メインメニューを開く

荊木 美行(いばらき よしゆき、昭和34年(1959年)4月 – )は、日本歴史学者皇學館大学研究開発推進センター副センター長・教授。文学研究科大学院教授でもある。

目次

人物編集

和歌山県和歌山市出身。専門は日本古代史。古代法制史・律令官制の研究をテーマとし、他に記紀研究、また最近は『風土記』の学史的研究も多く著す。文章表現に関する著述もある。父荊木淳己(1926 – 93)は、京都短期大学教授、秘書教育の第一人者で民俗学者でもある。[1]中国古美術に造詣が深く、とくに白磁のコレクターとしても知られる。

略歴編集

1982年和歌山県立桐蔭高等学校卒業。同年高知大学人文学部文学科史学専攻入学。玉井力金子修一に師事。1982年3月同大学卒業、同年4月筑波大学大学院修士課程地域研究研究科(日本研究コース)入学、1984年3月修了(国際学修士)。日本古代史専攻。井上辰雄芳賀登に師事。1989年四條畷学園女子短期大学専任講師1992年4月、皇學館大學史料編纂所専任講師。96年助教授、「律令官制成立史の研究」にて愛知学院大学より文学博士を授与される。主査は同大学文学部鈴木鋭彦教授。2003年4月教授[2]。2013年4月、皇學館大学研究開発推進センター発足ととも研究開発推進センターの所属となり、副センター長兼任。『続日本紀史料』全20巻22冊の編纂・刊行に同僚の遠藤慶太らとともに従事、2014年に全巻を完成させた[3]。現在は、『日本書紀』の古写本の調査・飜刻、日本後紀史料の制作を進めている。

著書編集

単著編集

  • 『初期律令官制の研究』(日本史研究叢刊)和泉書院 1991年
  • 『セクレタリーガイド』和泉書院 1991年3月
  • 『秘書のための文書入門』燃焼社 1991年
  • 『古代天皇系図-初代神武天皇~第五十代桓武天皇』燃焼社 1994年
  • 『『日本書紀』とその世界』燃焼社セレクト教養双書 1994年
  • 『古代史研究と古典籍』皇學館大學出版部 1996年
  • 『大学生のための知的文章術』燃焼社セクレタリーブックス 1997年
  • 風土記逸文研究入門』国書刊行会 1997年
  • 『知的文章術入門』燃焼社 2001年
  • 『風土記逸文の文献学的研究』皇學館出版部 2002年
  • 記紀と古代史料の研究』国書刊行会 2008年
  • 『風土記研究の諸問題』国書刊行会 2009年
  • 令義解の受容と研究』汲古書院 2010年
  • 『記紀皇統譜の基礎的研究』汲古書院 2011年
  • 『風土記と古代史料の研究』国書刊行会 2012年
  • 金石文と古代史料の研究』燃焼社、2014
  • 『東アジア金石文と日本古代史』汲古書院 2018

編著編集

共著編集

  • 『秘書学入門』(小花和尚子森本敦司と共著)燃焼社 1993年(増補改訂版1995年、3訂版1997年)
  • 『秘書のための文書業務入門』(小花和尚子・森本敦司と共著、燃焼社セクレタリーブックス 1994年
  • 『情報化時代の事務文書管理』(木村三千世・森本敦司と共著、燃焼社セクレタリーブックス 1998年

脚注編集

  1. ^ 荊木美行『金石文と古代史料の研究』(燃焼社、平成26年3月)書後私語・奥付、荊木淳己『むかし紀の国物語』(宇治書店、昭和52年)、同『紀の国歳時記』(毎日新聞和歌山支局、昭和58年)ほか参照。
  2. ^ 皇學館大學編『皇學館大學研究要覧 平成10年度版』(平成12年3月)115頁。
  3. ^ 「続日本紀史料編纂始末」(『史料』358、平成26年3月)