メインメニューを開く

荒波 翔(あらなみ しょう、1986年1月25日 - )は、神奈川県横浜市瀬谷区出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。メキシカンリーグモンテレイ・サルタンズ所属。

荒波 翔
モンテレイ・サルタンズ #6
20130818 Shou Aranami, outfielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Yokohama Stadium.JPG
DeNA時代(2013年8月18日、横浜スタジアム)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市瀬谷区
生年月日 (1986-01-25) 1986年1月25日(33歳)
身長
体重
179 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2010年 ドラフト3位
初出場 2011年9月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ホリプロのマネジメント契約選手で、妻は同社所属のタレント女優宮崎瑠依[1]ノンフィクション作家軍司貞則は伯父に当たる[2]

目次

経歴編集

プロ入り前編集

横浜市瀬谷区のオール三ツ境で野球を始める。横浜市立原中学校時代は遊撃投手で、戸塚シニアでは主将として全国制覇を経験した。

中学校卒業後は、横浜高校へ進学。同級生には成瀬善久、1学年下には石川雄洋涌井秀章がいた。1年からレギュラーに定着すると、夏の選手権全国大会では「1番・中堅手」としてチームの準決勝進出に貢献した。3年春の選抜高等学校野球大会では、明徳義塾高校との2回戦の打席で、自打球によって骨折。以降の試合を欠場したが、チームは準優勝を果たした。 3年生の夏は、選手権の神奈川大会決勝で敗退。

東海大学への進学後は、1年時の春からレギュラーを獲得。首都大学野球のリーグ戦で首位打者になった。2年時の春に右膝の靭帯を断裂したが、実戦に復帰した3年の春季リーグ戦では、リーグ2位の打率.375をマーク。世界大学野球選手権に日本代表の一員として出場すると、打率が4割を超えるほど好調で、外野手としてベストナインを受賞した。 4年時の秋には、首都大学野球リーグの優勝と全日本大学野球選手権の準優勝を経験している。在学中には、首都大学野球リーグ戦に通算67試合出場。打率.301(239打数72安打)、4本塁打、33打点を記録したほか、ベストナインに2回選ばれた。

2008年トヨタ自動車へ入社してからは、1年目から「1番・中堅手」に定着。JABA愛知県野球連盟会長杯争奪野球大会で、最優秀選手賞を受賞した。さらに、日本選手権大会では、3回の猛打賞を達成。打率.500、出塁率.522、長打率.773を記録するとともに、チームの優勝に貢献した。2年目の2009年は年間通して不振で、チームは都市対抗野球への出場を果たすが自身は20打数1安打と振るわず、この年のNPBドラフト会議では指名されなかった。

2010年に復調すると、ドラフト会議横浜ベイスターズから3巡目で指名された。指名後の日本選手権大会でチームを2年振りの優勝に導いたことを置き土産に、契約金6,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)という条件で入団。2005年に横浜高校から直接入団していた石川と再びチームメイトになった。背番号は4

DeNA時代編集

 
2012年5月3日、横浜スタジアム

2011年、9月11日の対中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)に「2番・中堅手」としてスタメンで一軍公式戦へのデビューを果たすと、 4回裏の第2打席で、マキシモ・ネルソンから一軍初安打をマーク[3]。シーズン通算では、一軍公式戦28試合の出場で、打率.256を記録した。

 
ビジターユニフォーム姿の荒波

2012年、「機動力野球」を掲げる中畑清監督の方針で、持ち前の俊足を買われて開幕一軍入り。「7番・中堅手」として開幕戦のスタメンに抜擢されると、1番打者を任されていた梶谷隆幸の不振を受けて、4月後半から1番打者に抜擢された。結局、フルシーズン一軍へ帯同するとともに、一軍公式戦でチームトップの141試合に出場。外野の守備では、守備範囲の広さを存分に発揮した結果、自身初のゴールデングラブ賞を獲得した[4]。打撃面では、打率でセントラル・リーグのトップに立った時期もあったが、シーズン通算で打率.268にとどまった。

