メインメニューを開く

荻田 浩一(おぎた こういち)は、元宝塚歌劇団所属の演出家大阪府出身。愛称はオギー。ジャンクション所属。

目次

来歴編集

  • 大阪大学文学部日本学科卒業。在学中の1994年、宝塚歌劇団に演出助手として就職。
  • 1997年、宝塚バウホール公演『夜明けの天使たち』で演出家デビュー。
  • 1999年、『螺旋のオルフェ』で宝塚大劇場作品デビュー。
  • 2004年、脚本・演出を手掛けた『ロマンチカ宝塚'04―ドルチェ・ヴィータ!―』が第59回文化庁芸術祭『演劇部門優秀賞』(関西の部)を受賞。
  • 2008年、『ソロモンの指輪』をもって宝塚歌劇団を退職。
  • 2013年1月1日付けで、ジャンクション所属となる。

人物編集

  • 自らの作品では作曲家の斉藤恒芳と組んで、宝塚の大劇場公演では使われることの少ない、打ち込み系の楽曲を採用することもある。

宝塚歌劇団での舞台作品編集

芝居の脚本・演出編集

  • バウ・ミュージカル『夜明けの天使たち』(1997年 星組・日本青年館)
  • バウ・ミュージカル『夜明けの天使たち―悲しみの銃弾―』(1998年 星組・宝塚バウホール)
  • バウ・ミュージカル『凍てついた明日―ボニー&クライド―』(1998年 雪組・宝塚バウホール、日本青年館)
  • ミュージカル『螺旋のオルフェ』(1999年 月組・宝塚大劇場、TAKARAZUKA1000days劇場)
  • バウ・ミュージカル『聖者の横顔』(2000年 星組・宝塚バウホール、日本青年館)
  • ミュージカル『マラケシュ・紅の墓標』(2005年 花組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場、博多座)
  • 『A-“R”ex-如何にして大王アレクサンダーは世界の覇者たる道を邁進するに至ったか-』(2007-2008年 月組・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、日本青年館)

ショーの構成・演出編集

  • レビュー・ロマネスク『パッサージュ―硝子の空の記憶―』(2001年 雪組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場、博多座)
  • レビュー・アラベスク『バビロン―浮遊する摩天楼―』(2002年 - 2003年 星組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場)
  • グランド・ショー『ロマンチカ宝塚'04―ドルチェ・ヴィータ!―』(2004年 星組・博多座、宝塚大劇場、東京宝塚劇場)
  • 湖月わたるダンシング・リサイタル『Across』(第2部のみ)(2006年 星組・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、サンシャイン劇場)
  • レビュー・アラベスク『タランテラ!』(2006年 雪組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場)
  • ショー『TUXEDO JAZZ』(2007年 花組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場)
  • ソング&ダンス・ショー『ソロモンの指輪』(2008年 雪組・宝塚大劇場、東京宝塚劇場)

その他の作・演出編集

  • バウ・ワークショップ『LAST STEPS―月明かりのワルキューレ―』(1998年 花・月・雪・組合同・宝塚バウホール)
  • バウ・ワークショップ『Over The Moon―月影瞳クロニクル―』(2001年 雪組・宝塚バウホール)
  • 朝海ひかるバウ・スペシャル『アルバトロス、南へ』(2006年 雪組・日本青年館、宝塚バウホール)
  • バウ・ワークショップ『凍てついた明日-ボニー&クライドとの邂逅-』(2008年 雪組・宝塚バウホール)

演出のみ編集

  • 『'98 TCAスペシャル タカラジェンヌ!』(一部のみ)(1998年)
  • バウ・ワークショップ『恋天狗』(2003年、月組)
  • ミュージカル・ロマン『白昼の稲妻』(2003年 - 2004年、宙組)
  • 『TCAスペシャル2004 タカラヅカ90―100年への道―』(一部のみ)(2004年)
  • 『TCAスペシャル2005 ビューティフル・メロディー ビューティフル・ロマンス』(一部のみ)(2005年)

