メインメニューを開く

莱蕪市

中国山東省の元地級市
莱蕪県から転送)

莱蕪市(らいぶし)は中華人民共和国山東省に位置した地級市2019年1月9日に隣接する済南市に編入された[1]

中華人民共和国 山東省 莱蕪市
1992年11月 - 2019年1月
別称:三辣郷


山東省中の莱蕪市の位置
山東省中の莱蕪市の位置
簡体字 莱芜
繁体字 萊蕪
拼音 Láiwú
カタカナ転記 ライウー
国家 中華人民共和国
山東
行政級別 地級市
面積
- 総面積 2,246.21 km²
人口
- 総人口(2004) 124 万人

目次

地理編集

莱蕪市は山東省中部に、泰山の東麓に位置している。東は博市を、西南は泰安市、北は省都・済南市に接している。面積2,246平方km、地形は東から西へ傾斜し、北、東、南の3面はまた盆地の中部に向って傾斜している。市域の山脈の北部は泰山山脈で、南部は徂徠山支脈が東西に走っている。市域の河川は汶河淄河の両水系があり、大小400条近くの河川がある。気候は暖温帯湿潤で、なかば大陸性湿潤モンスーン気候である。年平均気温12.5℃、年平均降雨量761mm、霜が降りない期間は196日。莱蕪市の自然は資源が豊富で、鉄、銅、金、鉛、石炭、アルミニウムなどの鉱物を産する。鋼城区には莱蕪鋼鉄集団有限公司という大規模な鋼鉄企業がある。農業では、ネギ、ショウガ、ニンニクを豊富に産出するため、「三辣郷」の異称を有す。

天然資源編集

莱蕪は自然資源が豊富です。鉄鉱石の埋蔵量は 6.5 億トンで、石炭の埋蔵量は 12 億トンで、"鋼鉄の城、石炭の都" と称されています。そのほかに銅、金、大理石、花崗岩など 30 余種の鉱物もあります。"莱蕪黒" という大理石は墨や漆のように黒く、鏡のようにピカピカして、国際でも珍品と誉められています;"ツバメ石" といわれている莱蕪の三葉虫化石は、今から 5 億年前に形成しており、歴史考古、文物収集と芸術鑑賞にきわめて高い価値を持っています。莱蕪は地下水資源が豊富で、境界内ダムの総貯水量は 4.3 億立方メートルに達して、工業? 農業生産と都市住民の生活を満たすことができる。

観光資源編集

莱蕪の観光資源は独自の特色を持って、相当な魅力を持っています。境界内に人文景観と自然景観は多くて、ここの汶陽文化遺跡が中国古代大汶口文化の重要な構成部分です;秦代の万里長城より 400 年余り古い齊長城の遺跡が、今依然として莱蕪の高い山と険しい峰の間を延々と曲がりくねっています;莱蕪東北部に位置している長勺の戦の古戦場が、"一鼓作気" という美談で歴史に名を残しています…… ここ数年来、"中華生態第一村"、齊魯大峡谷、雪野湖景勝地、棋山森林公園などの観光地は新しく開発されて、生態観光、民俗観光、レジャー観光、農業観光など一連の観光プロジェクトは続々と開発されて、観光、遊楽と休暇に理想の地方です。

歴史編集

1992年11月に莱蕪市(地級市)の設立。2019年1月に廃止され、済南市に編入された。

行政区画編集

2市轄区を管轄下に置いた。

莱蕪市の地図

交通編集

鉄道編集

鉄道の駅編集

莱蕪東駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 国务院批复同意山东省调整济南市莱芜市行政区划-新华网”. www.xinhuanet.com (2019年1月9日). 2019年1月9日閲覧。

外部リンク編集