荘順帝姫(そうじゅんていき、1040年 - 1042年6月2日)は、北宋仁宗の三女。

荘順帝姫
続柄 仁宗第三皇女

称号 安寿公主(追贈:荘順大長帝姫)
身位 公主
出生 宝元3年(1040年
死去 慶暦2年5月6日
1042年6月2日
父親 仁宗
母親 清河郡君張氏
テンプレートを表示

経歴編集

清河郡君張氏(後に修媛・貴妃・温成皇后となった)の長女として生まれた。荘定帝姫と荘慎帝姫趙幼悟の同母姉である。

宝元3年(1040年)に生まれた。慶暦2年5月1日(1042年5月28日)、安寿公主に封ぜられたが、5日後(6月2日)に死去した。仁宗は深く悼んだ。唐国公主の位を追贈された。

嘉祐4年(1059年)12月に漢国公主の位を再追贈された。治平元年(1064年)6月、再従兄の英宗から魏国長公主の位を再追贈された。元符3年(1100年)3月、徽宗から鄧国大長公主の位を再追贈された。政和4年(1114年)12月、荘順大長帝姫の位を再追贈された。

伝記資料編集

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』