荻伏駅

かつて北海道浦河郡浦河町にあった北海道旅客鉄道の駅

荻伏駅(おぎふしえき)は、北海道日高振興局浦河郡浦河町荻伏町元浦河にあった、北海道旅客鉄道(JR北海道)日高本線廃駅)である。電報略号オキ事務管理コードは▲132221[2]

荻伏駅
駅舎(駅前通り側)
(2017年9月)
おぎふし
Ogifushi
本桐 (7.2 km)
(4.9 km) 絵笛
地図
所在地 北海道浦河郡浦河町荻伏町元浦河
北緯42度12分22.13秒 東経142度41分21.57秒 / 北緯42.2061472度 東経142.6893250度 / 42.2061472; 142.6893250
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 日高本線
キロ程 120.2 km(苫小牧起点)
電報略号 オキ←ヲキ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1935年昭和10年)10月24日[1]
廃止年月日 2021年令和3年)4月1日[JR 1][運輸局 1]
備考 無人駅
路線廃止に伴う廃駅
テンプレートを表示

歴史 編集

 
1978年の荻伏駅と周囲約500m範囲。右下が様似方面。島式ホーム1面2線、駅裏に副本線を有する。後に駅表側上り線が撤去され、駅裏の副本線も様似側が切られて引込線化された。現在では引込み線も撤去されて傍線化されている。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成

駅名の由来 編集

当駅の所在する地名より。地名は、アイヌ語の「オ・ニ・ウシ」(そこに木の多い所)に由来する[5][6][7]のことである[6]

駅構造 編集

単式ホーム1面1線を有した地上駅だった。ホームは線路の南西側(様似方面に向かって右手側)に存在した。転轍機を持たない棒線駅となっていた[5]。かつては相対式ホーム2面2線を有する列車交換可能な交換駅であった[5]。駅舎側が上りの1番線、駅舎と反対側が下りの2番線となっていた[8]。使われなくなった旧2番線は、1983年(昭和58年)4月時点では交換設備運用廃止後も苫小牧方の転轍機が維持されホーム様似寄りの端までの線路が側線として残っていた(但し転轍機の先の部分に車止めが設置されていた。またホームは撤去されていた)[8]が、1993年(平成5年)3月までに撤去された[5]

静内駅が管理していた無人駅だった。駅舎は構内の南西側に位置しホームとは通路で連絡していた[5]有人駅時代の駅舎は改築され、ワフ29500形有蓋緩急車を改造した貨車駅舎となっていた[9]。出入口扉がアルミサッシに変更されていた[6]。塗色は浦河高校美術部の生徒の手によるイラストになっており[5][6]、正面側が1993年(平成5年)3月時点ではゼリービーンズ[10]、2008年(平成20年)時点ではカラフルな気球[6]、線路側が2007年(平成19年)時点では右上がりの水平線[9]となっていた。長い間簡易委託駅となっており、駅舎内の貨物室部分の一番奥の場所に管理人室を設け乗車券を発売していたが[9]、終了した。受託者は近隣の個人で、元国鉄職員で1940年(昭和15年)から当駅に勤務しており、退職後も簡易委託の受託者として勤務した夫婦であった[9]。駅管理も行っていた。正面から見て駅舎右側斜め向いに別棟でトイレ棟を有していた[6]

利用状況 編集

乗車人員の推移は以下のとおり。年間の値のみ判明している年については、当該年度の日数で除した値を括弧書きで1日平均欄に示す。乗降人員のみが判明している場合は、1/2した値を括弧書きで記した。また、「JR調査」については、当該の年度を最終年とする過去の各調査日における平均である。当駅についてはバス代行期間が存在するため、一部でバスと列車が別集計となっているほか、各年で集計期間が異なる。備考も参照。

年度 乗車人員 出典 備考
年間 1日平均 JR調査
列車 代行バス
1981年(昭和56年) (47.0) [8] 1日乗降人員:94
1992年(平成04年) (69.0) [5] 1日乗降人員138
2014年(平成26年) 37 [JR 6] 当年の列車は単年の値。
2017年(平成29年) 13 [JR 7] 2015年度末から鵡川 - 様似間バス代行。当年のバスは単年の値。
2018年(平成30年) 15.5 [JR 8] 代行バスの値は過去2年平均
2019年(令和元年) 15.3 [JR 9] 代行バスの値は過去3年平均
2020年(令和02年) 15.0 [JR 10] 代行バスの値は過去4年平均

