草の根民主主義(くさのねみんしゅしゅぎ、英語: Grassroots democracy)とは、「草の根[注 1]」の一般市民一人一人が積極的に政治に参加すること、またはそのような政治形態[2][3]草の根からの民主主義とも言われる。

概要編集

政治プロセスの一形態として捉えられるが[3][4]、一般市民の意見を反映させるべきとする思想を指すこともある[5]。既存の特定の政策に傾倒した大組織や富裕層によるものと対概念をなす[3]ジェファーソン流民主主義に淵源を持ち、フランクリン・ルーズベルトが用語を作ったとされる[5]市民活動住民運動といった手法がとられる[4]アメリカ中西部で根付いたとされ[6]、米国の地域政治のあり方などに用いられる[7]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ アメリカ合衆国で普通民衆・投票者一般を意味する[1]

出典編集

  1. ^ コトバンク: “草の根民主主義”. 2017年4月1日閲覧。のうち、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説
  2. ^ コトバンク: “草の根民主主義”. 2017年4月1日閲覧。
  3. ^ a b c Grassroots-democracy dictionary difinition”. 2017年4月3日閲覧。
  4. ^ a b コトバンク: “草の根民主主義”. 2017年4月1日閲覧。のうち、百科事典マイペディア、大辞林第三版の解説。
  5. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典”. 2017年4月1日閲覧。
  6. ^ 百科事典マイペディア”. 2017年4月1日閲覧。
  7. ^ アメリカ合衆国『世界大百科事典』”. 2017年4月1日閲覧。

関連項目編集