
  • 明治2年
  • 明治3年
    • 12月25日1871年2月14日) - 高槻藩預地が堺県の管轄となる。この時堺県へ移管された村名には伊加賀村、枚方村、泥町村も含まれ、本郡内の高槻藩領(または預地)は消滅[3]
  • 明治4年
  • 明治7年(1874年1月22日 - 大区小区制の堺県での施行により、河内国第2大区・河内国第3大区となる。
  • 明治13年(1880年4月15日 - 郡区町村編制法の堺県での施行により、行政区画としての茨田郡が発足。三矢村の浄念寺に「枚方郡役所」が設置され、交野郡讃良郡とともに管轄。枚方郡役所はまもなく改称して「茨田交野讃良郡役所」となる。
  • 明治14年(1881年2月7日 - 大阪府の管轄となる。
  • 明治16年(1883年)(1町78村)
    • 南十番村・北十番村・大庭八番村・下島村が合併して八雲村となる。
    • 池田下村・池田中村・池田川村が合併して池田村となる。
  • 明治18年(1885年)(1町75村)
    • 大枝村・馬場村・世木村が合併して高瀬村となる。
    • 南寺方村・北寺方村が合併して寺方村となる。
  • 明治19年(1886年)(1町69村)
    • 大庭三番村・大庭四番村・大庭六番村が合併して大日村となる。
    • 門真一番上村・門真一番下村・門真二番村・門真三番村・門真四番村が合併して門真村となる。
    • 大庭一番村・大庭二番村・大庭五番村が合併して佐太村となる。
    • 讃良郡御領村・太子田村の所属郡が本郡に変更。
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、下記の町村が発足。(2町13村)
    • 枚方町 ← 枚方村、三矢村、泥町村、伊加賀村、岡村、岡新町村(現・枚方市)
    • 蹉跎村 ← 中振村、出口村、走谷村(現・枚方市)
    • 友呂岐村 ← 太間村、郡村、三井村、田井村、木屋村、平池村、石津村(現・寝屋川市)
    • 九個荘村 ← 高柳村、池田村、葛原村、大利村、神田村、対馬江村、黒原村、仁和寺村、点野村(現・寝屋川市)
    • 庭窪村 ← 佐太村、大日村、大庭七番村、八雲村、東村、北村、藤田村、金田村、梶村(現・守口市)
    • 大和田村 ← 横地村、常称寺村、野口村、打越村、北島村(現・門真市)
    • 四宮村 ← 上馬伏村、下馬伏村、上島頭村、下島頭村、巣本村、岸和田村(現・門真市)
    • 南郷村 ← 赤井村、御領村、氷野村、太子田村、諸福村、新田村(現・大東市)
    • 二島村 ← 三ツ島村、稗島村(現・門真市)
    • 門真村 ← 門真村、桑才村(現・門真市)
    • 今津村 ← 今津村、三組新田(現・大阪市鶴見区)
    • 古宮村 ← 浜村、下村、安田村、焼野村(現・大阪市鶴見区)
    • 諸堤村 ← 諸口村、横堤村、三島新田(現・大阪市鶴見区)
    • 三郷村 ← 高瀬村、東橋波村、西橋波村、寺方村(現・守口市)
    • 守口町 ← 守口町、土居村(現・守口市)
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 郡制の施行のため、「茨田交野讃良郡役所」が管轄する各郡の区域をもって北河内郡が発足。同日茨田郡廃止。

脚注編集

  1. ^ 住居表示実施地区の境界は不詳。
  2. ^ 領主から年貢免除の特権を与えられた土地。
  3. ^ a b 井上正雄, 『大阪府全志 巻之一』, 426-429頁 (1922年).

参考文献編集

関連項目編集

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
北河内郡