メインメニューを開く
レディ・プレイヤー1』ジャパン・プレミアにて(2018年)

荒牧 伸志(あらまき しんじ、1960年10月2日 - )は、日本アニメ監督メカニックデザイナー福岡県出身[1]福岡県立福岡高等学校卒業。岡山大学卒業。アートミック出身。SOLA DIGITAL ARTS では、CCO(Chief Creative Officer)を務める[2]

目次

人物・来歴編集

中学時代から高校時代にかけて『宇宙戦艦ヤマト』『機動戦士ガンダム』『スター・ウォーズ』などの影響を受け映像の世界を志す[3]

岡山大学時代には漫画倶楽部に所属。漫画倶楽部時代の代表作に自主製作アニメ『ムーンストラック アルテミス』がある。

荒牧自身はアニメ業界を特別志望していたわけではなく、絵を描くことができ、間口の広い業界であったから進んだと述べている[3]。またアニメや実写といったジャンルの区別は考えておらず、荒牧としてはデジタル技術の普及によりアニメと実写の境目がなくなってきたことで仕事がやりやすくなったともしている[3]

特にパワードスーツオートバイへの変形機構を持ったメカの類が登場するアニメを多く手がけていることで知られる。

2011年10月27日、「VFX-JAPANキックオフミーティング」ではパネルディスカッションに登壇した[4][5]

主な作品編集

監督・演出編集

デザイン編集

メカニックデザイン編集

プロダクションデザイン編集

デザインワークス編集

コンセプトデザイン編集

その他編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]