2013年オープン戦で最多打点を記録。公式戦の開幕も一軍のスタメンで迎えたが、4月17日の対広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)7回表に二塁走者として三塁への盗塁を試みたところ、三塁手との接触プレーで鼻と右頬を痛めて交代(記録は盗塁死[5]。後に右頬骨の陥没骨折が判明したため、出場選手登録を抹消したうえで手術を受けた[6]。5月上旬に一軍へ復帰してからは、主に1番打者として起用。しかし、打撃不振に陥ったため、6月以降は打線の下位に回ることが多かった。8月は3割を越える打率を残したが、9月は再び打撃が振るわず、10日・11日の対巨人戦では満塁で迎えた打席で凡退を繰り返した[7]。打撃面ではシーズンを通じて安定せず、打率.258、得点圏打率.221、チーム2位の96三振を記録した。守備面では、外野手としてリーグ最多の16補殺を記録するなど強肩ぶりを発揮。シーズン当初は主に中堅を守っていたが、途中からはナイジャー・モーガンとポジションを入れ替える格好で、右翼手として起用されることも多くなった。その結果、2年連続でゴールデングラブ賞を受賞した。

2014年、2月の春季キャンプ中に右手の薬指を骨折。その影響で開幕一軍入りを逃した[8]が、当初の想定より患部が早く回復したため、4月8日に一軍へ昇格した。昇格当初はなかなか打率が上がらなかったが、同月29日の対中日戦(横浜)では、「野球人生で初めて」という満塁本塁打を放った[9]。5・6月にはいずれも月間打率が3割を超すなど好調だったが、6月と8月に右ふくらはぎの肉離れで戦線を離脱。さらに、桑原将志が中堅手としてスタメンに起用されるようになったため、後半戦にはほとんど出番がなかった。結局、一軍公式戦への出場はわずか63試合で、3年連続のゴールデングラブ賞も逃した。

2015年、公式戦の開幕に出遅れたものの、4月10日に一軍へ昇格した後は、主に「1番(または7番)・中堅手」として起用。セ・パ交流戦では全18試合に出場すると、打率.383、3盗塁と活躍した。交流戦終了後の6月27日に右足付け根を痛めたため、9月上旬まで戦線離脱を余儀なくされたが、一軍復帰後は「1番・中堅手」として定着。その影響で最終規定打席を下回ったが、打率.298、得点圏打率.355という好成績を残した。

2016年、梶谷が公式戦の開幕前に故障したことを背景に、公式戦の開幕を3年振りに一軍で迎えると、広島との開幕カードから「2番・中堅手」としてスタメンに起用。チーム全体が打撃不振に陥った4月中旬にはクリーンアップに組み込まれたが、自身の打撃も振るわず、梶谷が復帰した5月上旬からは4ヶ月もの二軍調整を余儀なくされた。一軍へ復帰した後は、主に代打で起用。レギュラーシーズン全体での出場試合数は36試合で、プロ入り後初めて打率が2割を切ったほか、盗塁を記録できず、4年振りに本塁打を放てなかった。チームのレギュラーシーズン3位で迎えたクライマックスシリーズ(CS)では、巨人とのファーストステージ(東京ドーム)で1試合、広島とのファイナルステージ(マツダスタジアム)で3試合に出場。いずれも代打に起用されたが、安打を放てないまま日本シリーズへ進めずにシーズンを終えた。

2017年、レギュラーシーズンでは、4月15日から一軍に昇格すると、一軍公式戦47試合の出場で打率.226、1打点をマーク。スタメンでの出場はわずか8試合で、前年に続いて本塁打も盗塁も記録できず、8月下旬以降は一軍から遠ざかった。チームがレギュラーシーズン3位からCSを経て19年振りに日本シリーズへ進出したことから、荒波も日本シリーズの出場資格を得た[10]が、実際にはCSでも日本シリーズでも出場の機会がなかった。日本シリーズ終了後の11月26日に、2013年末から交際していた3歳年上の宮崎[11]と夏場に結婚したことを公表[12]

2018年、一軍公式戦の出場はわずか13試合で、11打数ノーヒットに終わったため、10月3日に球団から戦力外通告を受けた。12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示。

メキシカンリーグ時代編集

2019年3月19日にメキシカンリーグモンテレイ・サルタンズと契約した[13]

