荘厳

荘厳(しょうごん、そうごん、そうげん、しょうげん、: vyūha, ヴィユーハ: alaṁkāra, アランカーラ)とは、仏教用語仏像仏堂を美しくおごそかに飾ること。また、その物。お飾りともいう。宗派により異なる。

智慧・福徳・相好などの身を飾る(包む)ことも意味する。

目次

語源編集

サンスクリット語のvyūha(分配、配列)が語源とされ、「みごとに配置されていること」「美しく飾ること」の意。漢字の「荘」「厳」はいずれも「おごそかにきちんと整える」 という意味。「立派で厳かな」という意味の荘厳(そうごん)は荘厳から派生した言葉。荘厳は一般には「そうごん」であるが仏教では「しょうごん」と読む。呉音

信は荘厳なり編集

寺堂の立派な装飾を見て信心が啓発されるという意で、内容は形式によって導かれるというたとえ。「信は荘厳から起こる」「信は荘厳より」ともいう。

香光荘厳編集

念仏三昧をたたえた言葉。に染まると香気が漂うように、仏を念じて仏の智慧功徳に包まれること。

染香人(ぜんこうにん)のその身には 香気(こうけ)あるがごとくなり
これをすなわち なづけてぞ 
香光荘厳(こうこうしょうごん)と ま(も)うすなる

浄土和讃 勢至讃』

荘厳造り編集

名古屋仏壇における、宮殿の一形態。また名古屋地域では、宮殿師を荘厳師という。

関連項目編集