メインメニューを開く

荒木 保夫(あらき やすお、1938年6月17日 - )は、日本の俳優CMディレクターである[1][2]。別名は荒木保男(読み同じ)[2]

あらき やすお
荒木 保夫
別名義 荒木 保男
生年月日 (1938-06-17) 1938年6月17日(81歳)
出生地 日本の旗 日本 東京府(現在の東京都
ジャンル 俳優
活動期間 1959年 - 1990年代
活動内容 劇映画時代劇現代劇特撮映画)、テレビドラマ
主な作品
銀座のお姐ちゃん

目次

来歴・人物編集

1938年(昭和13年)6月17日東京府(現在の東京都)に生まれる[1][2]

日本大学芸術学部を卒業後、東宝の専属俳優となり、ジャンルを問わず多くの作品に出演した[1][2]

1971年(昭和46年)、俳優専属制度廃止後もテレビドラマを中心に1990年代まで活動を続けた[2]。また、CMディレクターとして活動した時期もある。

主な出演作品編集

映画編集

テレビドラマ編集

特撮編集

  • ウルトラQ(1966年)
    • 第6話「育てよ! カメ」 - 警官 役
    • 第23話「南海の怒り」 - 第五太平丸船員 ※ノンクレジット
    • 第25話「悪魔ッ子」 - 警備員
  • 流星人間ゾーン 第1話「恐獣ミサイル爆破せよ!」(1973年) - ガロガバラン星人
  • ダイヤモンド・アイ 第14話「新たな敵ヒメコブラ」(1974年) - サタンバット・コンドル

CM編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『東宝特撮映画全史』東宝株式会社、1983年、527頁。
  2. ^ a b c d e 『モスラ映画大全』洋泉社(洋泉社MOOK)、2011年、17頁。