メインメニューを開く

菅原 梨央(すがわら りお、1995年6月29日 - )は、日本モデル歌手アイドルミスヤングチャンピオン2011グランプリ[2]

すがわら りお
菅原 梨央
プロフィール
愛称 オリちゃん
生年月日 1995年6月29日
現年齢 23歳
出身地 日本の旗 日本宮城県仙台市
血液型 O型
公称サイズ(2015年[1]時点)
身長 / 体重 163 cm / kg
スリーサイズ 85 - 65 - 87 cm
カップサイズ D
活動
デビュー 2007年
ジャンル グラビアアイドル
所属グループ アイリス (by MORADOLL)
他の活動 女優歌手
事務所 モラドカンパニー
受賞歴 ミスヤングチャンピオン2011グランプリ
アイドル: テンプレート - カテゴリ

宮城県仙台市出身[2]モラドカンパニー所属[3]

目次

略歴編集

2007年、11歳からモデルとして活動を開始。2008年5月15日に仙台SOSモデルエージェンシー(現:モラドカンパニー)内で結成され、活動を行っていたダンス&ボーカルユニットSPLASHの3期メンバーに、SPLASHの下部組織であるSPLASH Jr.から昇格した[4]。2009年7月、メジャーデビューを視野に入れた全国展開を目的に結成されたユニット・テクプリのメンバーに選出され、サブリーダーを務めた[5]

2011年、秋田書店が発行している青年漫画雑誌『ヤングチャンピオン』のグラビアアイドルオーディション『ミスヤングチャンピオン2011』に出場し、約2,000名の応募者の中から半年の審査期間を経てグランプリを獲得した[6]。2011年12月1日、Beeマンガで配信された『池袋ウエストゲートパーク』にヒロインのヒカル役で声優に初挑戦した[7]。2014年、映画『ソフテン!』に金華高校ソフトボール部のセカンド・新井役で出演した[8]。2014年5月、新宿村LIVEで上演された舞台『読モの掟!』に響役で出演した[9]

2013年7月、テクプリを解散した[10]。2013年9月、テクプリの元メンバー佐藤友紀乃、米倉桃華と共にユニット・アイリス (by MORADOLL)を結成し、リーダーを務めた[11]。その他、アイドルとしての活動のほか東北地方を中心にモデル、CM、広告、ドラマ出演などの活動を行った。

2015年5月25日、公式ブログで2015年5月31日にアイリスを卒業し[12]、活動拠点を東京へ移すことを発表した[13]。2015年6月6日、TSUTAYA O-nestで開催された早乃香織3周年記念主催イベント『かおるりんMANIA』でNONAMESとしてデビューした[14]。2015年10月、NONAMESを解散した[15]

人物編集

愛称は、オリちゃん[16]。趣味は音楽鑑賞[2]キキララ集め[注 1]。特技は計算[2]

作品編集

映像作品編集

  • 菅原梨央 ミスヤングチャンピオン2011(2011年11月10日、イーネット・フロンティア) - EAN 4571369478244
  • 菅原梨央 ピュア・スマイル(2012年4月20日、竹書房) - ISBN 9784812449097
  • 菅原梨央 サマプリ〜真夏のプリンセス(2012年9月20日、ラインコミュニケーションズ) - EAN 4529971405431

出演編集

テレビドラマ編集

その他のテレビ番組編集

  • 東北Z ぶらバン2011 定禅寺ストリートジャズフェスティバル(2011年11月21日、NHK総合[3]
  • ジュニ体操(2013年9月22日・29日、仙台放送)[3]
  • 寝ラレナgirls(2013年12月30日、東北放送)[3]
  • 仙台⇔タイ経済交流ゼミナール(2014年2月22日、仙台放送)[3]
  • 北国からのコンサート(2014年3月7日、NHK総合-東北6県ブロック)[3]
  • ハライチの神アプリ@隆盛期〜ON LINE〜(2014年4月15日、テレビ東京[3]

映画編集

  • ソフテン!(2014年) - 金華高校ソフトボール部セカンド・新井 役[3]

舞台編集

  • 読モの掟!(2014年) - 響 役[3]

声優編集

  • 池袋ウエストゲートパーク(2011年、Beeマンガ) - ヒカル 役[20]

CF編集

  • 柏屋(福島県)
  • 昭和ドライバーズカレッジ(2013年 - 、福島県)[3]
  • あすなろ学院(宮城県)[3]

スチール編集

  • 思学舎(茨城県)
  • ノートルダム盛岡(岩手県)[3]
  • ケーズデンキ(茨城県)[3]
  • NTTドコモ(岩手県)[3]
  • 尚絅学園(宮城県)[3]
  • えぼしスキー場(宮城蔵王観光)(東北6県)[3]

イベント編集

書籍編集

写真集編集

  • スクールガールジャパン(2012年、エバーグリーンブックス)
  • 菅原梨央「サマプリ〜真夏のプリンセス」(2013年2月8日、ラインコミュニケーションズ)[22]
  • さんぽガール 東京編 菅原梨央さん(2013年6月、小林幹幸-evergreen-)
  • 菅原梨央「仙台のアイドル女子高生」(2013年12月13日、週刊プレイボーイ)[23]
  • さんぽガール 菅原梨央さん 恵比寿編(2016年1月1日、百葉舎)[24]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 趣味は「キラキラ集め」とされることがあるが[17][18]、正しくは「キキララ集め」である[19]

