荘孝帝姫(そうこうていき、1038年 - 1070年2月26日)は、北宋仁宗の長女。周国陳国大長公主(しゅうこくちんこくだいちょうこうしゅ)とも。

荘孝帝姫
続柄 仁宗第一皇女

称号 楚国大長公主(追贈:荘孝大長帝姫)
身位 公主→長公主→大長公主
出生 宝元元年(1038年
死去 熙寧3年(1070年)(享年33)
配偶者 李瑋
父親 仁宗
母親 昭節貴妃
テンプレートを表示

経歴編集

才人苗氏(のちの賢妃、昭節貴妃。仁宗の乳妹)の娘として生まれた。機知に富み、父帝に孝事した。宝元2年(1039年)9月11日、福康公主に封ぜられた。嘉祐2年(1057年2月26日)、兗国公主に進封された。

仁宗は不遇であった実母の李宸妃を哀れに思い、公主を李宸妃の甥(弟李用和中国語版の次男、仁宗の従弟)の李瑋に降嫁させた。李瑋は画に才能があったが、貧民の出身で、容貌は醜く、朴訥な性格であった。公主は李瑋を家奴と見なし、また昌黎郡君韓氏(公主の乳母)ら下人たちも李瑋に対して酷薄であった。その後、美少年の内臣・梁懐吉が公主の寵愛を受けた。嘉祐5年(1060年)、李瑋の母・楊氏は、公主と梁懐吉の酌交する様子を覗き見た。公主は激怒し、楊氏を殴り倒した。さらに、真夜中に皇宮の門を開かせ参内し、怒りをこめて父帝に告発した。

司馬光らの官員が公主の下人たちの過ちと訴えて、昌黎郡君韓氏ら10人の下人が宮外に追放され、梁懐吉は園陵の奉仕にあたらせた。公主は怒り狂い、放火して皇宮を焼くと自殺をほのめかし、無理矢理に梁懐吉の召還を要求した。仁宗はやむなく、梁懐吉らを召還した。公主の母・苗賢妃は友人の兪充儀(のちの徳妃。夭折した皇長子皇次女の母)と計略を用い、内臣の王務滋を派遣して駙馬府に入り込ませ、李瑋の罪過をスパイさせた。しかし李瑋は慎ましやかで、罪過が全くうかがえなかった。苗賢妃は焦って李瑋を毒殺しようと謀ったが、曹皇后に制止された[1]

嘉祐7年(1062年)3月、公主は沂国公主に降格され、李瑋と離婚した。同年11月、また岐国公主に進んだ。治平元年(1064年)6月、再従兄の英宗により越国長公主に進封された。治平4年(1067年)5月、神宗により楚国大長公主に進封された。

熙寧3年正月7日(1070年2月26日)、病没した。秦国大長公主の位を追贈された。元符3年(1100年)3月、徽宗から周国陳国大長公主の位を追贈された。政和4年(1114年)12月、荘孝大長帝姫の位を再追贈され、「明懿」とされた。

脚注編集

  1. ^ 『続資治通鑑長編』仁宗体天法道極功全徳神文聖武睿哲明孝皇帝嘉祐七年(遼清寧八年):二月癸卯,詔兗国公主入内、安州観察使、駙馬都尉李瑋知衛州。瑋所生母楊氏帰其兄璋、公主乳母韓氏出居外、公主宅句当内臣梁懐吉帰前省、諸色祗應人皆散遣之。懐吉等既坐責、公主恚懟、欲自盡、或縦火欲焚第、以邀帝必召懐吉等還。帝不得已、亦為召之。諫官楊畋、司馬光、龔鼎臣等皆諫、帝弗聽。然公主意終悪瑋、不肯復入中閤、状若狂易、欲自盡数矣。苗賢妃與兪充儀謀、使内臣王務滋管句駙馬宅、以伺瑋過。瑋素謹、務滋不得其過、乃告苗、兪曰:「但得上旨,務滋請以巵酒了之。」苗、兪白帝。帝不答。頃之、帝與皇后同坐、兪又白之。皇后曰:「陛下念章懿太后、故瑋得尚主、今奈何欲為此?」都知任守忠在旁曰:「皇后之言是也。」務滋謀訖不行、尋有是命。

伝記資料編集

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』
  • 『封福康公主制』
  • 『冊長女兗国公主文』
  • 『皇女兗国公主降封沂国公主制』