メインメニューを開く

菊谷 栄(きくや さかえ 1902年11月26日 - 1937年11月9日)は青森県東津軽郡油川村大浜(現在の青森市)出身の画家喜劇作家

人物編集

本名は菊谷栄蔵青森市の油屋菊谷永太郎の次男。

1915年青森県立青森中学校(現・青森県立青森高等学校)に入学、青森中時代から油絵を描き始める。1920年青森中卒業後、東京美術学校慶應大学理財科の受験に失敗して故郷の青森大林区署(後の青森営林局)管理課で働いていたが、翌年退職して再び上京し、日本大学法文学部文学科(芸術学)および川端画学校に学ぶ。

浅草六区に通ううちに榎本健一と知り合い、当初は美術スタッフとして協力していたが、次第に脚本にも関わるようになる。1932年ピエル・ブリヤント松竹座進出によりレビュー作者として登場。

1932年、エノケン劇団の旗揚げ公演にオペレッタ『リオ・リタ』を提供。太宰治の遠縁でもあり、1936年ごろには太宰に50円の金を貸していた。

菊田一夫を凌ぐと言われるほど才能を高く評価されていたが、1937年9月に召集を受け、青森の陸軍歩兵第5連隊に入隊、10日品川駅頭を発つ。

11月9日午後1時に中華民国(当時)の河北省南和県河郭鎮附近の戦闘で、頭部貫通銃創のため戦死した。34歳没。

彼が提唱した“作劇十則”は井上ひさしに大きな影響を与えた。

参考文献編集

  • 北の会・北の街社 編『エノケンを支えた 昭和のモダニズム・菊谷栄』(北の街社、1992年) ISBN 4-87373-022-8

関連項目編集

  • 笑の大学演劇) - 主人公の一人、「椿一」は菊谷をモデルにしている。