菅原 卓(すがわら たかし、1903年1月15日 - 1970年5月3日)は、実業家で劇作家、演出家でもある。菅原電気商会元社長。第二次世界大戦後、アメリカ演劇を日本に紹介したことで知られる。

菅原卓

人物編集

東京生まれ。劇作家内村直也の兄。1925年慶應義塾大学経済学部卒[1]コロンビア大学で演劇を学ぶ。岸田國士に師事し、1932年雑誌『劇作』を創刊、左翼演劇に反対して演劇の芸術性を擁護し、劇作派と呼ばれる。1934年戯曲「北へ帰る」を発表、1939年、菅原電気商会社長となる。

戦後、1949年、ピカデリー実験劇場運営委員長に就任し、戦後の演劇復興に尽力し、1950年水谷八重子(初代)とともに現代劇運動を起こす。1954年アーサー・ミラーセールスマンの死』の翻訳と演出をして、これを機に劇団民芸に所属する。『アンネの日記』の訳、演出も行った。

1970年5月3日、胸部大動脈りゅうのため東京厚生年金病院にて死去。告別式は同年5月8日、青山葬儀所で行われた[2]

著書編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『慶応義塾塾員名簿 昭和17年版』583頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年1月22日閲覧。
  2. ^ 訃報欄『朝日新聞』昭和45年(1970年)5月4日朝刊、12版、15面

参考文献編集

  • 慶応義塾編『慶応義塾塾員名簿 昭和17年版』慶応義塾、1924-1942年。