メインメニューを開く

荘公 贖(そうこう しょく、? - 紀元前731年)は、の第12代君主。荘公というのはで、贖はである。原文では荘公購と表記されるが、購(こう)は贖(しょく)の誤りとされている[1]前荘公とも作られ、彼の後裔に後にもう一人荘公を諡とする君主がいる(→荘公光)。

荘公 姜贖
第12代公
王朝
在位期間 前794年 - 前731年
都城 臨淄
姓・諱 姜贖
諡号 荘公
生年 不詳
没年 前731年
成公

生涯編集

成公の子として生まれる。

成公9年(前795年)、成公が薨去したため、子の贖が立って斉君となった[2](以降は「荘公」と表記する)。

『史記』には成公在位中の記事として、以下の2つの出来事を記す。荘公24年(前771年)、幽王犬戎(けんじゅう)[3]に殺され、周は都を東の雒(らく)[4]に遷した[2]。荘公24年(前739年)に昭侯が臣下に殺害された[2]

荘公64年(前731年)、荘公が薨去し、子の禄甫(ろくほ)が立って斉君(釐公)となる[2]

脚注編集

  1. ^ 『史記1』(筑摩世界文學大系6 筑摩書房)p211脚注(20)「購は贖の誤りか」
  2. ^ a b c d 『史記』「斉太公世家」
  3. ^ 犬戎は西の異民族。
  4. ^ 現在の河南省洛陽市付近。

史料編集

参考文献編集