荒井 信一(あらい しんいち、1926年2月4日[1] - 2017年10月11日[2][3])は、日本歴史学者。専攻は西洋史国際関係史茨城大学名誉教授、駿河台大学名誉教授。

来歴編集

東京府東京市小石川区(現・東京都文京区)生まれ[4]。1949年、東京大学文学部西洋史学科卒業。

歴史家として茨城大学人文学部教授、駿河台大学現代文化学部教授を歴任した。

大学退職後は、日本の戦争責任資料センター共同代表、韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議を結成[5]し、代表世話人などを務める。

帝国主義第二次世界大戦戦争責任などを研究し、シンポジウム出席やメディアへの執筆活動も行う。

2017年10月11日、胆管癌で死去。91歳没。

人物編集

著書編集

単著編集

  • 『平和の歴史』(福村書店, 1951年)
  • 『第二次世界大戦』(東京大学出版会, 1973年)
  • 『現代史におけるアジア』(青木書店, 1977年)
  • 『ミニ世界史』(社会思想社, 1984年)
  • 『原爆投下への道』(東京大学出版会, 1985年)
  • 『日本の敗戦』(岩波書店, 1988年)
  • 『ゲルニカ物語』(岩波書店, 1991年)
  • 『世紀史を伝える』(同時代社, 1991年)
  • 『戦争責任論』(岩波書店, 1995年/2005年)
  • 『中国歴史と出合う』(草の根出版会, 2002年)
  • 『歴史和解は可能か』(岩波書店, 2006年)
  • 『空爆の歴史』(岩波書店, 2008年)

共編著編集

訳書編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈・出典編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.295
  2. ^ “荒井信一さん死去”. 朝日新聞. (2017年11月5日). http://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13214146.html 2017年11月5日閲覧。 
  3. ^ http://v.media.daum.net/v/20171019225133751
  4. ^ 日本歴史』2018年2月号、p.123
  5. ^ a b c http://japanese.joins.com/article/840/193840.html?servcode=400&sectcode=400&cloc=jp%7Carticle%7Crelated

参考文献編集

  • 戸邉秀明「荒井信一著作目録」『人文自然科学論集』第143号、東京経済大学人文自然科学研究会、 75-123頁。 NAID 120006544093

関連項目編集

外部リンク編集