駅周辺 編集

荻伏の中心街からは少し離れている。

その他 編集

テレビ東京系列の番組である日曜ビッグバラエティ(2008年9月14日放送)で、駅員時代から68年間にわたり、駅を管理(簡易委託含む)してきた夫婦の仕事ぶりが紹介されたことがあった[11]

隣の駅 編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
日高本線
本桐駅 - 荻伏駅 - 絵笛駅

脚注 編集

注釈 編集

出典 編集

  1. ^ a b c d 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、864頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ 日本国有鉄道営業局総務課 編『停車場一覧 昭和41年3月現在』日本国有鉄道、1966年、229頁。doi:10.11501/1873236https://doi.org/10.11501/18732362022年12月10日閲覧 
  3. ^ “日本国有鉄道公示第182号”. 官報. (1977年1月31日) 
  4. ^ “「通報」●日高本線浜厚真駅ほか17駅の駅員無配置について(旅客局)”. 鉄道公報 (日本国有鉄道総裁室文書課): p. 2. (1977年1月31日) 
  5. ^ a b c d e f g 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)104ページより。
  6. ^ a b c d e f 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)356ページより。
  7. ^ 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、(2004年2月発行))102ページより。
  8. ^ a b c 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)104ページより。
  9. ^ a b c d 書籍『ダルマ駅へ行こう!』(著:笹田昌宏、小学館文庫2007年5月発行)112-113ページより。
  10. ^ 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館、1993年6月発行)14ページより。
  11. ^ http://www.tv-tokyo.co.jp/sun/backnumber/231.html

JR北海道 編集

  1. ^ a b 日高線(鵡川・様似間)の廃止日繰上げの届出について』(PDF)(プレスリリース)北海道旅客鉄道、2021年1月5日。 オリジナルの2021年1月5日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20210105050338/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210105_KO_hidakahaishi0401.pdf2021年1月5日閲覧 
  2. ^ 日高線 厚賀〜大狩部間 67k506m 付近における盛土流出について』(PDF)(プレスリリース)北海道旅客鉄道、2015年1月13日。 オリジナルの2015年1月15日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20150115032522/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150113-3.pdf2020年10月30日閲覧 
  3. ^ 日高線 静内〜様似間折り返し運転の実施について』(PDF)(プレスリリース)北海道旅客鉄道、2015年1月20日。 オリジナルの2015年3月30日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20150330110841/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150120-1-2.pdf2020年10月30日閲覧 
  4. ^ 日高線 静内〜様似間におけるバス代行の実施について』(PDF)(プレスリリース)北海道旅客鉄道、2015年2月27日。 オリジナルの2015年3月30日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20150330131236/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150227-1.pdf2020年10月30日閲覧 
  5. ^ 日高線運休に伴う列車代行バスの乗降場所変更について』(PDF)(プレスリリース)北海道旅客鉄道、2015年4月17日。 オリジナルの2019年7月20日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20190719155515/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150417-1.pdf2019年7月20日閲覧 
  6. ^ 日高線(鵡川・様似間)” (PDF). 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2018年8月1日). 2018年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月17日閲覧。
  7. ^ 日高線(苫小牧・鵡川間)」(PDF)『線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために)』、北海道旅客鉄道、3頁、2018年7月2日。 オリジナルの2018年8月17日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20180817123514/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/12.pdf2018年8月17日閲覧 
  8. ^ 日高線(鵡川・様似間)” (PDF). 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  9. ^ 日高線(鵡川・様似間)” (PDF). 地域交通を持続的に維持するために > 輸送密度200人未満の線区(「赤色」「茶色」5線区). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2020年10月30日). 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月4日閲覧。
  10. ^ 駅別乗車人員 特定日調査(平日)に基づく”. 北海道旅客鉄道. 2022年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。

北海道運輸局 編集

  1. ^ a b 鉄道事業の一部廃止の日を繰上げる届出について』(PDF)(プレスリリース)国土交通省北海道運輸局、2021年1月5日。 オリジナルの2021年1月5日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20210105055746/https://wwwtb.mlit.go.jp/hokkaido/press/presspdf/202101/20210105.pdf2021年1月5日閲覧 

関連項目 編集