新人公演の演出編集

ディナーショーの演出編集

  • 姿月あさとディナーショー『SILENT VOICE 〜声にならない、想い〜』(1997年)
  • 初風緑ディナーショー『Verde』(1998年)
  • 成瀬こうきディナーショー『Blue Blood』(2000年)
  • 朝海ひかるディナーショー『Dancer in the dark』(2001年)
  • 水夏希ディナーショー『SOUL 煽動する魂』(2002年)
  • 香寿たつきディナーショー『静かなる革命 the silent revolution』(2003年)
  • 立樹遥ディナーショー『Luce―陽だまりの足音―』(2004年)
  • 汐美真帆ディナーショー『Good Bye, Good Guy, Good Fellow』(2004年)
  • 舞風りらミュージック・サロン『A Little Flower』(2006年)

演出助手編集

  • 1994年 花組『ブラック・ジャック 危険な賭け』(演出:正塚晴彦)、花組『火の鳥』(草野旦)、雪組『風と共に去りぬ』(植田紳爾)、星組『カサノヴァ・夢のかたみ』(小池修一郎)、星組『Shion〜愛の祈り〜』(草野旦、バウホール)
  • 1995年 花組『LAST DANCE』(正塚晴彦、バウホール)、月組『Beautiful Tomorrow!』(三木章雄、バウホール)、雪組『JFK』(小池修一郎)、花組『エデンの東』(谷正純)、星組『剣と虹と恋と』(太田哲則)、雪組『マ・ベル・エトワール』(村上信夫)、
  • 1996年 花組『ハイペリオン』(中村暁)、月組『マンハッタン不夜城』(草野亘)、星組『二人だけが悪』(正塚晴彦)、花組『ハウ・トゥー・サクシード』(酒井澄夫)、月組『プレスティージュ』(中村一徳)、雪組『アナジ』(谷正純、バウホール)
  • 1997年 月組『グランド・ベル・フォリー』(酒井澄夫)、花組『失われた楽園』(小池修一郎)、星組『誠の群像』(石田昌也)、星組『ダル・レークの恋』(酒井澄夫)
  • 1998年 雪組『LET'S JAZZ』(草野旦)、宙組『シトラスの風』(岡田敬二)、花組『SPEAKEASY』(谷正純)、雪組『心中・恋の大和路』(菅沼潤・谷正純、バウホール)、月組『黒い瞳』(謝珠栄
  • 1999年 星組『WEST SIDE STORY』(アラン・ジョンソン)、月組『十二夜』(木村信司、バウホール)、雪組『バッカスと呼ばれた男』(谷正純)
  • 2000年 雪組『凱旋門』(謝珠栄)
  • 2001年 宙組『ベルサイユのばら2001』(植田紳爾・谷正純)、雪組『Rose Garden』(三木章雄)
  • 2002年 花組『琥珀色の雨にぬれて』(正塚晴彦)、宙組『ザ・ショー・ストッパー』(三木章雄)、月組『With a Song in my Heart』(岡田敬二)
  • 2003年 月組『春ふたたび』(児玉明子、バウホール)、星組『雨に唄えば』(中村一徳)、雪組『レ・コラージュ』(三木章雄)、星組『プラハの春』(谷正純)
  • 2004年 雪組『タカラヅカ・グローリー!』(岡田敬二)
  • 2005年 月組『JAZZYな妖精たち』(谷正純、演出補)

