菅原 努(すがはら つとむ、1921年 - 2010年10月1日)は、日本の医学者、医師。京都大学名誉教授。専門は放射線基礎医学[1]

経歴編集

1944年京都帝国大学医学部卒業。1950年大阪大学理学部卒。三重大学医学部助教授、1960年国立遺伝学研究所変異遺伝部副部長、1961年放射線医学総合研究所室長、京都大学医学部放射能基礎医学教室初代教授。同放射線生物研究センター長、医学部長、1985年定年退官、名誉教授、国立京都病院院長。財団法人慢性疾患・リハビリテイション研究振興財団理事長。

著書編集

  • 『がんと闘うハイパーサーミア がんの新治療法』金芳堂 1986
  • 『第二の人生の楽しみ』共和書院 1996
  • 『「安全」のためのリスク学入門』昭和堂 2005

共編著編集

  • 『放射線基礎医学』上野陽里共著、金芳堂 1966
  • 『臨床核医学』鳥塚莞爾共編、南江堂 1981
  • 『ハイパーサーミア 癌治療の新しい方法』阿部光幸共編著、マグブロス出版 1984
  • 『被曝・日本人の生活と放射線』編、マグブロス出版 1984
  • 『放射線と医学』二階堂修共著、共立出版 1984
  • 『がん負けてたまるかこの病院この治療 進行・転移・末期がんも治る『サーモトロン』温熱療法』編著、健康新聞社出版部 1998
  • 『太陽紫外線と健康 なぜ太陽紫外線は有害なのか?』野津敬一共著、裳華房 1998、ポピュラー・サイエンス
  • 『からだを創る』山岸秀夫共編、昭和堂 2001、シリーズ21世紀の健康と医生物学
  • 『環境を活かす』山岸秀夫共編、昭和堂 2001、シリーズ21世紀の健康と医生物学
  • 『がん・免疫と温熱療法』畑中正一共著 2003、岩波アクティブ新書
  • 『がんと闘う温熱療法と免疫』畑中正一共著 毎日健康サロン 2009

翻訳編集

  • エリザベス・M.フェラン『創られた恐怖 発ガン性の検証』監訳 昭和堂メディア事業部 1996
  • ジョン・D.グラハム,ジョナサン・B.ウィーナー編『リスク対リスク 環境と健康のリスクを減らすために』監訳、昭和堂 1998
  • マイケル・ガフ編著『アメリカの政治と科学 ゆがめられる「真実」』監訳、昭和堂 2007

参考編集

脚注編集

  1. ^ [1]