メインメニューを開く

概要編集

山形県道11号長井白鷹線が通る。白鷹町の荒砥と鮎貝地域を結んでいる。

1886年明治19年)、下長井橋として整備された。水害による度重なる決壊があり、明治時代から大正にかけては株券を発行して得た資金で橋を架け替えていたという[2]。現在の橋は1957年昭和32年)に完成し、橋の傍には自転車歩行者用の橋も併設されている。

2016年平成28年)1月7日、主要地方道長井白鷹線『荒砥橋』架替事業として新荒砥橋架け替えの工事が着工し、現在新しい橋を建設中である。橋を含めた計画延長1,040メートル (m) の工事であり、橋長は323.3 mとなる見通し。新橋架け替えの背景に60年を経過し橋が老朽橋となったこと、幅員の狭さから大型車同士のすれ違いが困難で発生する渋滞、冬期間の積雪で幅員が狭くなり、除雪時は片側交互通行を余儀なくされることが挙げられている[3][4]

脚注編集

外部リンク編集

  • 荒砥橋 - 三協コンサルタント株式会社