宝塚歌劇団以外での舞台作品編集

芝居・ミュージカル編集

  • 『新版・四谷怪談〜左眼の恋〜』(潤色・演出)(2002年9月5日 - 15日、築地本願寺ブディストホール。2002年9月17日 - 18日、HEP HALL)
  • 音楽と劇『Moon River』(作・演出)(2003年3月1日 - 3日、築地本願寺ブディストホール)
  • 映像&一人芝居『ゼルダ』(作・演出)(2003年5月21日 - 25日、LAFORET MUSEUM原宿)
  • 音楽と劇『人魚姫』(作・演出)(2003年12月3日 - 7日、築地本願寺ブディストホール)
  • マルゴ 〜王妃にして王女〜』(作・演出)(2004年5月12日 - 16日、築地本願寺ブディストホール)
  • 音楽と劇『暴力と夜、雨の中で』(作・演出)(2004年5月19日 - 23日、築地本願寺ブディストホール)
  • ミュージカル『アルジャーノンに花束を』(脚本・演出)(2006年2月22日 - 3月5日、博品館劇場。2006年3月9日、ウェルシティ大阪厚生年金会館芸術ホール。2006年3月10日、愛知厚生年金会館
  • ミュージカル『蝶々さん』(演出)(2007年6月9日 - 24日、シアター1010)
  • ブロードウェイミュージカル『蜘蛛女のキス』〜KISS OF THE SPIDER WOMAN〜(演出・訳詞)(2007年11月2日 - 11日、東京芸術劇場中ホール。11月16日 - 18日、梅田芸術劇場メインホール)
  • オリジナルミュージカル『WILDe・BEAUTY』(脚本・作詞・演出)(2008年3月12日 - 3月23日、博品館劇場)
  • MusicalShow『“D”永遠という名の神話』(脚本・演出)(2008年10月1日 - 12日、博品館劇場)
  • 『傾く首〜モディリアーニの折れた絵筆〜』(作・演出)(2008年10月25日 - 11月3日、赤坂レッドシアター)
  • 『渋谷アリス』(構成・演出)(2009年3月3日 - 7日、Bunkamuraシアターコクーン
  • ブラジル版三文オペラ LATIN MUSICAL『オペラ・ド・マランドロ』(演出)(2009年7月25日 - 8月2日、東京芸術劇場中ホール他)
  • TheMusical『蜘蛛女のキス』(再演)(演出・訳詞)(2010年1月16日 - 18日、梅田芸術劇場メインホール。1月24日 - 2月7日、東京芸術劇場中ホール)
  • 『MATERIAL』〜波津彬子作"雨柳堂夢咄"より〜(構成・演出)(2010年2月22日 - 28日、天王洲 銀河劇場。3月3日 - 4日、シアター・ドラマシティ)
  • 『戯伝写楽』(演出)(2010年4月7日 - 17日、青山劇場。4月24日 - 25日、梅田芸術劇場シアターBRAVA!)
  • MUSICAL『SILK STOCKINGS 〜絹の靴下〜』(演出)(2010年5月、青山劇場。6月、梅田芸術劇場シアターBRAVA!)
  • ブロードウェイミュージカル『ワンダフルタウン』(演出)(2010年10月、青山劇場。11月、梅田芸術劇場)
  • ミュージカル『蝶々さん』(再演)(演出)(2011年2月 - 3月、八潮メセナ1Fホール 他)
  • ROCKミュージカル『ピンクスパイダー』(演出)(2011年3月、東京グローブ座
  • 歌舞劇『綺譚・桜姫』(脚本・演出)(2011年4月、御園座
  • 元禄音楽劇『黒椿』(演出)(2011年7月、池袋あうるすぽっと)[1]
  • ミュージカル『コードギアス 反逆のルルーシュ - 魔人に捧げるプレリュード - 』(脚本・演出)(2012年6月 - 7月、天王洲 銀河劇場)
  • ミュージカル『トゥモロー・モーニング』(翻訳・訳詞・演出)(2013年4月、シアタークリエ
  • ミュージカル『コードギアス 反逆のルルーシュ』(脚本・演出)(2013年9月、シアターGロッソ)
  • THE MUSICAL『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(翻訳/訳詞/演出)(2014年6月 - 7月、シアタークリエ 他)
  • SHOW ACT『ファウスト・オデッセイア』(脚本・演出)(2014年10月 - 11月、博品館劇場)
  • マサラミュージカル『ボンベイドリームス』(演出・訳詞)(2015年1月 - 2月、東京国際フォーラムホールC・梅田芸術劇場メインホール)
  • 音楽劇『ライムライト』(演出)(2015年 7月 - 8月、シアタークリエ 他)
  • Chess the musical』(2015年9月 - 10月 東京芸術劇場プレイハウス、10月 シアター・ドラマシティ)
  • O-Parts公演 コメディプレイ『リビング』(脚本・演出)(2016年3月、赤坂RED/THEATER)[2]
  • ミュージカル『王家の紋章』(演出)(2016年8月、帝国劇場