出典編集

  1. ^ 菅原梨央 公式プロファイル・コンポジット”. MORADO COMPANY (2015年). 2015年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月19日閲覧。
  2. ^ a b c d 仙台からアイドル誕生 白ビキニで「地元を盛り上げたい」”. スポニチ Annex. スポーツニッポン新聞社 (2011年9月12日). 2017年3月3日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 菅原梨央 (PDF)”. MORADO COMPANY. MORADO COMPANY (2014年12月31日). 2015年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月24日閲覧。
  4. ^ SPLASH (2008年5月16日). “MAKE A SPLASH:新生SPLASH!!!!!!!!!!!!!!!!(第2弾)”. MAKE A SPLASH. MAKE A SPLASH. 2015年12月22日閲覧。
  5. ^ 菅原梨央 (2009年7月6日). “「意気込み」 〜テクプリ日記より〜 RIO”. テクプリ公式ブログ. CyberAgent. 2015年1月30日閲覧。
  6. ^ ミスヤングチャンピオン2011 グランプリ発表!!!!!”. ミスヤングチャンピオンニュース (2011年9月12日). 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月30日閲覧。
  7. ^ 黒夢の清春が再び主題歌を歌う! Beeマンガ『池袋ウエストゲートパーク』12/1登場!!”. エキサイトミュージック (2011年11月22日). 2015年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月30日閲覧。
  8. ^ 【アイリス】映画「ソフテン!」にアイリスの菅原梨央が出演決定!”. シーグあんてな (2014年1月28日). 2015年1月30日閲覧。
  9. ^ 第三回公演 読モの掟! 結婚の偏差値舞台編スピンオフ”. 劇団マツモトカズミ (2014年). 2015年1月30日閲覧。
  10. ^ “仙台のテクノポップアイドル、テクプリが解散”. ナタリー (ナターシャ). (2013年6月4日). http://natalie.mu/music/news/92049 2015年12月24日閲覧。 
  11. ^ 菅原梨央 (2013年10月4日). “アイリスブログ始動!”. アイリス リオ オフィシャルブログ. CyberAgent. 2015年1月30日閲覧。
  12. ^ “宮城の3人組アイドル、アイリスからリーダー・リオ卒業”. ナタリー (ナターシャ). (2015年5月25日). http://natalie.mu/music/news/148333 2015年12月24日閲覧。 
  13. ^ 菅原梨央. “大切なお知らせ”. アイリス リオ オフィシャルブログ. CyberAgent. 2015年5月27日閲覧。
    お知らせ”. アイリス(by MORADOLL) オフィシャルブログ. CyberAgent. 2015年5月27日閲覧。
  14. ^ アーティスト・早乃香織が新レーベル「zero-A PLUS」より9月にメジャーデビュー!”. M-ON! Press. 株式会社エムオン・エンタテインメント (2015年6月9日). 2015年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月26日閲覧。
  15. ^ 菅原理央 (2015年10月17日). “2:32 - 2015年10月17日”. @sugawara_ori. Twitter. 2016年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月30日閲覧。
  16. ^ 新人グラドル・ミスヤングチャンピオンが恥じらい“白ビキニ””. livedoorニュース (2011年9月13日). 2015年1月30日閲覧。
  17. ^ 菅原梨央×松嶋ののか『仙台で一番カワイイ女子高生×女子大生』””. 週プレNEWS. 集英社 (2012年7月15日). 2017年3月3日閲覧。
  18. ^ 菅原梨央 思春期少女の柔肌に迫りまくり!”. livedoorニュース (2012年9月22日). 2015年1月30日閲覧。
  19. ^ 菅原梨央's Profile”. CANDY (2013年). 2015年1月30日閲覧。
    菅原梨央 (2011年6月9日). “やっとやっとやっと!”. テクプリRIOオフィシャルブログ. CyberAgent. 2015年1月30日閲覧。
  20. ^ “マンガ版「池袋ウエストゲートパーク」がBeeTVで配信中”. ナタリー (ナターシャ). (2011年12月2日). http://natalie.mu/comic/news/60591 2015年12月22日閲覧。 
  21. ^ 菅原梨央 (2013年1月21日). “神戸コレクション〜神戸ガールから東北ガールへ〜”. テクプリ RIO オフィシャルブログ. CyberAgent. 2015年12月22日閲覧。
  22. ^ 菅原梨央『菅原梨央「サマプリ〜真夏のプリンセス」』ラインコミュニケーションズ、2013年2月8日、Kindle版。ASIN B00B5O9MUO
  23. ^ 菅原梨央『菅原梨央「仙台のアイドル女子高生」』藤木裕之、週刊プレイボーイ〈デジタル週プレBOOK〉、2013年12月13日、Kindle版。ASIN B00H4W4S3C
  24. ^ 菅原梨央『さんぽガール 菅原梨央さん 恵比寿編』エバーグリーン、百葉舎、2016年1月1日、Kindle版。ASIN B019H02TK2

外部リンク編集