菊正宗酒造記念館

菊正宗酒造記念館(きくまさむねしゅぞうきねんかん)は兵庫県神戸市東灘区にあり、菊正宗酒造の記念館で、国の重要有形民俗文化財に指定された酒造資料566点をはじめとする資料を展示している。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 菊正宗酒造記念館
Kikumasamune Kobe Japan01-r.jpg
菊正宗酒造記念館
菊正宗酒造記念館の位置(神戸市内)
菊正宗酒造記念館
神戸市内の位置
施設情報
専門分野 酒造
事業主体 菊正宗酒造
延床面積 1,418 平方メートル
開館 1999年1月25日
所在地 658-0026
日本の旗 日本 兵庫県神戸市東灘区魚崎西町1-9-1
位置 北緯34度42分30.9秒 東経135度16分4.3秒 / 北緯34.708583度 東経135.267861度 / 34.708583; 135.267861座標: 北緯34度42分30.9秒 東経135度16分4.3秒 / 北緯34.708583度 東経135.267861度 / 34.708583; 135.267861
公式サイト www.kikumasamune.co.jp/kinenkan/index.html
プロジェクト:GLAM

目次

概要編集

現在の酒造記念館は阪神・淡路大震災後に再建されたものである。旧・酒造記念館は、御影本嘉納家本宅屋敷にあった1659年万治2年)築の酒蔵を、1960年昭和35年)に現在地に移築して開館した。国の重要有形民俗文化財に指定された「灘の酒造用具」を含む所蔵品を展示、酒造の歴史を伝える企業博物館として年間約4万人の来館者があったが、1995年平成7年)1月17日に発生した兵庫県南部地震により倒壊した[1]

建物は全壊したものの、所蔵品は手作業で回収した結果、その多くが無事または修復可能な状態で発見された。その後、地上2階建で耐火耐震構造の新館を新築して、1999年1月25日に再開館した。伝統的な酒蔵の建築様式を模して屋根は本瓦葺、外壁や辻塀は焼杉板張りとなっており、倒壊した旧館の柱や梁など部材の一部が継承されている[1]

酒造りの歴史的資料やお酒の楽しみ方、マナーなどに関するさまざまな映像ライブラリーも用意されている。また利き酒と酒類の販売も行われている。

携帯電話による位置ゲーコロプラ』のお土産スポンサーでもあり、同ゲームにおけるコロカ配布施設の一つでもある。

利用情報編集

  • 所在地 - 兵庫県神戸市東灘区魚崎西町1-9-1
  • 営業時間 09:30 - 16:30(団体は要予約)
  • 定休日:年末年始(2009年度の場合は12月31日から1月3日)
  • ひょうごっ子ココロンカードの対象施設になっている。

交通アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 酒造記念館について”. 菊正宗酒造記念館. 2018年1月26日閲覧。

外部リンク編集