メインメニューを開く

草加有沢ボクシングジム(そうかありさわボクシングジム)は、埼玉県草加市谷塚駅近くに在る日本プロボクシング協会加盟ジムである。略称は有沢ジム草加有沢ジム草加有沢法人としての名称は有限会社有沢商店。初代会長・創始者は有澤二男

概要編集

二男の長男有澤茂則日本大学在学中に1966年(草加に練習場構えていた時代の)協栄ボクシングジム所属プロボクサーとしてデビュー。ハードパンチャーとして活躍し(結果的に塗り替えられたが)ライト級4回戦での1R13秒の最短KOタイムや5試合連続1RKOの日本記録を保持していた[要出典]

1967年二男が協栄ジム初代会長金平正紀から勧められ再度東京に移転することになった協栄ジムの旧練習場を買い取りボクシングジムの運営を開始し、更に自宅兼用の自社ビルの4Fに移転。1968年設立当初の名称は草加協栄ジム

2000年7月5日に二人の息子とトロイカ体制を構築していた二男が80歳で死去し、当時53歳の茂則が第2代会長に就任、2009年より茂則の2歳下の実弟有澤好男が第3代会長を務めている。

フジテレビダイヤモンドグローブタイアップして自主興行「クリーンファイトボクシング」を開催し所属選手に試合出場の機会を多く与えて試合をさせた。

茂則の双子の息子カズコウジ有沢1990年代に人気になり、後楽園ホールを沸かせ、若い女性のプロボクシングファン増加に貢献した。

1998年3月、両国国技館でのチャンピオンカーニバルにおいて、当時スーパーフェザー級チェ・ヨンスが保持していたWBA世界王座かヘナロ・エルナンデスが保持していたWBC世界王座への事実上の挑戦者決定戦である「チャンピオン・コウジvs畑山隆則」を実現させ、畑山の所属する横浜光ボクシングジムと共に年間最高試合を受賞(同日のセミファイナルではカズが五月女利晴にKO負け)。兄弟揃って同年9月のジム開設30周年記念興行で再起戦、カズは翌年五月女に雪辱。

2000年12月、地元の草加市スポーツ健康都市記念体育館でカズの引退試合として自主興行を開催。

また日本ボクシング連盟にも加盟しており、カズは花咲徳栄高等学校3年の1989年全日本高校フェザー級チャンピオンとなり父の母校でもある日大にスポーツ推薦で進学した。

有澤家以外の主な選手編集

関連項目編集

外部リンク編集