草鹿 外吉(くさか そときち、1928年8月28日 - 1993年7月25日)は、日本ロシア文学研究者、詩人小説家である。

生涯編集

後の神奈川県鎌倉市に生まれる。父は海軍兵学校校長をつとめた草鹿任一であり、草鹿龍之介も親戚にあたるという海軍一家に育ち、湘南中学校から1945年海軍兵学校に入学する(77期)も、まもなく終戦を迎え、復員する。

復員後は、横浜工業専門学校を卒業後、早稲田大学に編入学して、ロシア文学を学ぶ。その後、早稲田大学や中央労働学院などで教えながら、日本福祉大学の教授となり、副学長もつとめた。

また、詩人としては〈詩人会議〉の常任運営委員もつとめ、詩集も刊行している。

作品編集

アレクサンドル・プーシキンを中心とした19世紀文学と、エフゲニー・エフトゥシェンコなどの同時代の詩人を中心に研究し、その方面の著書・訳書も多い。

また、1980年代には、みずからの海軍兵学校時代と、復員後の時期を題材にした『灰色の海』『海よさらば』の連作長編を書き、多喜二・百合子賞を受賞した。

著作編集

  • 『草鹿外吉全詩集』 思潮社、1999年
  • 『ソヴェト文学と現代 その創造と自由』 光和堂、1971年
  • 『ソルジェニーツィンの文学と自由』 新日本出版社、1975年
  • 『プーシキン 愛と抵抗の詩人』 新日本出版社「新日本新書」、1989年
  • 『灰色の海』 新日本出版社、1982年。光和堂、1994年
  • 『海よさらば』 新日本出版社、1988年。光和堂、1994年

主な訳書編集

参考文献編集

  • 草鹿外吉年譜(思潮社刊『草鹿外吉全詩集』収録)