メインメニューを開く

草津国際音楽アカデミー&フェスティバル

草津国際音楽アカデミー&フェスティバル は、草津温泉で毎年夏に開催される音楽祭

教育目的のアカデミーと演奏会としてのフェスティヴァルの二本立てで開催される。 毎日草津町内のどこかで開催される街角コンサート(演奏:マイスターブラスカルテット)が名物のひとつ。

目次

草津アカデミーの概要編集

1980年、ヴァイオリニストとして著名な豊田耕児を音楽監督、音楽評論家遠山一行を実行委員長に始められた夏期の2週間にわたる音楽アカデミー。毎年その年のテーマにあわせて世界的な芸術家を講師に招き、たとえばヨーロッパのニースやシエナ、ザルツブルクのアカデミー、アメリカで言えばアスペンやマルボーロといった夏期講習のシステムを参考に、草津独自のシステムで音楽を学ぼうとしている。

当初より世界的な音楽家が集まったことや、その音楽家たちから草津アカデミーが称賛されたことから、ヨーロッパでも音楽家の間ではすでに「草津」は世界一級のアカデミーとして評価され、このアカデミーと音楽祭に招待されることは名誉なこととすら言われる程になった。

第11回目からは遠山一行が音楽監督となり、さらに室内楽に充実したレッスンが行われるよう配慮された。

第31回(2010年)からは遠山一行が音楽監督から引退(引続き音楽顧問に就任)し、作曲家の西村朗が音楽監督を務めることとなった。

草津夏期国際音楽フェスティヴァルの概要編集

 
事務局のおかれる天狗山レストハウス

草津アカデミーが日本で最初の本格的な夏期の音楽アカデミーとしてスタートしたが、これだけの演奏家が来て音楽会を聴けないのは残念だし、生徒にとっても先生がどうステージの上で演奏するかが一番のお手本という訳でフェスティヴァルが企画された。フェスティヴァルとアカデミーは言わば車の両輪のような関係で、どちらが欠けても前に進むことが出来ないとされている。 1990年までのコンサートは天狗山レストハウスと言うスキー場のレストラン改造のコンサートホールで行なわれてきたが、1991年に待望の608シートの本格的なコンサートホールが「草津音楽の森」に建設された。また、2002年には室内楽用のイタリア製オルガンが設置された。

毎年のテーマ編集

草津国際音楽アカデミー&フェスティバルでは毎年何らかのテーマを選定し、このテーマに則って演奏会プログラムなどが構成される。

  • 第01回(1980年):ヨハン・セバスティアン・バッハの音楽
  • 第02回(1981年):ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの音楽
  • 第03回(1982年):ブラームスとバッハの音楽
  • 第04回(1983年):シューベルトの音楽
  • 第05回(1984年):フランツ・ヨゼフ・ハイドンの音楽
  • 第06回(1985年):J.S.バッハと息子たち
  • 第07回(1986年):R.シューマンの音楽
  • 第08回(1987年):モーツァルトとマンハイム楽派の音楽
  • 第09回(1988年):フランス音楽(ベルリオーズ、ドビュッシー、ラヴェ)
  • 第10回(1989年):ベートーヴェンの音楽
  • 第11回(1990年):1790年をめぐって―古典派からロマン派へ
  • 第12回(1991年):1830年―ロマン派音楽の胎動
  • 第13回(1992年):1750年―バロックからクラシックへ
  • 第14回(1993年):二つの世紀末
  • 第15回(1994年):シューベルトとその時代
  • 第16回(1995年):ウィーン古典派への道 モーツァルト・ハイドン
  • 第17回(1996年):ワーグナーとブラームスの時代
  • 第18回(1997年):バッハと現代
  • 第19回(1998年):ベートーヴェンの時代
  • 第20回(1999年):古典と現代
  • 第21回(2000年):バッハとロマン派音楽
  • 第22回(2001年):モーツァルトの旅
  • 第23回(2002年):音楽都市パリとウィーン
  • 第24回(2003年):ロマン主義の流れ
  • 第25回(2004年):バッハからベートーヴェンへ
  • 第26回(2005年):ドイツの都市と音楽
  • 第27回(2006年):モーツァルトと18世紀
  • 第28回(2007年):ベートーヴェンからブラームスへ
  • 第29回(2008年):18世紀の音楽 バロックからクラシックへ
  • 第30回(2009年):1809年 ハイドン没後・メンデルスゾーン生誕200年

これまでに来訪した講師編集

以下の講師がこれまでマスタークラスを開講し指導にあたった。

ヴァイオリン編集

ヴィオラ編集

チェロ編集

コントラバス編集

オーボエ編集

フルート編集

クラリネット編集

ファゴット編集

トランペット編集

トロンボーン編集

ホルン編集

リコーダー編集

ピアノ編集

声楽編集

オルガン編集

ハープシコード編集

ハープ編集

歌曲解釈・指揮編集

アシスタント講師/マスタークラス講師以外の演奏者編集

マスタークラスのアシスタントにも国内の著名な音楽家が多数参加している。

トランペット編集

トロンボーン編集

ホルン編集

フルート編集

クラリネット編集

オーボエ編集

ファゴット編集

ヴァイオリン編集

ヴィオラ編集

チェロ編集

コントラバス編集

パーカッション編集

ピアノ編集

※ピアノには各楽器のアシスタントピアニストを含む

指揮編集

外部リンク編集