メインメニューを開く

荒尾 善次(あらお よしつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将織田氏の家臣。

 
荒尾善次
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永正5年(1508年
死没 天正18年12月13日1591年1月8日
改名 善次→閑斎(号)
別名 通称:作右衛門
戒名 道圓[1]
官位 美作守
主君 織田信長
氏族 佐治氏荒尾氏
父母 父:佐治為貞、養父:荒尾空善
正室:荒尾空善娘
後室:水野信元[2]
善久[3]善応院織田信時室、のち池田恒興正室)、成房
隆重

略歴編集

永正5年(1508年)、尾張国知多郡大野城主・佐治為貞の子として誕生。

今川義元の尾張侵攻により戦死した同知多郡木田城主・荒尾小太郎空善の名跡を継承し荒尾姓を名乗ったという。織田信長に仕えて荒尾村[4]を領し、今川勢と対峙して木田城を守った。しかし弘治元年(1555年)に始まった義元の尾張進攻によって、同3年には知多の諸勢の多くが今川方に投降したと言われており[5]永禄3年(1560年桶狭間の戦いの際には、善次も同様の立場に置かれていたと考えられる[6]。そのため桶狭間の戦い以後は隠居した。   

脚注編集

  1. ^ 法名は編纂時の旗本家呈譜によるとする『寛政重修諸家譜』の記述からの類推。また出生年については数え83歳で三河国西郡(愛知県蒲郡市)で没したとする同書の記述に拠った。
  2. ^ 寛政重修諸家譜』新訂10巻329項。この妻は徳川家康の従姉妹。
  3. ^ 小太郎、美作守。
  4. ^ 愛知県東海市
  5. ^ 『松平記』巻1。
  6. ^ 『知多郡史』上巻254項。