メインメニューを開く

荷車の歌』(にぐるまのうた)は、1959年に全国農村映画協会が製作した山本薩夫監督の日本映画である。

荷車の歌
監督 山本薩夫
脚本 依田義賢
原作 山代巴
製作 中山亘
立野三郎
音楽 林光
撮影 前田実
編集 河野秋和
製作会社 全国農村映画協会
配給 新東宝
公開 1959年2月11日
上映時間 145分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

山代巴の代表作である同名小説を映画化した作品で、全国の農業協同組合の婦人部が一人10円のカンパで3200万円を集めて製作された。この映画は全国各地を長期間にわたって巡回して上映され、多くの観客を動員した。

主演の望月優子は、共演者の三國連太郎が扮装に凝りすぎたため山本監督に抗議したという(山本薩夫の自著『私の映画人生』より)。

出演者の左時枝(当時の芸名は左民子)は、姉の左幸子が演じる主人公の娘の少女時代を演じている。

この作品はキネマ旬報ベストテンの第4位、毎日映画コンクールの監督賞、音楽賞を受賞している。

スタッフ編集

キャスト編集

外部リンク編集