コンサート・ライブ編集

  • 安蘭けい 箱舟 2010「羅針盤の記憶、或いは熱情と曖昧さの関係について」』(構成・演出)(2010年6月2日 - 15日、天王洲 銀河劇場。6月17日 - 19日、兵庫県立芸術文化センター)
  • 大和悠河ファーストコンサート『YUGA OPERA』(演出)(2010年12月5日、PARCO劇場
  • 『大和悠河 クリスマスディナーショー2010』(演出)(2010年12月17日、ホテルオークラ神戸
  • CHESS in Concert』(演出・訳詞)(2012年1月26日 - 2012年1月29日、青山劇場。2012年2月10日 - 2012年2月12日、梅田芸術劇場)
  • 『CHESS in Concert』(演出・訳詞)(2013年12月12日 - 2013年12月15日、国際フォーラムホールC。2013年12月20日 - 2013年12月22日、梅田芸術劇場)
  • NATSUKI MIZU Attractive Concert 2014年『蜃気楼〜mirage〜』(演出)(2014年7月11日 - 12日、赤坂ACTシアター
  • 壮一帆 firstコンサート『Feel SO Good』(構成・演出)(2015年8月5日 - 9日 Bunkamuraシアターコクーン、8月28日 - 29日 サンケイホールブリーゼ
  • 『The Sparkling Voice - 10人の貴公子たち-』(構成・演出)(2016年1月28日 - 2月1日 シアタークリエ)
  • KENJI URAI 15th Anniversary Concert 〜Wonderland〜(構成・演出)(2016年9月29日、東京国際フォーラムホールA)[3]

