荒川 博(あらかわ ひろし、1930年8月6日 - 2016年12月4日)は、東京都台東区浅草出身のプロ野球選手外野手)、コーチ監督解説者

荒川 博
Hiroshi Arakawa 1955 Scan10013.jpg
現役時代(1955年撮影)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都台東区浅草
生年月日 (1930-08-06) 1930年8月6日
没年月日 (2016-12-04) 2016年12月4日(86歳没)
身長
体重
163 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1953年
初出場 1953年3月22日
最終出場 1961年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

現役引退後、巨人コーチとして王貞治に「一本足打法」を指導した人物として知られている。

経歴編集

実家は八百屋早稲田実業ではエースとして活躍し、3年次の1948年には春の選抜へ出場、1回戦で神戸二中の河野博(のち阪神)と投げ合うが1-2で惜敗し[1]夏の甲子園都予選では準決勝で明治高に完封負けを喫した。卒業後は1949年早稲田大学商学部へ進学し、東京六大学野球リーグでは在学中に5度の優勝を経験[2]。リーグ通算81試合に出場し、289打数81安打・打率.280・1本塁打・40打点の記録を残した。大学同期に岩本尭沼澤康一郎、1年下に広岡達朗小森光生がいる。

大学卒業後の1952年12月6日毎日オリオンズへ入団し、1953年3月22日大映戦(後楽園)に2番・右翼手で初出場を果たすと、同31日阪急戦(後楽園)で天保義夫から初安打・初盗塁を記録。4月25日の大映戦(福島信夫ヶ丘)では初打点を含む2打点を挙げたほか、8月5日南海戦(大阪)では中原宏から初本塁打を放ち、打率.315で周囲の期待に応える。同年のオールスターにも選出され、全3戦に7番・右翼手で先発出場。2年目の1954年からはレギュラーに定着し、規定打席(18位、打率.270)にも到達。自己最多の5本塁打を記録するが、5本中2本は近鉄から放った。この年の1本目は6月5日東映戦(後楽園)で桑名重治から放った自身初の満塁本塁打であった。1955年には登録名を「博久」に改名し、1956年には自己最多の122試合に出場するが、この年は本塁打を1本も打てなかった。1957年に登録名を本名に戻すと、8月30日の南海戦(大阪)に若生智男の代打で木村保から2年ぶりの本塁打を記録。1958年には4本塁打を全て近鉄戦で放ち、4本中3本は日生で放ったものである。5月22日には山下登から4年ぶり自身2度目で最後の満塁本塁打を放っており、2日前の同20日にも山下から放っている。1961年にチームから放出される形で退団し、31歳の若さで現役を引退。荒川の結婚式で仲人を務めた別当薫は、「荒川は選手として花開く男ですが、辞めてもコーチとして活躍してくれるはずです。安心してください」と結婚式の挨拶で述べた[3]。別当の挨拶にあるように後に指導者として大きな功績を挙げる荒川だが、現役中からチームメイトで高校の後輩であった榎本喜八を指導したほか、少年時代の王貞治を見出して母校・早実への進学を薦めた。

