荒牧重雄

日本の地球科学者

荒牧 重雄(あらまき しげお、1930年9月9日 - )は日本地球科学者東京大学名誉教授。"pyroclastic flow"という用語に対し火山砕屑流(火砕流)という訳語をあてた[1]。日本における火山学の第一人者。英文学者の荒牧鉄雄を父に持つ。

荒牧 重雄
(あらまき しげお)
生誕 1930年9月9日
日本の旗 日本 東京都
研究分野 火山学
研究機関 山梨県富士山科学研究所
主な受賞歴 クラフト・メダル(2013年)
補足
荒牧鉄雄(父)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

経歴編集

社会的活動編集

受賞編集

研究内容編集

主要な研究分野は火山岩石学、火山地質学。1961年"Geology of Asama Volcano"により学位を取得[6]。浅間山、熊野酸性火山岩類に始まり国内外の多くの火山を研究対象としている。近年では富士山ハザードマップ検討委員会の委員長を務めた[7]

論文編集

  • 荒牧重雄, 宇井忠英「阿多火砕流の14C年代 : 日本の第四紀層の14C年代 XXI」『地球科学』第1965巻第80号、地学団体研究会、1965年、 37-38頁、 doi:10.15080/agcjchikyukagaku.1965.80_37
  • 荒牧重雄「姶良カルデラ入戸火砕流の14C年代 : 日本の第四紀層の14C年代 XXII」『地球科学』第1965巻第80号、地学団体研究会、1965年、 38頁、 doi:10.15080/agcjchikyukagaku.1965.80_38
  • 荒牧重雄『カルデラ』271、1997年。
  • 荒牧重雄, 宇井忠英「阿多火砕流と阿多カルデラ」『地質学雑誌』第72巻第7号、日本地質学会、1966年、 337-349頁、 doi:10.5575/geosoc.72.337
  • 中村一明, 荒牧重雄, 村井勇「火山の噴火と堆積物の性質」『第四紀研究』第3巻第12号、日本第四紀学会、1963年、 13-30頁、 doi:10.4116/jaqua.3.13
  • 荒牧重雄, 羽田忍「熊野酸性火成岩類の中部および南部の地質」『地質学雑誌』第71巻第841号、日本地質学会、1965年、 494-512頁、 doi:10.5575/geosoc.71.494
  • 荒牧重雄「鹿児島県国分地域の地質と火砕流堆積物」『地質学雑誌』第75巻第8号、日本地質学会、1969年、 425-442頁、 doi:10.5575/geosoc.75.425
  • 荒牧重雄「Pyroclastic Flowの分類」『火山.第2集』第1巻第1号、日本火山学会、1957年、 47-57頁、 doi:10.18940/kazanc.1.1_47
  • 荒牧重雄、「噴火現象の分類とメカニズム」 『火山.第2集』 1975年 20巻 TOKUBE号 p.205-221, doi:10.18940/kazanc.20.TOKUBE_205, 日本火山学会
  • 荒牧重雄「カルデラ学説に関するいくつかの問題」『火山.第2集』第14巻第2号、日本火山学会、1969年、 55-76頁、 doi:10.18940/kazanc.14.2_55
  • 佐藤和郎, 荒牧重雄, 佐藤純「浅間火山におけるγ線の放射能強度分布」『東京大學地震研究所彙報』第53巻第1号、1978年8月、 295-304頁。
  • 葉室和親, 荒牧重雄, 加賀美英雄, 藤岡換太郎「東伊豆沖海底火山群 : その1」『東京大學地震研究所彙報』第55巻第1号、1980年8月、 259-297頁。
  • 荒牧重雄, 「日本の火山と噴火災害」『関東学院大学人間環境研究所所報』 10号 2012-05, p.67-68, 関東学院大学人間環境研究所, ISSN 13489461

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 荒牧重雄「Pyroclastic Flowの分類」『火山』第2巻第1号、日本火山学会、1956年、 47-57頁。
  2. ^ a b c 小坂和夫「荒牧重雄先生のご退職に際して (PDF) 」 『日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要』第36巻、日本大学文理学部、2001年、 47-53頁、 NAID 40002980540
  3. ^ a b c d コトバンク デジタル番日本人名大辞典+Plus 荒牧重雄
  4. ^ 全国治水砂防協会TOPICS「第47回 砂防および地すべり防止講習会」開催される
  5. ^ IAVCEI News2013 No.2-3. Page3
  6. ^ 国立歴史民俗博物館 これまでの企画展示「日本と世界の火山学と私 荒牧重雄」
  7. ^ 内閣府 富士山ハザードマップ検討委員会

外部リンク編集