その他編集

  • ダンス×アクト『SANCTUARY〜旋回する夜の情景〜』(作・演出)(2001年2月2日 - 24日、ベニサンピット)
  • ダンスドラマエモーション『Winter Rose』(原案・構成)(2003年12月23日、新神戸オリエンタル劇場。2004年2月4日 - 7日、博品館劇場)
  • ダンスアクトシリーズvol.3『草原の風〜白い馬の伝説〜』(構成・演出)(2003年7月11日 - 13日、シアター・ドラマシティ。7月19日 - 21日、ゆうぽうと簡易保険ホール)
  • オリジナルショー『RHYTHM RHYTHM RHYTHM』(構成・演出)(2004年9月8日 - 12日、アートスフィア
  • 『…and the World Goes 'Round』(演出・訳詩)(2004年12月10日 - 12日、新神戸オリエンタル劇場。2004年12月17日 - 23日、東京芸術劇場 中ホール)
  • ダンスドラマエモーション『Winter Rose 南へ―冬を逃れてきた姉と弟 Stranger…』(構成・演出)(2005年2月2日 - 6日、博品館劇場)
  • オトナのためのクリスマスエンターテイメント『RED SHOES, BLACK STOCKINGS―彼と彼女が踊る理由―』(構成)(2005年12月24日 - 25日、ル テアトル銀座)
  • THE SONG OF KANDER & EBB『ワールド ゴーズ ラウンド(…and the World Goes 'Round)』(演出・訳詩)(2006年2月9日 - 12日、東京芸術劇場 中ホール。2006年2月14日、兵庫県立芸術文化センター中ホール)
  • 『LOVE LOVE DE SHOW オレンジ・カーニバル』(構成)(2007年7月10日 - 15日、品川プリンスホテル クラブeX)
  • DIAMOND☆DOGS『TANGO 2008 タンゴ・アラベスク』(構成)(2008年11月3日 - 9日、天王洲 銀河劇場)
  • DIAMOND☆DOGS LOVE LOVE de SHOW『SAKURA cha cha』(構成)(2009年4月23日 - 30日、天王洲 銀河劇場)
  • Super gala dance revolution『DANCE SYMPHONY 2010 -LOVE-』(構成)(2010年1月12日 - 17日、東京芸術劇場中ホール)
  • solo ACT×solo DANCE 『gargoyle』(作・構成)(2010年12月3日、PARCO劇場)
  • TAKARAZUKA WAY TO 100th ANNIVERSARY 『DREAM TRAIL - 宝塚伝説 -』(構成・演出)(2011年1月23日 - 30日、青山劇場。2月3日 - 8日、シアタードラマシティ)
  • 早乙女太一 特別公演 第二部舞踊ショー『残雪の華』(構成・演出)(2011年2月3日 - 23日、大阪新歌舞伎座
  • ダンシング ディナーショー 『ACTION!!』(構成)(2011年2月13日、東京會舘
  • 朗読劇 『星の牧場 〜朗読劇×歌×ダンス〜』(脚本・演出)(2011年8月24日 - 29日、日本青年館・梅田芸術劇場)
  • 桐生園加ダンシングディナーショー (構成・演出)(2011年9月18日 - 19日、東京會舘)
  • DIAMOND☆DOGS『“TANGO”Series FINAL = TANGO Doki Doki =』(構成)(2011年11月23日 - 27日、天王洲 銀河劇場)
  • DANCE ACT 『ニジンスキー 〜神に愛された孤高の天才バレエダンサー〜』(脚本・演出)(2012年4月、天王洲 銀河劇場)(2014年4月、天王洲 銀河劇場、再演)
  • 『純愛物語 meets YUMING 8月31日 〜最後の夏休み〜』(脚本執筆・演出アドバイザー)(2012年10月、帝国劇場)
  • TABLOID REVUE『密会』(構成・演出)(2013年1月、赤坂RED/THEATER)
  • 宝塚歌劇100周年前夜祭 『DREAM A DREAM』(構成・演出)(2013年10月12日 - 27日、東急シアターオーブ/ 2013年11月2日 - 17日、梅田芸術劇場メインホール)
  • CLASSICAL NEO FANTAZY SHOW『THE SHINSENGUMI』Sword Dance 〜剣、烈風の如く、真空に舞う〜 (作・演出)(2013年12月4日 - 10日、東京・銀河劇場/ 2013年12月20日 - 21日、大阪・サンケイブリーゼ)
  • ミュージカル『ファントム』(訳詞)(2014年9月13日〜29日、赤坂ACTシアター/2013年10月、梅田芸術劇場)
  • OSK日本歌劇団『Stormy Weather』(作・演出)(2015年6月1日 - 7日「レビュー春のおどり」第2部、大阪松竹座/2015年11月18日 - 24日「OSKレビュー in Kyoto」第2部、京都四條南座)
  • ENTERTAINMENT ORIGINAL MUSICAL SHOW『RHYTHM RHYTHM RHYTHM』(構成・演出)(2016年4月、天王洲 銀河劇場)[4]

作詞編集

参考文献編集

  • 宝塚歌劇団『宝塚歌劇90年史 すみれ花歳月を重ねて』ISBN 4484046016

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 舞台 黒椿
  2. ^ 栗山航舞台初主演! 荻田浩一の新作『リビング』”. アメーバニュース (2016年2月1日). 2016年2月2日閲覧。
  3. ^ “浦井健治初ソロコンサートの演出は荻田浩一、AKANE LIVや照井裕隆も出演”. ステージナタリー. (2016年5月19日). http://natalie.mu/stage/news/187713 2016年5月23日閲覧。 
  4. ^ “「RHYTHM RHYTHM RHYTHM」水夏希&東山義久が見どころ語る動画公開”. ステージナタリー. (2016年3月30日). http://natalie.mu/stage/news/181503 2016年4月1日閲覧。 

外部リンク編集