菊池 洋一(きくち よういち、1953年8月27日 - )は、日本の裁判官奈良県出身。広島高等裁判所長官。

経歴編集

  • 1976年4月 司法修習生(30期)
  • 1978年4月 東京地方裁判所判事補任官
  • 1982年4月 最高裁判所事務総局行政局付
  • 1983年9月 法務省民事局
  • 1988年2月 在オランダ日本国大使館一等書記官
  • 1991年3月 法務省民事局付
  • 1993年7月 法務省民事局第四課長
  • 1994年10月 法務省民事局参事官
  • 1996年4月 法務省民事局参事官兼法務省民事局第三課長事務取扱
  • 1996年7月 法務省民事局参事官
  • 1996年9月 法務大臣官房参事官
  • 1998年6月 東京高等裁判所判事
  • 2000年4月 東京地方裁判所部総括判事
  • 2004年8月 横浜地方裁判所部総括判事
  • 2006年6月 法務省大臣官房司法法制部長
  • 2008年1月 東京高等裁判所判事
  • 2008年10月 東京地方裁判所所長代行者・東京簡易裁判所司法行政事務掌理裁判官
  • 2010年3月 徳島地方・家庭裁判所長
  • 2011年9月 京都地方裁判所長
  • 2013年6月 東京高等裁判所部総括判事
  • 2017年10月 広島高等裁判所長官
  • 2018年10月 退官

主な担当訴訟編集

  • 中野区土地代金損賠訴訟[1]
  • 群馬県都市計画認可取消請求訴訟[2]
  • 平頂山事件国賠訴訟[3]
  • 光通信週刊新潮名誉毀損損賠訴訟[4]
  • 加藤紘一衆議院議員夫人荘内日報名誉毀損損賠訴訟[5]
  • パラジウム集団訴訟[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

参考文献編集

先代:
八木正一
徳島地方裁判所長
2010年 - 2011年
次代:
清水節
先代:
松本芳希
京都地方裁判所長
2011年 - 2013年
次代:
並木正男
先代:
川合昌幸
広島高等裁判所長官
2017年 - 2018年
次代:
大門匡