荒木 氏綱(あらき うじつな)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将波多野氏の家臣。丹波国多紀郡荒木城[2][注釈 2]

 
荒木氏綱
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
官位 山城守
主君 波多野秀治
氏族 荒木氏
父母 父:荒木氏義[要出典][注釈 1]
氏清高兼
テンプレートを表示

生涯編集

丹波に影響力のあった波多野氏の家臣として仕えた。

天正5年(1577年)11月、丹波攻略を目指す明智光秀は多紀郡の東口に位置する籾井城・安口城やその他敵対する多紀郡内の城11か所を落とし、それらに拠っていた者たちは「荒木・波多野両城」に逃げ込んだという[4][5]

天正6年(1578年)4月、明智光秀滝川一益丹羽長秀の軍勢が荒木城を包囲し、水の手が止められたことで城は落城した[6][2]。光秀は氏綱の武勇を認めて家臣として仕えるよう要請したが、氏綱は病身を理由に断り、代わりに嫡男・氏清[注釈 3]を出仕させている。

死亡時期については諸説あり、天正10年(1582年)の本能寺の変に際し、明智方に属し瀬田で息子らと共に戦死したとする説(『武家事紀』)[7][注釈 4]や、同じく本能寺の変ののち、坂本城に籠城していたが明智秀満の計らいで脱出したという説(『新撰豊臣実録』)[7]など、天正10年(1582年)以降も生存していた可能性もあるが、正確な没年は不詳である。いずれも子の氏清との混同の可能性もある。

子孫は陸奥国三春藩に仕え、婚姻関係により藩主である秋田氏の一門扱いを受けた。玄孫で秋田藩重臣の荒木高村の嫡男は、藩主の秋田輝季の養子となり三春藩4代藩主秋田頼季となった。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 寛政重修諸家譜』内荒木家系図によれば、氏義の通称は兵部少輔で、荒木村重の叔父とされている[1]。また、元々荒木氏は波多野氏の支流だったとされている[1]
  2. ^ 園部城船井郡、現在の京都府南丹市)が荒木氏綱の居城とされることがあるが、園部城は明智光秀に味方した小畠氏の本拠・宍人の北東3.6kmに所在しており、荒木氏綱の城は多紀郡(兵庫県丹波篠山市)の荒木城が正しいとされる[3]
  3. ^ 本能寺の変で明智方に属して戦死。
  4. ^ 「慶長17年1月11日志水宗加宛松井康之書簡」(松井康之が死の直前に井上市正(松井紀伊)の武功について書き留めた書状)にも、「彼さるかく(市正と共に武功を挙げた波々伯部家臣)ハ瀬田にて荒木一所二討死」と荒木某が瀬田で戦死した記述がある。引用元は『松井家先祖由来附』(『八代市史 近世史料編Ⅷ』八代市教育委員会、1999年、280-281頁)。

出典編集

  1. ^ a b 『寛政重脩諸家譜 第5輯』 國民圖書、1923年、381、387頁https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082718/199 
  2. ^ a b 高橋 2019, pp. 78, 96.
  3. ^ 高橋 2019, p. 78.
  4. ^ (天正5年)11月17日付明智光秀書状(「熊本三宅文書」、藤田達生・福島克彦編『明智光秀 史料で読む戦国史』(八木書店、2015年、79頁)所収)。
  5. ^ 高橋 2019, pp. 76, 78.
  6. ^ 『信長公記』。年未詳4月17日付丹羽長秀書状。
  7. ^ a b 谷口克広 『織田信長家臣人名辞典』(第2版) 吉川弘文館、2010年、31頁。ISBN 978-4-642-01457-1 

参考文献編集