メインメニューを開く

荒巻 淳(あらまき あつし、1926年11月16日 - 1971年5月12日)は、大分県大分市出身の元プロ野球選手投手)・コーチ解説者

荒巻 淳
Atsushi Aramaki 1956 Scan10008.JPG
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県大分市
生年月日 (1926-11-16) 1926年11月16日
没年月日 (1971-05-12) 1971年5月12日(44歳没)
身長
体重
174 cm
61 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1950年
初出場 1950年3月15日
最終出場 1962年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
野球殿堂(日本)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1985年
選出方法 競技者表彰

目次

経歴編集

大分市堀川に鮮魚店の息子として生れる。大分商業学校時代の1942年夏、文部省主催の「全国中等学校野球大会」へ出場。卒業後は大分経専に進学し、1946年の「全国専門学校野球大会」決勝戦で、荒巻と並ぶ快速球で知られた山根俊英がエースの鳥取農専相手に23個の三振を奪い、優勝を果たす。一躍注目を浴びると、その後は社会人野球の強豪・星野組に入部し、1949年第20回都市対抗野球大会に出場。エースとしてチームを優勝に導き、「橋戸賞」を受賞する。その頃から球の速さは抜群で、当時メジャーリーグ随一の快速球投手だったボブ・フェラーにあやかり、「和製火の玉投手」と呼ばれた。

この球威に1948年頃から、プロ野球チームの争奪戦が始まり、読売ジャイアンツ(巨人)・阪神タイガース阪急ブレーブス大映スターズなどが様々な手段で星野組に勧誘を試みる[1]。巨人は別府での練習時に星野組社長の岡本忠夫が経営する日名子旅館を宿舎に利用、阪急は監督の浜崎真二が自ら別府に赴き、大映は北九州地区映画館収益の分配を約束したりした[1]大井廣介の著書『タイガース史』(ベースボール・マガジン社、1958年)や松木謙治郎の著書には一度阪神と契約を結んだという記述があり、当時阪神に在籍した若林忠志の次男も若林からの伝聞として阪神が荒巻と契約していたと証言している[1]。若林の次男や松木は、若林が荒巻を勧誘したと述べている[1]

1949年の夏以降、プロ野球参入を目指す毎日新聞社は有力社会人チームだった星野組の選手に勧誘をかける[2]。選手兼任監督の西本幸雄が交渉役になったが、荒巻だけは星野組社長の岡本忠夫が後見人を務め、契約も岡本が当たった[2]。岡本は次女を荒巻と結婚させていた[2]。最終的に荒巻は毎日オリオンズに入団した。松木は、プロ野球再編問題で若林が阪神から毎日に移ったことと、星野組を主体に毎日が結成されたことで、荒巻も毎日に入ったとしている[1]

毎日では初年度の1950年から26勝8敗、防御率2.06の好成績を挙げ、新人王最多勝利最優秀防御率のタイトルを獲得[3]。山根と共に日本一の立役者になる。細身の体で小躍りするようなフォームから投げる球はホップし打者が地面ぎりぎりだと思って見逃した球がストライクになったと言う伝説がある。また、足が速かったため代走として起用されたことがある。

1年目の酷使が祟り、2年目からは速球の威力に陰りが見え始める。入団3年目には7勝まで成績が落ち込んだが、カーブの威力に磨きをかけて、4年目の1953年には17勝を挙げて復活。同年の日米野球では、日本のプロ野球選手として初の完投勝利を収めた。1959年まで7年連続で15勝以上の勝ち星を挙げ、日本を代表する投手となる。1962年にコーチ兼任で阪急ブレーブスへ移籍し、同年限りで現役を引退した。

その後は阪急の一軍投手コーチ(1963年 - 1965年)・日本テレビ解説者1966年 - 1967年)を経て、1970年ヤクルトアトムズの一軍投手コーチに就任。在任中の1971年5月12日肝硬変のため京都府立医科大学附属病院で死去[4]1985年野球殿堂入りした。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1950 毎日
大毎
48 19 16 3 4 26 8 -- -- .765 1098 274.2 240 11 55 -- 1 150 1 0 86 63 2.06 1.07
1951 31 11 7 1 3 10 8 -- -- .556 586 144.1 139 6 29 -- 0 55 1 0 55 39 2.42 1.16
1952 26 11 4 1 1 7 6 -- -- .538 439 110.1 94 7 22 -- 0 55 2 0 35 23 1.86 1.05
1953 50 16 8 1 3 17 14 -- -- .548 962 248.0 198 8 49 -- 1 122 5 0 75 59 2.14 1.00
1954 49 24 15 5 3 22 12 -- -- .647 1068 271.0 234 13 43 -- 3 130 0 0 78 70 2.32 1.02
1955 49 19 11 1 2 18 12 -- -- .600 972 245.0 203 13 59 6 0 130 3 0 70 64 2.35 1.07
1956 56 20 11 2 5 24 16 -- -- .600 1028 263.0 202 7 46 5 3 123 2 0 72 62 2.12 0.94
1957 46 21 6 2 3 15 11 -- -- .577 707 175.2 142 8 41 0 1 87 1 0 64 42 2.15 1.04
1958 52 24 6 0 1 17 10 -- -- .630 960 244.2 183 11 58 3 3 109 2 0 74 58 2.13 0.99
1959 55 4 1 0 0 17 8 -- -- .680 632 159.1 136 12 36 1 0 72 1 0 55 40 2.25 1.08
1960 21 0 0 0 0 0 2 -- -- .000 165 38.2 38 3 10 1 0 24 0 0 23 18 4.15 1.24
1961 23 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 107 26.0 24 1 8 0 1 10 1 0 7 7 2.42 1.23
1962 阪急 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 9 2.0 1 0 2 0 0 2 0 0 1 1 4.50 1.50
通算:13年 508 169 85 16 25 173 107 -- -- .618 8733 2202.2 1834 100 458 16 13 1069 19 0 695 546 2.23 1.04
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 毎日(毎日オリオンズ)は、1958年に大毎(毎日大映オリオンズ)に球団名を変更

タイトル編集

表彰編集

記録編集

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号編集

  • 11 (1950年 - 1961年)
  • 31 (1962年)
  • 30 (1963年 - 1965年)
  • 50 (1970年)
  • 61 (1971年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e 内田 2011, pp. 222-224.
  2. ^ a b c 内田 2011, pp. 217-219.
  3. ^ 年度別成績 1950年 パシフィック・リーグ
  4. ^ 『朝日新聞』1971年5月12日付夕刊 (3版、9面)

参考文献編集

  • 内田雅也『若林忠志が見た夢 プロフェッショナルという思想』彩流社、2011年1月。

関連項目編集

外部リンク編集