引退後は1961年12月20日に読売ジャイアンツ一軍打撃コーチに就任し、川上哲治監督の下で指導を開始。早大の後輩であった広岡が犬猿の仲である川上に頭を下げてくれたことで、荒川は毎日OBでありながら就任することが出来たが、川上が荒川を雇った理由は「その若さ(31歳)で、榎本(喜八)という素晴らしい打者を育て上げた」という一点のみであった[4] [5] [6]。就任後は「荒川道場」と呼ばれる厳しい指導で、選手の私生活も徹底的に管理した。特に王へ「一本足打法」を指導したことで知られ、王以外には土井正三黒江透修高田繁らを育成し、巨人の第3次黄金時代を支えた。後に一本足打法は王と同じ左投左打である駒田徳広にも伝授したが、王ほどの効果は無かった[7]1967年にはある日の中日戦で球審・円城寺満に対して判定を不服とし、柴田勲と共に小突き回して判定を変えさせたが、退場処分を受けた。試合後に円城寺は審判員引退を表明したが、その光景は、後に幾度となく審判との暴力沙汰を起こす金田正一をして「長年、野球一筋でやって来られた円城寺さんが殴られるのを見て、哀しくて見ていられなかった」とコメントするほどであった。1968年阪神戦では先発のジーン・バッキーが王へ投じた危険球に端を発する乱闘で、荒川はバッキーに殴られて4針縫う重傷を負い、殴ったバッキーも指を骨折した(バッキー荒川事件)。バッキーはこの怪我が致命傷となって精彩を欠き、1969年オフに現役引退を表明している。その後、バッキーは1985年頃に来日した際に荒川と再会し、仲良く握手していた。その後は、養子の荒川尭がプロ入りしたのを期に、公私のけじめをつけるため1970年11月6日勇退。巨人退団後はフジテレビジョン文化放送解説者(1971年 - 1972年)を経て、1973年2月13日より日本鋼管のコーチに就任した。その後、同年シーズン途中の7月16日からヤクルトアトムズ一軍打撃コーチに就任。シーズン終了後の11月26日三原脩の後任として監督に昇格し、コーチ陣に広岡、小森、沼澤と早大出身の後輩を招聘して「早大カルテット」と称された。監督1年目の1974年は前半戦こそ出遅れたが、後半戦の8月に5試合連続完投勝利を含む6連勝をマークし、13年ぶりのAクラスとなる3位を確保する。2年目の1975年は日本ハムから主砲・大杉勝男を獲得して臨むも4位に終わり、3年目の1976年は開幕から低迷、5連敗を喫した同年5月12日に成績不振の責任をとって辞任。

監督辞任後はフジテレビ・文化放送(1977年 - 1984年)→日本テレビ1985年 - 1986年)で解説者を務め、その後はフリーの評論家としても活躍。ゴルフリゾート「ライオンゲイン」名誉会長やプロゴルファーのコーチ、野球教室「荒川道場」主宰、神宮バッティングセンターで少年に打撃指導を行うなど、野球以外でも幅広く活躍した。2006年にはTOKYO MXで中継された「明治神宮外苑創建90年記念奉納試合 東京六大学選抜vsヤクルト」にゲスト解説として出演し、2016年1月にはプロゴルファー・片山晋呉週刊ゴルフダイジェスト誌で対談したことがきっかけで、同誌の2016年5月1017日合併号から12月6日号まで片山との技術対談を連載していたのがメディアにおける最後の仕事となった[8]。同年12月4日、外出先で昼食の蕎麦を食べた後に胸の痛みを訴え、心不全のため東京都内の病院で死去[9]、享年86歳。荒川はこの日、昼食後に上田桃子を指導し、その後は巨人軍OB会に出席する予定であった。