選手としての特徴・人物編集

遠投110メートルの強肩と広い守備範囲、一塁到達が4秒を切り、50メートルを5秒7で走る俊足外野手。時には中前打を二塁打にすることもあった。ベースランニングについては、荒波のトヨタ自動車時代のチームメイトで2010年から千葉ロッテマリーンズに所属している荻野貴司が、「一緒に走るとベース1周で1秒くらい差をつけられる」と語る程であった[14]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2011 横浜
DeNA
28 92 86 11 22 1 1 0 25 1 6 1 5 0 1 0 0 23 0 .256 .264 .291 .555
2012 141 550 504 53 135 16 7 1 168 25 24 12 16 2 23 2 5 90 2 .268 .305 .333 .638
2013 126 490 445 65 115 23 3 2 150 30 19 9 4 2 37 2 2 96 9 .258 .317 .337 .654
2014 63 206 188 30 51 8 2 3 72 18 9 1 4 0 13 0 1 28 1 .271 .322 .383 .705
2015 70 207 188 29 56 15 2 4 87 14 4 3 1 1 16 0 1 26 2 .298 .354 .463 .817
2016 36 96 87 8 17 2 1 0 21 7 0 1 1 0 7 0 1 17 1 .195 .263 .241 .505
2017 47 65 62 8 14 5 0 0 19 1 0 0 0 0 2 0 1 16 1 .226 .262 .306 .568
2018 11 13 11 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 0 4 0 .000 .154 .000 .154
NPB:8年 522 1719 1571 205 410 70 16 10 542 96 62 28 31 5 101 4 11 300 16 .261 .309 .345 .654
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 横浜(横浜ベイスターズ)は、2012年にDeNA(横浜DeNAベイスターズ)に球団名を変更

年度別守備成績編集



外野












2011 横浜
DeNA
26 47 0 0 0 1.000
2012 136 314 10 4 2 .988
2013 124 259 16 0 4 1.000
2014 53 88 2 3 1 .968
2015 59 89 1 3 0 .968
2016 27 44 0 0 0 1.000
2017 20 27 0 0 0 1.000
2018 5 9 0 0 0 1.000
通算:8年 430 877 29 10 7 .989

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 4 (2011年 - 2018年)
  • 6 (2019年 - )

登場曲編集

脚注編集

  1. ^ “宮崎瑠依、DeNA荒波翔選手との結婚を発表「優しくて、とても頼り甲斐のある方です」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年11月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2101234/full/ 2017年11月26日閲覧。 
  2. ^ 日刊スポーツ』2011年2月13日付。
  3. ^ “【横浜】ドラフト3位荒波がプロ初安打”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2011年9月11日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20110911-833530.html 2019年2月28日閲覧。 
  4. ^ “荒波 プロ2年目で初受賞「素直にうれしい」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2012年11月8日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/11/08/kiji/K20121108004511260.html 2013年5月3日閲覧。 
  5. ^ “荒波 接触プレーで鼻と右頬を痛め途中交代”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年4月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/17/kiji/K20130417005631980.html 2013年4月20日閲覧。 
  6. ^ “荒波 右頬骨陥没骨折も中畑監督「10日で復帰して即戦力」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年4月19日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/19/kiji/K20130419005642170.html 2013年4月20日閲覧。 
  7. ^ “8回無死満塁で無得点 中畑監督「荒波が勢い止めている」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年9月12日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/09/12/kiji/K20130912006601660.html 2013年10月19日閲覧。 
  8. ^ “DeNA荒波 開幕間に合わず…右手薬指骨折でリハビリ中”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年3月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/21/kiji/K20140321007818830.html 2015年2月14日閲覧。 
  9. ^ “DeNA今季初連勝 荒波“全速力”人生初満弾「慣れてないので」”. スポニチSponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年4月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/04/30/kiji/K20140430008067620.html 2015年2月14日閲覧。 
  10. ^ 2017年日本シリーズ出場資格者名簿(横浜DeNAベイスターズ)
  11. ^ “【DeNA】荒波が宮崎瑠依と結婚! 交際期間4年、今夏すでに婚姻届”. スポーツ報知. (2017年11月25日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171126-OHT1T50000.html 2017年12月17日閲覧。 
  12. ^ “DeNA・荒波、タレントの宮崎瑠依と結婚「今まで以上に野球に精進」”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2017年11月26日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20171126/den17112612420007-n1.html 2017年12月17日閲覧。 
  13. ^ “元DeNA荒波がメキシカンLの球団と正式契約「ここまで来たからには楽しむ」”. full-Count (福岡吉央). (2019年3月21日). https://full-count.jp/2019/03/21/post324195/ 2019年3月21日閲覧。 
  14. ^ 『アマチュア野球』第25号、日刊スポーツ出版社、2009年、雑誌66835-63、103-104頁。

関連項目編集

外部リンク編集