人物編集

  • 養子の荒川尭1969年のドラフトで「巨人とアトムズ以外は拒否」を表明し、大洋の指名を拒否。それを快く思わない暴漢に襲われ、その後ヤクルトへのすぐのトレードを条件に、大洋へ一時入団したことで知られる[10]
  • 荒川は歌舞伎役者六世尾上菊五郎のファンであり、その六世菊五郎が著書「おどり」(時代社、1948年刊)の中に『間を習うために植芝先生の所に行った』と記したのを読み、『(六世菊五郎のような)あの名人が習いに行くくらいだから本物の先生だろう』と思い、自身も合気道を習うべく植芝に入門したという[11]。また入門後、荒川の親戚である元憲兵隊長が1941年陸軍憲兵学校の部下たちに因る集団で植芝を待ち伏せしたが返り討ちに遭ったと言う話も荒川に語った為に、さらに植芝に心酔する事となった。
  • 食事は大の肉好きで、野菜は嫌いで余り食べないと公言している[12]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1953 毎日
大毎
100 283 251 33 79 9 6 1 103 20 8 4 5 0 26 -- 1 11 4 .315 .381 .410 .791
1954 116 422 374 45 101 21 0 5 137 25 6 1 5 2 41 -- 0 23 9 .270 .341 .366 .707
1955 116 424 374 46 99 21 2 3 133 34 2 3 4 1 44 1 1 31 5 .265 .343 .356 .699
1956 122 370 319 27 67 16 2 0 87 35 2 1 2 1 46 0 2 7 13 .210 .313 .273 .586
1957 95 266 237 20 59 11 0 2 76 7 1 1 1 0 27 1 1 18 7 .249 .328 .321 .649
1958 97 306 279 30 66 14 3 4 98 33 1 0 2 2 23 1 0 24 6 .237 .293 .351 .644
1959 75 117 101 4 22 5 0 0 27 12 0 0 0 1 13 3 2 9 3 .218 .316 .267 .583
1960 36 37 31 2 3 1 0 1 7 3 0 0 0 0 4 1 2 6 2 .097 .243 .226 .469
1961 46 45 39 0 7 2 0 0 9 3 0 0 0 1 5 0 0 5 0 .179 .267 .231 .498
通算:9年 803 2270 2005 207 503 100 13 16 677 172 20 10 19 8 229 7 9 134 49 .251 .329 .338 .667
  • 毎日(毎日オリオンズ)は、1958年に大毎(毎日大映オリオンズ)に球団名を変更

年度別監督成績編集

年度 チーム 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1974年 昭和49年 ヤクルト 3位 130 60 63 7 .488 12 111 .233 3.14 44歳
1975年 昭和50年 4位 130 57 64 9 .471 16 101 .245 3.31 45歳
1976年 昭和51年 5位 130 52 68 10 .433 28.5 128 .260 3.88 46歳
通算:3年 289 127 142 20 .472 Aクラス1回、Bクラス2回
※1 1974年から1996年までは130試合制
※2 1976年、成績不振により5月13日から休養(29試合10勝15敗4分 勝率.400)。監督代行は広岡達朗
※3 通算成績は、実際に指揮した試合

記録編集

初記録
その他の記録

背番号編集

  • 22 (1953年 - 1959年)
  • 6 (1960年 - 1961年)
  • 73 (1962年 - 1970年、1973年 - 1976年)

登録名編集

  • 荒川 博 (あらかわ ひろし、1953年 - 1954年、1957年 - 1976年)
  • 荒川 博久 (あらかわ ひろひさ、1955年 - 1956年)

関連情報編集

著書編集

  • 『ヒットの打ち方 - クリーンアップを打てるバッターへ』(1977年、かんき出版
  • 『君は王貞治になれるか』(1980年、山手書房)
  • 『生まれ変わるバッティング - 勝つための野球術』(2001年、新星出版社
  • 『王選手コーチ日誌 1962 - 1969 一本足打法誕生の極意』(2010年、講談社

出演番組編集

映画出演編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 東京六大学野球連盟(記録)
  3. ^ 週刊ベースボール2016年12月19日号p.128
  4. ^ 「私だけが知る『巨人V9の真実』第7回 荒川博」週刊ポスト、2014年10月3日号、138頁。
  5. ^ 王 貞治の一本足打法 - SportsClick
  6. ^ 沢木耕太郎著『敗れざる者たち』(1979年文春文庫
  7. ^ 【訃報】荒川博さん死去 王氏の「一本足打法」を指導 東京スポーツ 2016年12月4日発信・閲覧
  8. ^ 「世界の王」を育てた荒川博から片山晋呉が『気』を学んだ! 週刊ゴルフダイジェストFacebook 2016年1月11日
  9. ^ 荒川博氏が死去、王貞治氏に「一本足打法」を指導 日刊スポーツ 2016年12月4日発信・閲覧
  10. ^ 詳細は「荒川事件」の項を参照。
  11. ^ 季刊合気ニュース NO.142 2004年秋号 ISBN 4900586277 荒川博インタビュー「野球に生かす合気道」 p31より
  12. ^ 王貞治の師・86歳荒川博氏「週1~2回ステーキ、野菜は嫌い」

関連項目編集

外部リンク編集